Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

【小暑】第三十一候:温風至(あつかぜいたる)尼

二十四節気は「小暑」実は陽も短くなり始めているのですが、暑さはこれからが本番。大暑のとどめまで夏バテしないように頑張りましょう!

七十二候『温風至』は梅雨の雲間からの陽射しは日に日に強くなり吹く風も熱を帯びてきます。。梅雨があけ夏が到来する季節。

夏祭りや夜店が出てくれると楽しく夕涼み出来て嬉しいです。

尼崎のえべっさんでも7月9日と10日に夏祭り開催されました。
2015-07-09-19-36-07

えべっさんと言えば西宮戎の福男など1月の寒い時期のイメージかとおもいますが、夏祭りも盛り上がりますよ。

またまた茅の輪くぐりもしました。
2015-07-09-19-35-11

屋台の賑わいも欠かせませんね。さらにライブまで開催されていました。

2015-07-09-19-34-05



でも日中は木陰に非難。
苗木の里親になって預かった『ウバメガシ』の樹をはじめてみました。

2015-07-11-15-02-17

ほうほうこれなら立派に森の構成樹になりそう!どんぐりも実るらしいです。

そろそろ木陰で涼むのも限界なのでプールに行こうかな。
てか故障を直して山に行きたいです。

30日友達から一泊で舞鶴までのサイクリング誘われたのに参加できなくて残念です。
今年は北アルプス無理っぽくなってきました。


【夏至】第三十候:半夏生(はんげしょうず)

2015年は7月1日〜6日ごろ。

半夏(からすびしゃく)が咲くころ。農業の節目の大切な時期で田植えは半夏生までに済ませる習わしです。
関西では蛸を食べる習慣があります。
もしかしたらたこ焼きやさんの戦略なのかもしれません。
関西人は週イチでたこ焼きを食べるので(思い込み)わざわざタコを食べる日を戦略で作る必要はないので、きっと本当に何かご利益か戒めか教えがあるんでしょう。

というワケで食べました。

2015-07-02-18-58-28


ツイッターのアイコン画像に使っている公園のタコ
image


今日その公園に行ってみたらガキんちょが座ってやがりました(汗)

2015-07-09-19-11-13



●エコバッグが破れたので新調しました。
image

インポート物で和柄。アメリカセンスの麻の葉模様で配色が気に入りました。
難点は収納袋が別になっているところ。収納袋一体型なら完璧だったのになー


●尼崎21世紀の森づくり
2015-07-03-14-58-07

公害やら騒音やら大気汚染やら何かと評判の悪い尼崎南部に森を作ろうというプロジェクトの一環で『苗木の里親制度』というのがあります。
苗木を預かって2年ぐらいベランダや庭で育てて、「尼崎21世紀の森づくり予定地」に植樹するという取り組みに大いに賛同したのでさっそく苗木の里親になりました。
苗木を育てている間にも環境問題への意識が高まりますし自分が育てた苗木が森になるかとおもうとワクワクします。




●KINTOというとこのドリッパーを買いました。
image

ポイントはペーパーレスのステンレスフィルターだったこと。
僕の使っているコーヒー器具はHARIOのV60って規格で100均でペーパーフィルターが売ってないんです。
節約メインのエコついで。という感じです。
でもこのドリッパー、腰のくびれのフォルムがいまいちセクシーじゃないです。



●亀の子たわし
image

スキレットの手入れにはたわしがいいそうです。

【夏至】第二十九候:菖蒲華(あやめはなさく)

2015年は6月26日〜30日頃。

菖蒲の花が咲く頃で、ちょうど梅雨到来の目安です。

去年は農業公園の菖蒲池まで花見に出かけたんですが、今年はタイミングが合いませんでした。

代わりにというわけではないのですが、この時期の風物詩と言えば茅の輪くぐり、夏越しの祓えですね。


ここは兵庫県・尼崎市にある『船詰神社』という交通安全を司る神様が主祭神を務める神社です。
なので茅の輪くぐりも車や自転車、バイクがくぐり抜けられるように造られています。
僕も茅の輪に愛車(自転車)をくぐらせて安全祈願しました。

船詰神社のこの神は、記紀でイザナギ、イザナミの神産みの段のクライマックス(イザナミがホトを火傷して黄泉の国に行くまでの最後の一連の神産み)の印象的な場面で産まれる神様で名前は『鳥之磐楠船命(とりのいわくすふねのみこと)』別名『天鳥船』といいます。

この神様は空を高速で飛行する船そのものとも言われています。

そして国譲りの段でも建御雷之男神の副官として同行しますが、建御雷之男神を乗せた高速飛行船のほうがしっくりきます。

そういうちょっと独特でカッコいい神様なんですが、全国でも祀られている例が少ないレアな神様なのです。

磐長姫といい、鳥之磐楠船命といい、尼崎にはなかなか珍しい神がいてはります。

↑境内に奉納されている菰樽。菰樽は尼崎の地場産業の一つでもあります。

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ