Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

【京都】空也上人の六波羅蜜寺

見仏日:2009年3月30日

見仏記ファンとしては絶対に訪れたくなる『空也上人のところ』です。

rokuhara-kuuya01


僕も建仁寺で朱印帳を手に入れると、その足で六波羅蜜寺へと駆けつけました。


六波羅蜜寺は全国で7体ある十一面観音の内の1体がありますが、12年毎(辰年)の開帳なので一番拝観が難しいです。
rokuhara-11men

どうしても人気の空也上人に注目が集まりがちですが、六波羅蜜寺の収蔵庫は珍しい仏像の(まさに)宝庫でもあります。

rokuhara-kiyomori

教科書にも載っている「平清盛坐像」↑

rokuhara-datsueba

コミカルな造形の三途の川の番人「奪衣婆」↑

rokuhara-jizou

地蔵菩薩界・屈指のイケメン地蔵↑

rokuhara-unkei

そしてそのイケメン地蔵を彫った天才仏師『運慶』その人↑

他にも運慶の息子の湛慶像や閻魔、四天王など豊富な寺宝がぎっしりと並んでいます。

本堂の右手には薄暗い厨子の中でひっそりと『夜叉神』が祀られています。

また本堂の「四柱おみくじ」は人気があります。

とにかく見仏記マニアにとって京の聖地といっても過言ではないお寺です。


【ブログ内関連記事リンク】
東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち
空也上人


■御朱印
2014-06-08-19-29-18


【京都】はじめて朱印帳を買ったお寺〜建仁寺

見仏日:2009年3月30日

国宝、俵屋宗達の風神雷神図の屏風絵であまりにも有名な建仁寺。

1280px-Fujinraijin-tawaraya


祇園というロケーションと豊富な文化財があるので派手なイメージがありますが、堂内は禅宗(臨済宗)らしく華美にならず厳格なお寺です。
広い広いお堂はとても開放的な空間で、夏場などは避暑のため涼みに来た参拝者が昼寝をするほどです。

法堂には平成14年(2002年)に創建800年を記念して小泉淳作氏により、畳108畳にも及ぶ壮大な水墨画八方睨みな『双龍』の天井画が描かれています。次々世代国宝でしょうね。

050425_01

これまでにも仏像巡りをしていたのですが、この建仁寺で朱印帳を購入したことで、見仏趣味にますます拍車がかかるのでした。

2014-06-08-19-34-49

建仁寺の朱印帳は「書きやすい」と他所のお寺さんでも評判です。

2014-06-08-19-29-01



ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ