Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2009年04月

【京都】六観音が一堂に会する千本釈迦堂(大報恩寺)[テーマ六道]

寺名:千本釈迦堂(大報恩寺)

訪問日:2009年4月23日

所在と最寄り駅

京都府京都市上京区今出川通七本松上ル溝前町
市バス「上七軒」下車徒歩3分


お寺の特徴など
六道それぞれを担当する観音達が一堂に会している!おかめ伝説でも有名。



拝観可能な仏像



撮影不可


感想
山門をくぐり正面が国宝の本堂です。

この本堂は安貞元年(1227年)創建当時のもので京都市内にありながら、度重なる災火を免れた京洛最古の建造物だそうです。

霊宝殿に目当ての六観音像があるのでさっそく移動。入り口は自動ドアです。中に入り靴を下駄箱に入れ、虫除け網戸の付いた引き戸をひらくと体育館のような殺風景な館内です。壁面にズラりと仏像が並び、中央には古文書などの宝物がケースの中に展示されています。

入ってまず目を引くのが右手にあるデカい龍と鳳凰の太鼓。何するものか知りません。その間に挟まれこじんまりと座ってる、阿弥陀如来と釈迦如来の坐像がデフォルメ表現したキャラのような感じでとてもかわいい。

その隣に目当ての六観音が並びます。
如意輪観音(天)、准てい観音(人)、十一面観音(修羅)、馬頭観音(畜生)、千手観音(餓鬼)、聖観音(地獄)と並んでいます。
img_169529_3018529_7

※六観音は六道(カッコ内)をそれぞれ救うとされ、天台宗の場合、准てい観音の代わりに不空羂索観音になります。

馬頭観音は写真集で見た京都、浄瑠璃寺のほうがオットロしぃ!感じがしますが、なんといっても六観音が一堂に会する機会というのが珍しく、同じ背丈の違う観音さんが6体も並ぶ姿は壮観でした。
なかでも聖観音のご尊顔と左手でそっと握った蓮と右手の印相がとても美しく艶かしい。

正面壁際には、伝大士・伝建・普成像、地蔵菩薩、千手観音と大きめサイズの釈迦誕生仏像がケース内に安置されています。
釈迦誕生仏のヘアスタイルが螺髪でなく渦巻き模様のリーゼント風つまり清凉寺式釈迦のような感じで興味深かったです。

左壁際には小ぶりでちょっと慎ましい感じの大日如来に続き、快慶作、釈迦十大弟子像がズラりと並んでいます。詳しくないのですが、舎利佛が味のあるプリミティブなご尊顔でかなり気に入りました。


なんだかんだで閉館5分前までねばってしまいました。
最後の15分は他の拝観者もおらず、完全貸し切り状態!
仏像の仲間入りを果たした!なんて感じはしなかったけど、仏像達と自分という贅沢な時間を堪能しました。



拝観料
300円

御朱印


お土産
お守りなど

蛸薬師堂/永福寺〜広隆寺

場所/寺名:蛸薬師堂/永福寺

DSC_0009-m

日:2009年4月20日


所在と最寄り駅

京都市中京区新京極蛸薬師東側町503
阪急河原町駅下車、四条通から新京極商店街に入り中ほど


お寺の特徴など
京都12薬師の第12番札所。

永福寺で修行していた若い僧、善光は病の母の願いを叶えるべく戒律を犯し、生魚市場で蛸を買い求める。
その様子を見ていた町の人々は寺の門前で箱の中を見せよと善光を責め立てた。
善光は「この蛸は、母の病気を治すために買ったものです。お助けください」と祈りながら箱の蓋を開けると、蛸の八本の足が八軸の経巻となり霊光を四方に照らした。
人々は手を合わせて「南無薬師瑠璃光如来」と称えると、経巻が再び蛸に戻り、門前の池に飛び込むと薬師如来の姿に変わり瑠璃光を発した。
その光の一筋が善光の母の頭を照らすと、たちまち病気は回復した。
以来、この薬師如来を蛸薬師と呼ぶようになったそうです。


拝観可能な仏像など
なで蛸


感想
繁華街のド真ん中という場所柄とついつい触りたくなるびんづるさん(或はビリケンさん)のような「なで蛸(なで薬師)」の気軽な雰囲気と相まって、かなり親しまれているお寺のようです。
朱印も貰いましたが「蛸薬師如来」の毛筆は結構インパクトあります。

DSC_0006-m

拝観料
境内無料

御朱印
462d89da.jpg

「蛸薬師如来」

お土産
お守り、冊子など

広隆寺:宝冠弥勒、泣き弥勒、蔵王権現、男神像など

場所/寺名:広隆寺

訪問日:2009年4月20日


所在と最寄り駅

京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
京福電鉄嵐山線「太秦」駅下車すぐ。または、市バス右京区総合庁舎前下車、徒歩2分


お寺の特徴など
国宝第1号の仏像として有名な弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)がある。



拝観可能な仏像
霊宝殿にて:宝冠弥勒、泣き弥勒、不空羂索観音、蔵王権現、男神像(伝秦河勝像)、女神像(伝秦河勝夫人像)など多数


感想
神像は収蔵庫にあっても呪術的で怖い印象。蔵王権現の印が逆なのが珍しい。
謎の多い摩多羅神にまつわる神事「牛祭り(京都三大奇祭の1つ)」が行われていたが、近年では催されていない。お寺の方に理由を伺ってみたが「色々と難しい」という曖昧な話しか聞けなかった。


拝観料
境内無料、霊宝館:700円


御朱印
朱印はスタンプ

お土産
宝冠弥勒のお守り、冊子など

【兵庫県:川西市】満願寺:謎の薬師如来

場所/寺名:満願寺

DSC_0181-m
謎の仏像として有名な薬師如来座像

訪問日:2009年4月18日

所在と最寄り駅

兵庫県川西市満願寺町7-1
阪急電車「雲雀丘花屋敷」バス→満願寺下車


お寺の特徴など
勝道上人が千手観音菩薩を本尊として創建。
多田源氏ゆかりの寺としてさまざまな伝説や坂田金時らの墓がある。
また金堂、毘沙門堂には個性豊かな仏像が多数安置されていて、芸術新潮(1991/01)「出現!謎の仏像」として写真が多数紹介され、見仏記:親孝行編(いとうせいこう・みうらじゅん著)では「ビギナーズブッヅ」「師匠系」として親しみを込めて紹介されている。


拝観可能な仏像
観音堂:千手観音「3月彼岸中開帳/秘仏」
金堂:阿弥陀如来、薬師如来(必見)四天王(必見)聖観音など
毘沙門堂:毘沙門天(必見)地蔵菩薩、難陀龍王、雨宝童子など多数

金堂、毘沙門堂は許可を得て写真撮影可能


感想
芸術新潮や見仏記で有名な薬師如来のいる金堂の様子なのですが、須弥壇には阿弥陀本尊(厨子入り)の御前立:阿弥陀坐像があり四方に四天王が守護しています。

四天王の内、多聞天が単独信仰される場合、毘沙門天といい、邪鬼でなく地天女に乗る『兜跋毘沙門天』というのがあります。

この内陣の様子は今まで見たことの無い感じで、四天王の内、多聞天だけが邪気を踏み、あとの持国天、広目天、増長天が地天女に乗る『兜跋毘沙門天』の格好になっています。
0199-m

多聞天に踏まれている邪気は、踏んでいる多聞天と色が違うので候補なのかもしれませんが、持国天、広目天、増長天が地天女に乗ることはあるのでしょうか?今まで見たことがありません。

0212-m

内内陣には謎の仏像として有名な薬師如来が良い味出してます。

毘沙門堂の毘沙門天は伝源満仲作。恰幅の良い毘沙門天でカッコいいです。
地蔵菩薩はとても可愛らしい童子形です。

DSC_0168-m
伝源満仲作、毘沙門天、脇侍は雨宝童子と難陀龍王

拝観料
無料
金堂+毘沙門堂内陣:志納(または300円)

御朱印
effedd03.jpg


お土産
お守り

【奈良・斑鳩】聖徳太子建立七ヶ寺のうちの一つ法起寺

見仏日:2009年4月16日

聖徳太子建立七ヶ寺のウチの一つです。

奈良・斑鳩「法隆寺」
大阪「四天王寺」
京都・太秦「広隆寺」
奈良・明日香「橘寺」
奈良・斑鳩「中宮寺」
奈良・斑鳩「法起寺」
不明「葛木寺」

書きかけ記事ではありません。

いずれ追記するかもしれません。
2014-06-11-20-50-26


法隆寺にお越しの際は是非足を伸ばしてみてください。


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ