Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2012年04月

【和歌山:高野山】明王院〜高野山霊宝館:赤不動明王開帳・天弓愛染・両頭愛染

4月28日、年に1度の赤不動の開帳!
京都・青蓮院の『青不動』
滋賀・三井寺の『黄不動』
そして今回の高野山・明王院の『赤不動』
いずれも不動明王を描いた仏画の名品です。

実は仏画そのものより赤・青・黄の三不動の朱印を揃えたいというのがまずあって、せっかくなら年に一度の開帳の時に訪れようと決めていました。



寺名:高野山別格本山明王院

訪問日:2012年4月28日


所在

和歌山県伊都郡高野町大字高野山146
0736-56-2106


お寺の特徴など
本尊の赤不動明王は智証大師円珍和尚が、修行中に感得した不動明王の姿を、自分の頭を岩に打ち付け、岩絵の具に頭血を混ぜて写しとられたと言われている。


拝観可能な仏像

【重文】
赤不動(4月28日開帳の秘仏)


撮影不可


感想
まずは金剛峰寺に参拝してから、11時頃、塔頭の一寺院である『明王院』を目指しました。
さっそく朱印をいただき、開帳の時間や拝観の手順などを伺うと
13時から法要が約1時間あり、その後に開帳ということで「14時から約2時間程度の開帳」みたいです。※訪れる方は注意してください。

先達の方々が集まっているお座敷にあげてもらい、なぜかお寿司の接待を受けてしまいました。
ちなみに拝観料は無料です。
お不動さんのご加護か、お昼前で少しお腹も空いて来た頃だったので遠慮なくお寿司をよばれました。

先達の方々が毎年の開帳の様子や時間などを更に詳しく教えてくれたので、とりあえず開帳の時間にまた訪れることにして霊宝館へ向かいました。

霊宝館では快慶作ということが判明して重要文化財に指定されたばかりの深沙大将と執金剛神が目当てだったんだけど、東京国立博物館で開催されている『
平成24年 新指定 国宝・重要文化財展』出演のため上京中ということで見ることができませんでした

しかしそこは高野山霊宝館、名仏が山ほどあります。
快慶作四天王!
快慶は運慶と比べると少し形式的なんて言われたりしてるらしいですが、裾や衣の跳ね具合あたりでしょうか?でも、そういう部分は返って好きです。

僕の場合、みうらじゅん氏が言うトコロの『グッと来る』は快慶作のほうが多いような気がします。
醍醐寺霊宝館の不動明王坐像、同じく三宝院の弥勒菩薩、舞鶴金剛院の深沙大将、そして高野山霊宝館の四天王!
どれもメチャクチャ好きです。

さらに『両頭愛染明王』すげぇ〜パワフルっ。てか怖い。
2014-06-01-15-33-03


両頭愛染は厄神明王ともいわれ、僕の地元近くの『門戸厄神』に絶対秘仏として祀られています。
門戸厄神では「御影」で姿を想像してたけど、実際には姿をみると愛染明王らしい小さめのサイズの像なんだけど背筋が冷たくなるほどの迫力!
二面ではなく両頭!つまり首に頭が2つ載ってます。
手は四臂で三鈷鈴、弓に不動明王の持ち物である羂索と三鈷剣を携えド憤怒。
目の感じがちょっと西洋人みたいです。

そして『天弓愛染』珍しい愛染明王のバリエーションが2体で大興奮!
天弓愛染は天空に向かって矢をつがえる姿なんですが、これは南山城の『神童寺』で見た事があります。
『神童寺』のに比べると高野山のほうが矢をつがえる姿が自然でムリがなくキマってました!

霊宝館をタップリ堪能したあと、大塔や金堂を拝観して14時前に明王院に戻り、無事『赤不動』と対面を果たしました。
護摩のせいか色はくすんでいましたが、セイタカ・コンガラ両童子を揃って左に従える変わった姿でした。
深く信仰されている事を知ったあとだったのでやはりパワフルに感じました。



もし三不動の朱印をこれから集めようとしてる方は

※三井寺の黄不動の朱印は10月29日の「智証大師・円珍像ご開帳」の1日(数時間)限定で書いてもらえます。(別の日でも貰えるという話も聞いたことはありますが・・)

京都の曼殊院は三井寺の黄不動の写しだけど国宝でコチラでも「黄不動」の朱印はいただけます



拝観料
明王院:無料


御朱印




お土産





【疑問】妙見菩薩と大将軍

園城寺にある尊星王・妙見菩薩と能勢妙見とは像容があまりにも違い過ぎて、素人としては同じ仏尊とは理解にしくいです。
myoukensonjyou
妙見菩薩↑


nosemyouken daishougun-narahaku


能勢妙見↑(上/左)  大将軍神↑(上/右)奈良国博収蔵     


というより能勢妙見が方位神の大将軍とソックリ過ぎるので、能勢妙見は本来、方位神なのでは?とシンプルな疑問を持ってしまいます。


素人考えでは能勢型の妙見菩薩は七曜日の惑星に関連のある方位神が北斗七星信仰と混淆して中心の「北極星である妙見菩薩」が大将軍と同体視された結果。なんて思いたくなります。

京都の大将軍八神社の宝物館で正面に安置されている神像群を北斗七星とするような説明を受けて驚きました。

方位神が九曜(惑星)に比定されているのは知っていましたが、北斗七星が混淆したような歴史はあるんでしょうか?

でもこうなると、鎮宅霊符神=妙見菩薩=大将軍=牛頭天王はみんな同体となって僕はもうワケがわからなくなっていまします。

【博物館:ふるさとミュージアム山城】松尾神社の牛頭天王像



施設名:ふるさとミュージアム山城(京都府立山城郷土資料館)

11e5a74c.jpg

訪問日:2012年4月7日


所在と最寄り駅

〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛千両岩
TEL 0774-86-5199 FAX 0774-86-5589

月曜休館

特徴など
南山城地区は、観音寺、神童寺、蟹満寺、禅定寺、岩船寺、浄瑠璃寺、など名仏揃いの寺院が点在する仏ゾーン。
ふるさとミュージアム山城はその南山城地域の歴史と文化を紹介する郷土資料館。
仏像の収蔵は数点しかありませんが、なかなか見ることのできない牛頭天王像が常設展示されています。

拝観可能な仏像

牛頭天王像(松尾神社より寄託)
毘沙門天像

撮影不可

注意書きには撮影は許可を得てください。とあったので申請したけど許可されませんでした。


感想
目当ては牛頭天王像のみ。
受付を済ませて血相を変えて展示室へ。
入館の際「牛頭天王はどちらですか?」などと聞いたせいか、係の方が2名、像の説明に付いてくださいました。
展示されていたのは思っていたより小さいサイズの座高約50cmの四面二臂の半跏踏み下げ像。
写真で見ていた像の容貌から大将軍八神社に収蔵されている神像群ぐらいの物を想像していました。

gozutennou-mastuo

それでも堂々たる体躯に甲冑を見事に着こなし檄を取り四面の頭上に牛頭戴く姿に惚れ惚れしました。
表情も豊で口は歯も表現されていて目を見開きコチラを見据えています。
威嚇するうなり声が聞こえてきそうです。

展示されている像も虫食いが結構目立つものでしたが、この像と対象の姿の牛頭天王像がもう1体あるそうなのですが、さらに痛みが酷く展示できない状態とのこと・・
神像ってどうして虫に喰われて朽ちてるのが多いんでしょうか。

ブログ内リンク→【謎の神2:牛頭天王】

入館料
200円


お土産
企画展の図録など

【京都:夜叉】東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち

久しぶりに東寺と六波羅蜜寺に行ってきました。
もちろん東寺・講堂の立体曼荼羅〜霊宝館、観智院、六波羅蜜寺の空也上人などなどもシッカリ見仏してきたたけど、詳しい記事がネットにはいっぱいあるので、今回は夜叉神だけを記事にします。


寺名:東寺と六波羅蜜寺

訪問日:2012年4月6日


所在と最寄り駅

【東寺】
京都市南区九条町(市バス「東寺東門前」下車すぐ 又は
近鉄京都線「東寺駅」下車徒歩10分)


【六波羅蜜寺】
京都市東山区五条通大和大路上ル東
京都駅 206 系統、清水道下車、徒歩7分




今更、僕が声高らかに言うことでもないのですが、東寺の仏像は凄い!凄過ぎる!そんな国宝だらけの密教彫刻の一群の隠れてひっそりと?祀られている「夜叉神」を見落としてはいませんか?
食堂(焼け焦げた四天王)の南向かいにある小さな祠。
8d7a2d78.jpg

ここに「虫歯にご利益がある」とされる夜叉の雌雄が阿吽形で対になって祀られています。
めちゃくちゃ奇怪な姿です。
伝弘法大師作。
23119ebf.jpg

8f4e93b1.jpg

元は南大門の左右に祀られていたそうです。
全身にある無数の穴は蜂が巣くって出来たもので、不気味さが増幅してますね。

あまりスポットを浴びることがないのでつい見落としがちだとおもわれます。
祠を覗けば面妖な夜叉神を拝めるので是非、勇気を出して覗いてみてください。

脚光を浴びまくる美男子仏像や迫力満点の仏像達の前では分が悪いですが、一応、物販コーナーではB3サイズのポスターや「食べるお守り」として夜叉キシリトールラムネなどグッズ展開もしています。



続いて六波羅蜜寺に行ってきました。
平清盛ブーム?の影響なんでしょうね。
縁日でもない平日の六波羅蜜寺でこれほどの参拝者を見たのは初めてです。
きっと平清盛ツアーなんかの企画で押し寄せてるのだとおもいます。
今年は本尊十一面観音の開帳の年にあたるし、秋はドラマも終盤を迎える頃なのでますます人気のお寺になるに違いないです。
宝物館では平清盛像が空也上人の隣に引っ越してきていました。
狭い宝物館はかなり混雑していて、分別盛りのオジ様が平気でデジカメで撮影しまくってました。
当然、見つかり注意されて「撮影禁止って書いてないのに」と逆ギレしてました。

しっかり正面に撮影禁止とかいた札が立ててあるし、まぁどこも大体撮影禁止でしょ?
それより閻魔さんの前ですよ・・
大人しくしておいたほうが、のちのち良いのでは?

そんな六波羅蜜寺の本堂の右奥の薄暗い厨子の中に・・不気味な感じのする夜叉神が対でいらっしゃいます。
やはり空也上人の前では分が悪いかな?
見落としてませんか?



夜叉って雌雄対が一般的なんですね。
元はインド神話のヤクシャ(男性)とヤクシニー(女性)なので仏教に取り入れられても明確に雌雄があるようです。

興福寺・八部衆の
鳩槃荼が夜叉に相当するそうです。こちらはあまり鬼神なイメージではないけど、憂いのある興福寺・八部衆の中にあって独特な雰囲気を醸し出してます。

ヤクシニーで(夜叉の女性形)で一番印象的なのは大阪生駒の宝山寺にある湛海作の「薬厠に(文字が出ない)像」こっちは打って変わって鬼神丸だしの恐ろしい形相の像です。
00595
宝山寺のヤクシニ像



夜叉ではないけど福田寺の龍神さんも奇怪な面妖で東寺・六波羅蜜寺の夜叉と通じるものがあります。
朽ちっぷりかな?
ryujin-fukudenji
福田寺の龍神まだ、見たことがないので開帳に合わせて出かけてみたいとおもっています。





お土産


f4f8d1a1.jpg


キシリトール、夜叉ラムネ。600円

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ