Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2012年05月

【奈良:壺阪寺〜飛鳥周辺-その3】橘寺〜川原寺〜飛鳥寺と石造物

壺阪寺〜談山神社〜飛鳥坐(あすかにいます)神社〜橘寺〜川原寺〜飛鳥寺の日帰り見仏旅行3/3

せっかく飛鳥に来たんだし・・
車は駐車場に入れて、レンタサイクルに乗り換えて、謎の石造物を見ながら以前訪れたお寺と初訪問になる川原寺に立ち寄りました。


訪問日:2012年5月31日


【猿石】
blog_120531_saruishi


【鬼の雪隠】
blog_120531_secchin


【鬼のまな板】
blog_120531_manaita




【橘寺(再訪問)】
blog_120531_tachibana

所在
奈良県高市郡明日香村大字橘


お寺の特徴など
聖徳太子の生誕の地で、太子が「勝鬘経」を講義した時の天体ショーの伝説がある他、お菓子の神様として田道間守が祀られてる。
橘の地名は田道間守が持ち帰った橘の実を植えたことに由来する。


拝観可能な仏像
如意輪観音坐像
田道間守像
聖徳太子像

日羅上人立像(収蔵庫開扉時)

写真撮影不可



【二面石】橘寺境内

nimenishi




【川原寺(弘福寺)】
blog_120531_kawahara


所在
奈良県明日香村川原1109


お寺の特徴など
川原寺は、飛鳥寺(法興寺)、薬師寺、大官大寺(大安寺)と並ぶ飛鳥の四大寺に数えられ、7世紀半ばの天智天皇の時代に建立されたものと思われるが、正史『日本書紀』にはこの寺の創建に関する記述がない。そのため創建の時期や事情については長年議論され、さまざまな説があり、「謎の大寺」とも言われている。
現在はかつての中金堂跡に川原寺の法灯を継ぐ真言宗豊山派の寺院・弘福寺が建つ。


拝観可能な仏像
木造持国天立像
多聞天立像
十二神将など

写真撮影不可



【酒船石】

sakafunaishi



【飛鳥寺】

blog_120531_asuka


所在
〒634-0103  奈良県高市郡明日香村大字飛鳥682


お寺の特徴など
588年に百済から仏舎利(遺骨)が献じられたことにより,蘇我馬子が寺院建立を発願し,596年に創建された日本最初の本格的な寺院で鞍作鳥(止利仏師)作の釈迦如来坐像が飛鳥大仏として親しまれている。
本堂内(仏像含む)は写真撮影が可能。

blog_120531_asuka02

飛鳥大仏は鞍作鳥(止利仏師)作


拝観可能な仏像
銅造釈迦如来坐像(飛鳥大仏):重文
聖徳太子像など

写真撮影可能



感想など
明日香を回るのはレンタサイクルが便利だけど、これからの季節はかなり厳しくなりそう・・。

橘寺では田道間守像が伝承を含めて気に入ってるので再訪問。収蔵庫に安置されている「日羅上人立像」は是非、見仏したいんだけど、なかなかタイミングが合わず未見仏。

川原寺は初訪問、アクの強いジョークを連発するご住職が印象的!

飛鳥寺も再訪問だけどやっぱココの透明感のある青白い聖徳太子はミステリアスで凄く良い!

asuka-shoutoku
↑ちょっと不気味な雰囲気の聖徳太子像


御朱印


お土産


【奈良:壺阪寺〜飛鳥周辺-その2】談山神社〜飛鳥坐神社

壺阪寺〜談山神社〜飛鳥坐(あすかにいます)神社〜橘寺〜川原寺〜飛鳥寺の日帰り見仏旅行2/3


ちょっと寄り道して・・
談山神社〜飛鳥坐(あすかにいます)神社に訪問

訪問日:2012年5月31日


【談山神社】

所在
〒633-0032  奈良県桜井市大字多武峰319


神社の特徴など
中臣鎌子(後の藤原鎌足)と中大兄皇子(後の天智天皇)の二人は多武峰の山中に登って、「大化改新」の談合を行ったので、後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなった。
鎌足の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像を祭り今日に至る。主祭神は藤原鎌足。


拝観可能な仏像
藤原鎌足像
伝運慶作の狛犬

龍神神(開帳時)
如意輪観音(開帳時)

写真撮影可能




【飛鳥坐神社】

所在
〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥707番地1


神社の特徴など
天下の奇祭『おんだ祭り』天狗とお多福による夫婦和合の儀式で有名なお寺。お土産も珍品揃い!


拝観可能な仏像
特にナシ

写真撮影可能



感想など
談山神社は紅葉の名所やパワースポットとして有名なようですが、始めて行きました。

広い境内には沢山のお堂があって
藤原鎌足像や龍神像(難陀竜王?)、伝運慶作の狛犬などが祀られていて、神社としては珍しく?昇殿して拝観することが可能でした。

blog_120531_danzan01

↑運慶作の狛犬


談山神社は元は天台宗のお寺であったようで常行堂があり、(大好きな!)摩多羅神のお面が宝物として伝わっています。
こちらは残念ながら拝観することはできませんでした。

お堂から眺める景色や拝殿など風情がります。

blog_120531_danzan02

オフシーズンのためかとても空いていてノンビリできました。

そして遂に神社用の朱印帳を購入してこの日から神社でも朱印をもらうことにしました。

飛鳥坐神社はおんだ祭りの時に再訪するとして今回は朱印とお土産(珍品)を購入して、再び見仏の旅の続きです。



御朱印
blog_120531_danzan00

↑談山神社


blog_120531_imasu00

↑飛鳥坐神社



お土産
珍品の数々・・・のちほどアップ

【奈良:壺阪寺〜飛鳥周辺-その1】壺阪寺、造立以来270年、初開帳の子嶋荒神

壺阪寺〜談山神社〜飛鳥坐(あすかにいます)神社〜橘寺〜川原寺〜飛鳥寺の日帰り見仏旅行1/3

壺阪寺

訪問日:2012年5月31日


所在と最寄り駅

〒635-0102 奈良県高市郡高取町壷阪3番地
近鉄電車「壺阪山」下車バスまたはタクシー


お寺の特徴など
創建は大宝3年(703)年に元興寺の僧、弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した観音像を刻んでまつったのが始まりといわれる。壺阪霊験記でも有名。
西国三十三所(六番札所)


拝観可能な仏像
子嶋荒神:造立以来270年、初のご開帳(開帳時のみ)
本尊
十一面千手観音菩薩座像
不動明王など

写真撮影不可

感想など

訪れた平成24年5月31日は造立以来初となる(270年)秘仏の子嶋荒神開帳イベントの最終日で、勿論目当ては大好きな「異神
」荒神さんの見仏です。

早朝に飛鳥に入ったのでお寺が開く8時半までの間、朝食を済ませ、謎の石造物「亀石」を見ました。


blog_120531_kameishi

↑亀石

8時半ちょうどに壺阪寺の駐車場に入りました。
入山料を支払ってスグの講堂内に荒神さんがいらっしゃいました!
小ぶりな像ながら270年間閉ざされていた厨子の扉が開いてる。ということに感動。
直前の天体ショー「金環日食」より長いスパンですからね〜(あっ、でも次回は秋に開帳のようです)

とにかく荒神さんは大好きな仏尊なので時間をかけてじっくり見仏して講堂を後にして十一面観音がいらっしゃる本堂を目指しました。

ん・・・なんだが様子がヘンかも

レリーフに巨大石仏群に・・一歩間違えば珍寺の趣があるパラダイス感満載!!
blog_120531_tsubosaka01

ミョーにワクワクします。

blog_120531_tsubosaka02



更に本堂内には星宿占いの自動販売機が設置されていてテンション最高潮!

写真

もうサイコーの気分でご本尊にお参りするのも忘れて占いマシンに夢中になってました。
27宿占い自体珍しいのに自販機ですから!


e3cb834a.jpg

名前と生年月日を入力すると、27宿の中の本命宿のお札とその年の九曜による占い結果がプリントアウトされます。(1回500円でお坊さんの解説と簡易版の宝暦付きです!)


マシンには有名人の本命宿の一覧がパウチされ貼られていました!
※星宿占い自販機の写真撮影は許可を得てます。


本堂正面にご本尊十一面観音がいらっしゃいました。こちらは大きくてとても立派!
内陣に入ると須弥壇が円形になっていてグルリと四天王が四方に睨みを利かせているのも楽しい壺阪寺にピッタリの雰囲気!

あとで外からよくよく見ると八角堂の形式でした。


壺阪寺には沢市・お里の夫婦愛によって、観音菩薩の奇跡が起こり、盲目の沢市の目が見えるようになった。という霊験譚があり、お土産物も目薬など目にまつわるものがあったり、境内には盲老人ホームが併設されていました。



拝観料
600円

御朱印
blog_120531_tsubosaka00


お土産
もちろん星宿占い自販機のお札

【兵庫県:日本三大如意輪観音】今年も行ってきました、神呪寺。

毎年の恒例行事になりました。


場所/寺名:神呪寺

訪問日:2012年5月18日


所在と最寄り駅

兵庫県西宮市甲山町25-1
阪急電車「甲陽園駅」バス→甲山大師下車


お寺の特徴など
日本三大如意輪観音、通称融通観音(毎年5月18日開帳)


拝観可能な仏像
内内陣にて大聖歓喜天、宇賀弁才天、そらん荒神、稲荷明神など多数

写真撮影不可

感想
ここ数年、毎年5月18日には神呪寺を訪れています。

c0cae397.jpg

本堂後ろのこんもりした山が甲山。
神呪寺は甲山大師としてしたしまれています。


32783fbf.jpg

そしてこの日は年に一度の開帳!内内陣のパワーは解放される日です。


宇賀弁天、歓喜天、韋駄天、愛染明王、五大明王、そらん荒神、大黒天、吉祥天(
難陀竜王?)、稲荷明神(人身狐頭)、普賢延命菩薩(珍しい多臂の普賢菩薩)、雨宝童子、びらん婆、不動明王、役行者などなど多数。
そして日本三如意輪といわれる如意輪観音。

おなかいっぱいです。


nyoirin


拝観料
無料

御朱印


お土産
融通小判

【大阪:本山寺】宇賀神スゴ過ぎるっ!!

木彫の宇賀神像は本当に凄かったです。

寺名:本山寺
訪問日:2012年5月13日
所在

高槻市大字原3298


お寺の特徴など
本山寺は、北山と号して天台宗に属し、毘沙門天を本尊とする。
役小角が開き、宝亀年間(770頃)に開成皇子が創建したと伝わる。
本尊は毘沙門天。鞍馬寺、朝護孫子寺とともに「日本三毘沙門天」とも言われている。


拝観可能な仏像

木造毘沙門天立像【重文】(秘仏、開帳時のみ)
木造吉祥天立像(秘仏、開帳時のみ)
木造善膩師童子(秘仏、開帳時のみ)
木造不動明王立像
荼枳尼天(秘仏、開帳時のみ)
宇賀神像(秘仏、開帳時のみ)

撮影不可


感想
TV見仏記(DVD、Vol.4)を観たことのある方ならその異形過ぎる姿に度肝を抜かれたハズ。
蛇身に翁の顔の宇賀神。
宇賀弁財天として弁財天の頭上に鎮座する姿を観る機会は多いとおもいますが、その宇賀神単体の像です。


本山寺にはこれまで2度訪れたことがあり、1度目は朱印すら貰えず、2度目は無事、朱印はいただたけど仏像は拝めず。

なんだか本山寺から拒まれてるように気になっていました。

そして今回の3度目の訪問。

訪れたのは年三回ある開帳のうちの1回、五月の第二日曜日でした。


事前に連絡を入れて開帳の段取りを聞いて準備万端。
法要のあと13時から1時間程度開帳されるとのこと。


この日はポンポン山登山も兼ねてリュックを背負い込みアタックしました。
本山寺は高槻市からのアプローチでポンポン山への登山道の半ばにあるので、休憩ポイントとしても最適!

東海道自然道をハイキングして途中、本山寺の参道に入りました。


門前に来ると、開帳ということでお茶席が用意されていてお茶とお菓子の接待を受けました。

76c2f8b4.jpg

なんだかこれまでの2回の訪問とはまったく違い、お寺から歓迎されている気がします。


41b2f15f.jpg


ノンビリお茶を戴いた後、本堂の階段を登り切ると法要も最終盤だったようで丁度、ご開帳となりました。

それほど多くの参拝者はいなかったんですが、期待が最高潮で自分の順番が来るのが待ち遠しくてしかたなかったです。

そしていよいよ宇賀神のいる厨子の正面へ・・
立ったままの視点では像容全体はわかりません。ただトグロを巻いた蛇身の大きさに驚きました。

まずは自分をじらすようにそ、宇賀神右手の厨子『荼枳尼天像』の前へ。
荼枳尼天もなかなか観る機会が少ないのでしっかり拝観しました。

その左となりは歓喜天の厨子だそうですが、扉は閉まっていました。

そして正面に戻り宇賀神の前の座布団に腰を下ろし覗き込むと・・・
凄い!!凄過ぎる!
こんな凄い宇賀神みたことないです。

ウロコも細かく表現された蛇身に翁の顔。
顔があまりにもリアルに造形されていて表情が豊か過ぎ!怖いっ。
思わずたじろいでしまうほどパワフルでした。



そして「刀八毘沙門天像」名前の響きから兜跋毘沙門天のバリエーションかと思いますが、三面で十二臂。うち8本の手に刀を持っていて、頭上に如来を戴き獅子に乗っています。武将の信仰が発展して創造されたんでしょうね。戦う姿勢ムキ出しでした。

そして内内陣が収蔵庫になっていて扉が開いていました。
そこには重要文化財の毘沙門天、吉祥天、
善膩師童子が祀られています。

そこから本堂左手にもどり不動明王を拝観しました。

とにかく圧倒されていたので何度も見たくて3回も4回もグルグルと宇賀神、刀八毘沙門天、本尊毘沙門天、不動明王を拝観しました。

あまりにも熱心に拝観し倒したせいか、お坊さんが行者堂に案内してくれました!!
TV見仏記で本山寺の役行者の存在は勿論知っていました。

これは僕と僕のツレ合わせて4人だけがお坊さんに連れられ行者堂の前へ・・お坊さんがお堂の鍵を開けてくださって・・扉が開きます。

うわぁ〜〜もうこのシュチュエーションが大感動!

役行者に前鬼、後鬼・・凄い。本山寺サイコーにパワフル!


正月には牛王の宝印も出るそうです。
正月はちょっとキビしそうだけど、秋の開帳には必ず再訪しようとおもいます。




追記:開帳のあとポンポン山山頂を目指し、無事、辿り着きました。

af8da58c.jpg


拝観料:無料

御朱印
blog_120513_honzan00



お土産



ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ