Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2012年07月

【奈良:朝護孫子寺】現役!現世利益の毘沙門天が勢揃い

朝護孫子寺は巨大な張り子の虎と阪神タイガースの選手が必勝祈願をすることで有名なお寺です。
本当は『国宝・信貴山縁起絵巻(奈良国立博物館寄託)』が有名なのかも?
必勝祈願、金運アップにご利益があり、広い境内は沢山の参拝客で賑わっていました。
現役で活躍中の毘沙門天


c99f5396.jpg




寺名:朝護孫子寺
訪問日:2012年7月8日
所在

奈良県生駒郡平群町信貴山2280−1


拝観可能な仏像

毘沙門天
(秘仏、開帳時)


撮影不明


感想


広い寺領は3つの
塔頭と本堂があり、それぞれバラエティに富んでいて楽しめます。
そしてハイキングがてら足を伸ばせば奥の院も!


山門をくぐると道が二手に分かれていて、どちらからでも本堂へアクセスできます。


8b8d6c47.jpg
↑目指す本堂



右手が賑やかだったので
千手院から周りました。


【千手院】
千手院ではちょうど護摩供養の最中だったので僕も列にならんで祈祷を受けて本堂を目指しました。

3fddb30e.jpg
↑千手院の境内での護摩供養の様子




【本堂】
本堂には立派なムカデ付きの毘沙門天の額が掲げられていて威圧感あふれるカッコ良さがにじみ出ています。

11e2835d.jpg


阪神タイガースの必勝祈願絵馬(無料)が設置されていたり、虎絡みグッズも多数あります。
僕は関西人だけど阪神ファンじゃないので絵馬の奉納はしませんでした。

本堂内、右手に『戒壇巡り』というのがあります。

もし
朝護孫子寺を訪れることがるならこの『戒壇巡り』は是非体験して欲しいです。
本堂の地下にある真っ暗な回廊を手探りで歩いていきます

マジで真っ暗で何も見えません・・時間が経てば目が慣れるなんてこともない暗闇の回廊です。

回廊内には
「鉄の錠前」があり、この錠前に触れると一願成就の利益があるそうです
僕も『戒壇巡り』はチャレンジしたんだけど、「鉄の錠前」の存在を知ったのは回廊を出た後でした・・

またチャレンジします


26572112.jpg
『戒壇巡り』入り口(1回、100円です)


本堂には三面大黒の厨子が・・

0ab6a656.jpg


どのタイプの三面大黒なのか気になるけど、厨子の扉は勿論、格子にもシッカリ鍵がかかっています。
この厳重さ・・そうとうパワフルなお方なんでしょうね。



06a4fa76.jpg
↑本堂から生駒平野を一望。とても良い眺めです。



【成福院】
本堂から弁財天のお堂を回って宝生如来を本尊とする成福院に、ここには弁財天を本尊として、大黒天、恵比寿神を両脇侍に従えるという、ご利益満点な「三福神堂」があります。

さらには北斗七星を神格化した「鎮宅霊符神」の厨子も・・凄い



019fd3d2.jpg
途中、天燈鬼と龍燈鬼に出会いました。



【玉蔵院】
如意宝珠を融通尊として本尊とする『玉蔵院』へ

玉蔵院には浴油堂というのがあり昇殿して参拝できます。
浴油供というのは聖天さんで有名だけど毘沙門天でも浴油供するんですねー。
始めてしりました。

浴油堂の祈祷本尊は「刀八毘沙門天」本山寺で対面したのと同じ異形の毘沙門天です。
玉蔵院浴油堂で拝観できたのは御前立ちだったけど、やはり獅子に乗り、四面十二臂内八本の手で刀を持つ姿で頂上仏は大日如来でした。

文殊菩薩や虚空蔵菩薩が持つ智慧の剣ではなく、切れ味も鋭そうな刀を持ってるってトコが「刀八毘沙門天」凄いとこ。
この勇ましい姿を見れば戦国武将がこぞって信仰したのも納得できます。

深沙大将のお札があったのでどこで祀られているか訪ねたところ本堂左手の阿しゅく如来のお堂とのこと。
昇殿して下陣から・・・じっくり目を更にしてその姿をもとめてみましたが・・深沙大将のお姿は見つけることができませんでした。

でも三宝荒神が祀られているのがスダレ越しに確認できました。

少し宿題を残したので次回は開帳のタイミングに合わせて訪れようとおもいます。


拝観料:境内無料

御朱印
300円
aca60f1d.jpg


お土産
虎の鈴を買いました。
熊除け?に早速リュックに付けました。


【サルベージ:書籍】邪鬼の性(さが)・淡交新社刊

みうらじゅん画伯がTV見仏記11の西大寺で
『こんなカルトな世界があるのか!』と子供の頃思った。

と語っていた本です。

みうらじゅん画伯は見仏の際、邪鬼の踏まれっぷりに常に関心を払っているけど、きっとそのきっかけは子供時代に出会ったこの本だったはず!

みうらじゅん画伯をカルトな世界に導いた『邪鬼の性』。

僕もとても気になっていた本で、今日たまたま覗いたブックオフで偶然発見

250円でサルベージしましたc3e9e33d.jpg



ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ