Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2014年05月

【奈良国立博物館・特別展】武家のみやこ〜鎌倉の仏像 迫真とエキゾチシズム

見仏日:2014年5月29日

前回、充実の奈良見仏であったものの、そこは流石、奈良。見所満載過ぎて宿題が残ってしまいました。
一番の大物の宿題が「なら国博」で開催されている鎌倉仏像展。

有名ドコロの鎌倉仏像達が大挙して奈良にやってきております。
一番有名な鎌倉大仏さんは来てませんが(照)(恥)


僕は時代の区分で言うと「鎌倉時代」の仏像が好みなんですが、これまで地域としての鎌倉(関東)を意識して見仏したことはありませんでした。
名仏は関西にある。という思い込みもあったからなんですが、関西の仏像しか知らない僕にとってこの展示はまさに目からウロコ。

「カッコいいっ!」「なまめかしい!」「盛れてる!(古い?)」「しなやか!」「見たことない!」

と、かなりセンセーショナルでした。

僕の関東在住の仏友で足しげく関西に遠征して、勿論それ以上に鎌倉に通ってる方がいてるんですけど、鎌倉の仏像の素晴らしさはブログやメールで聞かされておりました。が「百聞は一見にしかず」ですね。

ちょっと鎌倉をナメてました。すいません!鎌倉すげーっ!

●まずは鎌倉国宝館からやってきた劇画タッチな十二神将達。
展覧会のタイトルにあるエキゾ。目玉の色もカラフルで、顔付きがまぁオリエントムードたっぷりにエキゾでした。

2014-05-30-13-07-25

とくに戌神なんて元横綱の曙を細くしたようなポリネシアンな感じ。

2014-05-30-13-06-34

服装は簡略された感じがありましたが、どの神将も立ち姿が美しく、見栄を切ったポーズがカッコよく、粋が入ってます。
江戸時代の補作もあるようなので粋な感じはそのせいかもしれません。



●清雲寺からやってきた毘沙門天。
こちら衣装の作りが精緻で、目深に被った兜はなんと!着脱可能です。
三十三間堂の「ばす仙人」の頭巾が着脱式で有名ですが、僕はこういうギミックは大好きです。

2014-05-30-13-03-03

細かく作られた衣装のデザインも抜群にカッコ良くて、腰にまかれた『バムフラップ(尻当て/敷き皮/尻皮とも言う)→山伏や山仕事をする人がお尻のトコにブラ下げている敷き物』は虎の革!
ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインかと思いました!パンク!

あと参考図像として紹介されていた清雲寺の本尊『滝見観音』が粋で優雅でとてもしなやかなんです。ひと言で言うとリラックス。三昧の境地をこのようなリラックスした姿で表現してるのかな?とおもいます。

2014-05-30-13-36-41



●阿弥陀寺からやってきた文殊菩薩。
幼さの中に利発過ぎて、フテブテしさを感じさせる表情がメチャクチャ良いです。頭の良さを表情で表現したら、この顔つきしかないですね。
2014-05-30-13-07-51

この文殊さん、獅子にも乗ってないし、智恵の剣も盛ってませんが、頭上に五つ髷を結っているので「五髷(ごけい)文殊」とわかります。
でももし髷がなくても、この表情なら文殊菩薩を連想したと思います。実物にはあったことないけど、まさにこの人は文殊菩薩なのです。(なんで国宝じゃないんだろ?)



●そしてそしてお待ちかね円応寺の初江王!
でたーっ!鎌倉仏の最高傑作といっても過言じゃないですね。!この展覧会のタイトルにある迫真とは初江王に捧げられた言葉です(多分)

2014-05-30-13-08-31


●檀拏幢(だんだとう)/人頭杖


2014-05-30-13-00-42

浄玻璃鏡と共に閻魔大王の必携アイテムとして閻魔堂に配置されたり、地獄絵にも描かれる男女の頭が着いた杖。閻魔大王に裁かれる亡者の生前の善悪を証言するとも、亡者の虚偽の証言を見破るとも言われています。
檀拏幢自体は「地蔵十王経」にも出て来る由緒正しいアイテムで女神形は『黒闇天女』男神形は『泰山府君』だそうです。

2014-05-30-13-00-26


な、なんと!『黒闇天女』がこんなトコロにいらっしゃったとは・・・もうビックリ!
ずっとどんな女神なんだろう?と図像を探していたので、お目にかかれて感激です。
『黒闇天または黒耳天』は閻魔大王の奥さんで福徳女神・吉祥天の妹です→ブログ内リンク:吉祥天


●供生神(くしょうじん)
千本閻魔堂のご住職のお話では(TV見仏記より)人間が生まれた瞬間に毛穴から入り、人間の善悪を記録するそうです。
二神一対で「司録(しろく)・司命(しみょう)」とも言われています。
円応寺の供生神は「同名(どうみょう)・同生(どうしょう)」と呼ばれ、毛穴から入るのではなく両肩に乗って善悪の記録をしてるんだそうです。

2014-05-30-13-01-26
2014-05-30-13-01-36

僕の見知ってる供生神はどれも怖そうな感じなんですが、この供生神は告げ口が得意なイジワルそうな感じの顔付きをしていて、これまた初江王とは別角度の迫真です!


とても、とてもブログの一記事では紹介しきれないのですが・・・

●建長寺の『白衣観音』(仏画)が超イイです!ヤバい!
ターコイズブルーの髪に透明感のある衣にセクスィなポーズ。
2014-05-30-14-54-46


清雲寺の本尊『滝見観音』同様、リラックスしていてとてもなまめかしく、官能的な感じで妖しげです。
あまり仏画には魅せられない僕ですが、この白衣観音にはすっかり魅入られてしまいました。



●浄光明寺の「観音菩薩」
今回の展覧会の図録の表紙を飾っている仏像です。

2014-05-30-14-07-43

ややうつむき加減で坐像なのに腰のひねりが入っていて、反った足の指先の表現や、下半身の動きに共鳴するように波打つ衣のヒダの表現などとても優美な像です。
頭上が水瓶っぽいからもしかして「勢至菩薩?」ともおもいましたが・・尊名はおいといて。
お寺では阿弥陀如来の脇侍を勤めている方だそうです。
参考図像でお堂での写真が紹介されていましたが、放射光背を背負って観音菩薩・勢至菩薩と対で阿弥陀如来の両脇にいらっしゃいました。見事な三尊です。


伽藍神、天神、達磨大師や鎌倉仏独特の表現?法衣垂下像、説法印の釈迦如来などなど・・どれもこれもすばらしくて見とれていると、いつの間にか博物館の滞在時間が予定より推しまくっていました。
うっかりしていると五劫ぐらい経っていて浦島太郎か五劫思惟阿弥陀(の髪型だけ)になってしまうのではないかというぐらい。没頭していました。

最後に

●東慶寺からお越しの『水月観音』
自然な形で岩に身を委ねたリラックスした姿勢で水面に映る月を眺めている姿の観音だそうです。

2014-05-30-14-30-31

如来や菩薩はその優しげな表情で見仏人に安心感や勇気を与えてくれたり、明王の憤怒形で激励されたり気持ちが引き締まったりしますが、この『水月観音』のように菩薩自身のリラックスした自然な姿を眺めるのも、見仏人にとっては心が安らぐものですね。
平和でとても穏やかな気持ちになりました。


蛇足ですが、半跏踏み下げとも椅像とも坐像ともつかないこの態勢は鎌倉仏像の特徴のひとつで「遊戯坐(ゆげざ)」という呼び方が提唱されているそうです。




【小満】第二十三候:紅花栄(べにはなさく)

食用油を取るほか染料としても利用される「紅花」はエジプトが原産と言われシルクロードを経て仏教と共に日本に伝来したそうです。

紅花から黄色の色素を分離させた濃い赤色を『唐紅色(からくれないいろ)』といいます。

DICの色番号では「N-722」■こんな色■

平安時代からある日本の伝統的な色の名称でとても高価な染料だったようです。
一反染めるのに紅花が3kg必要。

2014-05-27-19-06-39


佐保の不退寺ゆかりでプレイボーイとして名高い「在原業平」の百人一首の歌に

『ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれないに水くくるとは』とありますが、竜田川を流れる紅葉を唐紅色のくくり染め(絞り染め)に見立てているそうです。

これまでこの歌に対して、紅葉の葉がサラサラと流れていくような穏やかで雅な情景を想い描いていましたが、高価な紅花染料で川一面を染め上げるんですから、めちゃくちゃド派手でゴージャスな歌なんですね。
まさに神代でも聞いたことがない豪勢で見事な美しい景色だったに違いありません。


そんな誇大妄想気味で大げさな色オトコ在原業平ですが、後に清和天皇の妃になる藤原一門の娘をカドワカして連れ去ろうとしたところをみつかって、東方へ出奔するハメになります。

・・・・そして

業平がみちのく八十島に居たところあばら屋に投宿していると、草むらから

「秋風のふきちるごとに(秋風がふくたびに)」
「あなめあなめ(ああ目が痛い、目が痛い)」

と詠む淋しげな女の声が聞こえてきました。

次の朝、業平が草むらを探しみるとドクロがありその目の穴からススキが生えていました。

「いったい誰のドクロだろうか?」

業平が手を合わせていると、村人がやって来て言いました。

「それは小野小町のドクロです。」

絶世の美女で和歌の名人だった小野小町も年老いて、故郷で野たれ死にし野晒しとなっていたのでした。

在原業平は

「小野とはいわじ(小野小町の哀れな最後とはいうまい)」
「すすき生いけり(ただ、ドクロにススキがはえているだけ)」

と、下の句を詠み弔ったそうです。

25


・・・・

小野小町は絶世の美女として名高かったからか、死後肉体が朽ち果てていく様子を描いた仏画『九相図』のモデルにもなっています。
(ブログ内リンク→【京都・六道参り】西福寺:壇林皇后九相図絵


komachih9sou-2
↑小野小町の九相図


なんだか強引な展開の記事になってしまいましたが・・


というワケで
●旬の映画はイギリス映画で『ZOO』
検索する場合「イギリス映画+ZOO」または原題の「A Zed & Two Noughts」でしてみてください。
結構グロなので苦手な人は要注意!



★ベランダ菜園★

ミニトマトは茎を2ヶ所、結束バンドで添え木に固定させました。

2014-05-28-08-42-23



ガーデンレタスはプランターにドバっと種をこぼすように蒔いてしまったので、一気に発芽して密生してます。もう少ししたら間引きしてみそ汁やスープにでも浮かべてみます。
2014-05-28-08-43-13


【岡山】毘沙門天だらけの安養寺と秘仏本尊「岡山県立美術館」に出開帳


見仏日:2014年5月25日

倉敷駅から安養寺付近まで行く公共交通機関がなかったので、小型タクシーで往復+待ち時間込みで3000円(交渉)で行ってもらいました。

ここは毘沙門天で有名なお寺です。
毘沙門天は七福神の一神としても活躍しているのはご存知の通り。
毘沙門天の
ご利益は余すとこなく授かろうというワケなんでしょう。境内には他の七福神の神様も賑やかに祀られています。

恵比寿神と大黒天↓
2014-05-25-10-34-51


福禄寿(画面左)と寿老人(画面右)↓
2014-05-25-10-35-27


弁財天と布袋和尚↓
2014-05-25-10-37-04

そして毘沙門天!?どこだろ?

タクシーで中門まで登ってもらったので石段付近におわす「毘沙門天」見逃したようです。
帰りに立ち寄るとして・・

朱印帳を預けて本堂にお参り。


2014-05-25-10-45-51

実はこの時、安養寺の秘仏本尊はお留守でした。

本堂は改修工事中のため「秘仏本尊の阿弥陀如来・釈迦如来・薬師如来」は「不動明王」と併せて岡山県立美術館で出開帳・展示中。

2014-05-24-16-56-00


前日、岡山県立美術館に『麗子」を観に行った際、偶然拝観することができました。

いつも秘仏開帳となると綿密に調べ尽くして出かけるので、こんな巡り合わせは初めてです。
仏縁に感謝して今は仏教美術品として展示されている秘仏に合掌。ありがたいー。
本堂の修理が完了したら(また魂を入れてお堂に帰るんでしょうね)
落慶の開帳とかあるのかな?



そして存在感抜群のパゴダを見上げ

2014-05-25-10-38-59


石段の中ほどを見下ろすと
2014-05-25-10-39-09
なんかとてつもなくデカいお方の後ろ姿が・・・絶対これ毘沙門天だ・・・



安養寺は沢山の毘沙門天がおわすお寺ということでとても興味を持ちました。

何故、毘沙門天ばかり集めたのか・・

実は元々は四天王として祀っていたのでは?

※毘沙門天は四天王の内の一人「多聞天」を単独で祀る時の名称。

もしかして補作の際、他の四天王にも多宝塔を持たせた?

と妄想と疑惑が膨らんでいました。


でも一歩『安養寺・宝物館/成願堂』の自動ドアが開き、足を一歩踏み入れた瞬間、疑惑は頭の中からすっかり消え去りました。

正面中央須弥壇の中尊『兜跋毘沙門天・吉祥天・善膩師童子弐』の左右に三体ずつ。

これだけでも凄いのに

左右の壁にそって十三体ずつ。ほぼ同じサイズ、同じポーズの毘沙門天がズラーーーーっと整列しています。
その数合計33体。

心の準備も十分だったハズなのに圧倒されてしましました。

学術的なことや歴史的な経緯は知りませんが、ただの見仏人の僕は「ぜんぶ毘沙門天!凄い」と納得し、
宝物館を出る時には「いったい何がこうさせた!?」というあらたな疑問が頭の中を渦巻いていました。

待っていただいていたタクシーの運転手さんに石段下に車を回してもらえるようお願いして石段を下り、振り返ると・・・そこに

2014-05-25-11-06-39


『大魔神』

2014-06-12-20-32-45

【小満】第二十二候:蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

おカイコ様。

日本ではかつて養蚕〜絹糸生産は一大産業だったそうです。

一般的には多分“気味の悪いイキモノ”な印象の「イモムシ」でも大金を産み出すとなると、過剰に立派な敬称を付けられるんですね。

そんなこんなで大盛況を極めた絹糸産業も化学繊維の登場で一気に需要が減少し、養蚕業も衰退の一途をだどり、ついには今年「(世界)遺産」として登録される運びになったようです。

富岡製糸場と絹産業遺産群』2014年6月登録予定。

もうすぐですね。


山をやり始めて、ゴアテックスやマイクロフリースなど、ファブリックの進化はもの凄く勢いがあるんだな〜と山雑誌の広告や山専門店の店頭で商品を見る度に思います。が、実感としてはちょっとビミョーです(とくにゴアテックス)

でも肌着はヒートテックのような発熱系化学繊維より天然素材「メリノウール」が断然良いですね。これは実感。


話が逸れました。で、絹です。
絹といえば着物なんですが、僕はハワイアンシャツ(アロハシャツ)が大好きです。

2014-05-21-19-29-58


アロハって元々は和服(着物)のリメイクが起源なのでド派手な柄やド派手な色が多いんです。
日本人から見てもオリエンタルムード全開になっちゃってますね。和洋折衷の妙。

なので当然ビンテージ物になると素材はシルク(絹)100%

テロっとした着用感やサラっとした肌触りが抜群に良くて着心地満点なんですが、扱い辛さも満点で現行のアロハはレーヨン素材が多いです。
(上の写真のアロハは全部レーヨンです)
レーヨンもデリケートな素材ですがシルクよりはかなりマシ。エマールなら洗えます。

ビンテージ復刻ブランドやこだわりまくった作りをするブランドからは今でもシルク100%のアロハがリリースされていて憧れますが、手入れの大変さと背筋が冷たくなるような高価な値段でなかなか手は出せません。

2014-05-21-19-34-48

↑これはシルク100%


でも実際に気に入って去年一番ガシガシ着まくったのはレーヨンでもシルクでもないコレ↓
2014-05-21-19-31-36

↑麻と竹の繊維でできたハワイアン風シャツ。
シルクやレーヨンのようにまとわりつかないゴアゴア感が日本の気候によく合う気がすます。
今年も同じシリーズがあったら買おうかな。

今年の夏はなるべくエコで乗り切るつもりです。
ハワイアンシャツ、蚊取り線香、よしず、花火、風鈴、朝顔、打ち水、かき氷、スイカなどなど

ウクレレの音色も涼しげですよね。今から練習して夏に間に合わせます。
TIKIは元から大好きです。あと、コナコーヒー(フレーバー)も最近のマイブーム。でもハワイには行ったことないです。


そんなワケで
●オススメ旬の映画は
東京タワーに繭を張った『モスラ』です

2014-05-21-20-15-15


【兵庫県:日本三大如意輪観音】ソランジンと如意尼の伝説をメインに神呪寺

見仏日:2014年5月18日

今年もワクワクしながら二天が守護する仁王門をくぐり

2014-05-18-12-35-39

石段を駆け上がりたい気持ちを抑え(そんな体力もないけど)

2014-05-18-12-34-19


伝説と異形の仏像の宝庫!『神呪寺』本堂に到着しました。

2014-05-18-12-39-52

後方に神坐のごとく控えるのが「甲山」

仲哀天皇の御代、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられたそうです。

なのでここ『神呪寺』は通称『甲山大師』『お大師さん』と呼ばれ親しまれています。


さっそく御本尊と久しぶりのご対面を果たしたいところなのですが、はやる気持ちを抑えて、まずは『入り鐘突き』
語呂の験担ぎですが、「お寺に入った時に突く鐘が『入り金』と言い、お寺から出る時に突く鐘を『出金』と言います」勿論『入り金』が縁起が良いと言われています。


そして朱印をもらって、招待ハガキを受付に渡していよいよ昇殿。

まずは「甲山大師」さんへのお参りし、鎮守である「八臂弁財天」に手を合わせ、いよいよ内々陣へ。
(※広田神社祭神・瀬織津姫の本地仏としての弁財天だとおもいます)

出たっ!秘仏中の秘仏、金ピカに輝く「大聖歓喜天」固く抱き合いお二方とも仲良さげに正面を向く立像です。

いつもは扉が開いてる五大明王や愛染明王、聖観音などの厨子の扉が閉ざされたままになってます。


『麁乱(そらん)荒神』しっかりと間近で拝観できます。
愛染明王や金剛薩埵のような「三鈷杵」と「三鈷鈴」を持ち、大日如来の「智拳印」を結んでいて、更に「如意宝珠」「蓮華」「」「転法輪」を持つ超異形なお姿。


西宮に伝わる民話にも『鷲の地主神とソランジン』として登場する荒ぶる神さまです。


どんな話かというと・・・・・

平安時代のある日、淳和天皇のお妃(*1)は夢枕に立った女神から甲山お寺を建てるようにお告げを受けました。

お妃は密かに宮中を抜け出し西宮まで来ると、広田神社の女神(*2)の導きによって、お寺を建立するのに相応しい場所を示されました。

お妃はとても喜び、空海の協力を得てその場所にお寺を建てました(*3)
そしてお妃自身も剃髪し「如意尼(にょいに)」と名乗り毎日修行に励みました。

ところが「西の山(*4)」のほうから大きな鷲が火の玉を吹きながら現れ寺を燃やそうと襲ってきました。
如意尼は『閼伽水(仏にお供えするための井戸水)』を運ばせ、鷲が吐く火に注ぎかけました。するとたちまち火は消え、大鷲は敵わないと見て西の山へと帰っていきました。

この大鷲は、西の山に古くから住んでいるソランジンという神が姿を変えたもので、仏法が広がり古くからの神である自身がないがしろにされるのを面白くないと思っていたのです。

如意尼はソラジンを荒神として祀り、怒りを鎮めなだめました。
それからというもの、もう大鷲がお寺を襲うことはなくなり、守護神となりました。とさ・・・・・


〜以上「西宮ふるさと民話」と「兵庫県立歴史博物館/ひょうご伝説紀行」より抜粋、再編集して少し盛ってみました。

注釈
*1淳和天皇のお妃=如意尼とは、淳和天皇第四妃「真名井御前」のこと。
*2廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫またの名瀬織津姫。
*3神呪寺の秘仏本尊如意輪観音は「如意尼」をモデルに空海が彫ったもの。
*4「西の山」『牛女の都市伝説』で有名になってしまった「鷲林寺」のことで神呪寺とは対のような存在。同じくソラン荒神を祀っています。

koujin zou2

↑ソラン荒神はこのように荒ぶったお姿です。


そして如意尼の姿を写した空海作の如意輪観音とご対面(キチンとした輪王坐じゃないのが不思議ですね)

nyoirin


今年の例大祭ではいつも開扉されてる珍しい仏像の多くの厨子が閉ざされたままで少し残念でした。
狐頭人身の稲荷明神の厨子も閉まってました。




ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ