Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2014年10月

【滋賀県:園城寺】智証大師円珍生誕1200年記念秘仏開帳:黄不動尊・智証大師・如意輪観音

見仏日:2014年10月30日(快晴)

三井寺(園城寺)には、これまでに何度か訪れていて、以前の自分はどんな感想を持ったのかな?と記事を振り返ってみようと自分のブログ記事を検索してみたのですが、なんと記事が1つもみつかりません。
頼豪阿闍梨が妖怪鉄鼠になる話も好きですし、「黄不動尊」の朱印を貰いたくて智証大師の開帳の10月29日を狙って訪れたこともありました。
尊星王像など仏像も印象に強く残っているお寺なので、ブログ記事も何度も書いている気になっていました。



今回は黄不動との対面、これはブログをかかなければ!

今日の三井寺も快晴でした。
仁王門をくぐり、拝観料を支払って、釈迦堂の前に立つと広い境内の様子を思い出してきました。懐かしみながらのんびりと金堂に向かって歩きます。
ゆるやかな坂を登り切ると、「近江八景」のひとつ「三井寺の晩鐘」そして仏像目白押しの金堂。


でも金堂は法要中だったので遠慮してイキナリ、メインディッシュから!



今回は、毎年10月29日に開帳される『智証大師(中尊)』に加え
中尊・智証大師のオリジナル像である『骨大師(体内に智証大師の遺骨が納入されているそうです)』
さらに智証大師がインスパイアードした『黄不動立像』の秘仏三体の厨子が一斉に開扉されていました。
このように3体揃いの開帳は24年ぶりの希有な状況だそうで、色んなお寺のおお坊さんたちもこぞって参拝にきていました。

着色は金泥だと思いますが全身が鈍くくすんだような輝きです。金泥は金箔ピカピカの仏像にくらべてリアルです。

黄色不動、やはり膝小僧を見せているのが最大の特徴ですね。

躍動するのにに裾がバタついて邪魔だったんでしょう、たくし上がって両膝が見えている不動は、全身に生気をみなぎらせ、今まさに動きだしそうでした。

このあと、絵画の模写も沢山みましたが、どの金色不動も黄不動もすべて膝小僧をだしていて、ワンパクでたくましい印象でした。


しばらく来ない間に・・・

なんと収蔵庫が完成していました。
収蔵されている寺宝はまだまだ少なく、グッズ展開やお土産品もこれから充実するのかな?という感じでしたが、仏像群は凄かったです。これまで月一回の開帳だったりした秘仏が一斉にお目見え。
以前は微妙寺にいた寸詰まりにデフォルメされた親しみが湧く秘仏「十一面観音像」や月に一度お目見えする「訶梨帝母」が居て娘の「吉祥天」も里帰り中でした。

そして「頼豪阿闍梨=鉄鼠」のお宮「ねずみ宮」は毎回お参りしています。



天台宗・寺門派三井寺の高僧、頼豪阿闍梨が妖怪・鉄鼠に変化して、天台宗・山門派(比叡山)を配下のネズミを引き連れて襲撃し、経文を食い荒らしたり、仏像を破壊した。と伝わります。
これには色々と因縁があるのです。

そのあたり事情は興味のある人、ご自身に調べてもらうとして・・・
この頼豪阿闍梨。実は「新羅明神のモデルなのではないか?」という説を唱える研究者がいらっしゃいます。
とっても説得のある説なので機会があれば、山本ひろこ先生の著作「異神」をご一読ください。
僕は3読ぐらいしてもまだ理解できていませんが。

まぁ、呪術を使いまくったり妖怪に変化しちゃったり、頼豪阿闍梨はかなり僕好みな方でもあり、日本5大超人?の内の1人と数えて良いのではないでしょうか?

あとのメンバーは
役行者、空海、阿倍清明。ここまではどなたもそんなに異存は無いとおもいますが、あと2名。僕は頼豪阿闍梨と参議・小野篁を推したいです。

また、いつの間にか話がそれていますが、観音堂で両脇に毘沙門天と愛染明王を従える、ゴージャスな宝冠がよく似合う麗しい如意輪観音を拝観いたしました。
きっと徳の高さに加えこの美貌もあって毘沙門天と愛染明王を従えているに違いないと、煩悩まみれな想像をしてしまいました。


そして、下山。

恒例となったおとなりの円満院門跡で「うすさま明王」のお札をいただきました。
言わずと知れた元祖トイレの神様ですね。


そして『大津市歴史博物館」では三井寺の開帳に合わせて、三井寺やその影響下にあったと思われる寺宝を集めた特別企画展が開催されていました。


年一回の秘仏「護法善神像」「新羅明神(画像)」「尊星王(画像)」など見応えタップリの展示内容でした。
特に「肥満新羅明神」「初老新羅明神」「痩身新羅明神」が良かったですね。
このように絵画の変遷を見ていると、やはり頼豪阿闍梨とオーバーラップして「高僧としての頼豪阿闍梨」「禁断の呪詛を行う頼豪」「妖怪に変化して比叡山を襲う鉄鼠」というストーリーが頭の中で展開してしまします。



大満足・・お腹いっぱいです。


『黄不動尊』の朱印もいただきました〜



赤・青どーしよ〜

【霜降】第五十二候:霜始降(しもはじめてふる)

二十四節気は「霜降/そうこう」霜が降りる季節になったということですね。

七十ニ候も霜始降、おなじように霜が降り始めるという季節です。10月23日〜27日ごろ。

この季節少し高い山に登ると霜が地面から生えているかのように成長していて、歩くとシャクシャクっと小気味良い音がします。クシュと踏み込む感じもプチプチや枝豆剥きに似た感覚の気持ち良さがあります。

本業の開店休業状態が永く続いてるので最近はバイトに精を出しています。ダブルワークってヤツ?です。それでもまだ時間もあるし、日本アルプスや屋久島への遠征にはお金もかかるし、何よりも山道具や自転車関連にもお金がかかります。
冬の間のシッカリ稼いでおかなければ!
というわけで、本日から更にもう一社バイトを増やして初出勤してきました。
初出勤は気疲れしますね。
山に例えてみると積雪期の武奈ヶ岳ぐらいのキツさ。

出勤も全山縦走のトレーニングを兼ねて自転車です。

そして初出勤から帰ってポストを開くとこんな物が入っていました。

2014-10-27-20-27-12

六甲全山縦走大会の参加賞などなど。
ちなみに僕は24日のほうに出場します。



【寒露】第五十一候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

10月18日〜22日頃。
きりぎりすが戸口で鳴く季節。この「蟋蟀」はキリギリスことなのか、コオロギのことなのか諸説あるそうです。

僕はギーッチョンチョンとけたたましく鳴くキリギリスではなく、秋の夜長にリーリーリーと余韻たっぷりに染み入るコオロギの音が相応しいように思います。


ところで・・
仮面ライダーってバッタがモチーフになってるそうです。
(キリギリスとバッタが良く似ている繋がり。ということで、いつもながらの強引な展開です。)


仮面ライダーはいつの時代も僕らのヒーロー。

子供の頃、僕は特撮派でした。
特撮ヒーローはアニメのヒーローと違って実在するような気がしていたからです。
そんな幼い日の僕の一縷の望みを適えてくれたのが「ヒーローショー」でした。

2014-10-19-13-31-40

先日(10月19日、日曜日)たまたま通りかかった、尼崎市の卸売市場。
普段は仲買人達が競りをおこなっているであろう、この玄人なスポットが素人にも広く開放されてフェスが開催されていました。


町のPRとはスタンプラリーじゃなくコレだろ!!?とディープな尼崎が凝縮されたフェスで良かったです。
2014-10-19-13-24-43


そして、やはりヒーローは今も身近にいました!

2014-10-19-13-29-18

中央で戦っている赤い色したヒーローは多分、今の仮面ライダーなんだろうな。
でも彼は赤いからバッタではないのかも・・
それにしても『ステージ』と書かれモールでデコられた看板が味があって良いなー。

と、しばらくヒーローショーを眺め、ブラブラと屋台や展示ブースを回って、一日だけのテーマパークと化した『尼崎市公設地方卸売市場』を楽しみました。

あとで調べたら彼は『仮面ライダードライブ』(毎週日曜日あさ8時からTVT朝日系で大絶賛放映中)でした。


※「アンパンマンショー」もあるからアンパンマンもきっと実在するんだとおもいます。


【寒露】第五十候:菊花開(きくのはなひらく)

10月13日〜17日頃。

その名の通り、菊の花が開くころ。旧暦の9月9日は「重陽の節句」別名「菊の節句」と言います。
重陽の節供の日に摘んだ菊の花びらを乾かして枕の詰め物にした菊枕で寝ると、邪気を払うとも恋する人が夢枕に立つとも言われています。
でも。今年の重陽の節句は10月2日ということでとっくに過ぎていました。

ちなみに来年2015年は10月21日。再来年2016年は10月9日が重陽の節句です。

重陽の節句が行事としてイマイチ浸透していないのは桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)のように新暦に合わせていないから。なのかもしれないですね。

重陽の節句とは違って浸透しまくってるのがハロウィン。
世間はすっかりハロウィンムードですね。


ハロウィンは仮装してパーティする行事として定着していますが、元は収穫を祝ったり悪霊を祓う意味合いもあったそうです。

古今東西、この時期は悪霊や邪気に侵されやすいシーズンだったのかも。

収穫祭で浮かれ過ぎてハメを外し過ぎた結果・・・(怖)
収穫で不作だった人が豊作だった人を逆恨みして魔が刺したり・・・(怖)

ハロウィンは沢山のホラー映画の題材にもなってます。

というワケで久しぶりのオススメの旬の映画は『ハロウィーン』シリーズ。

2014-10-17-22-23-18

怖いのが苦手な人には・・・

ティムバートン監督の「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」はいかがでしょう。

2004-12-25-20-07-13


ティムバートンの作品は「悪気はないんだけどツイツイ他人に迷惑をかけてしまう」という、純粋で思考が不器用な主人公が登場します。
ジャックも悪気はないんですけどね

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」はキャラ先行なので映画を観てなくてもジャックは知っている人も多いはず。
今年の秋はぜひDVDで。

僕は幽霊犬「ゼロ」や「フィンケルスタイン博士」「ウギーブギー」が好きです。




【寒露】第四十九候:鴻雁来(こうがんきたる)

二十四節気:寒露、朝露が冷たく冷たく感じられる季節。秋も深まったきました。

七十二候:鴻雁来(10月8〜12日頃)北から雁が越冬するために日本に渡って来ます。

ここ何年か秋を見過ごしがちで、「いつの間にか寒い」といった季節感でした。
今年は七十ニ候の記事を書いているおかげで秋の訪れも意識できました。
秋ですねー。ちょっと哀愁を帯びながらロマンチックな気分に浸ってみたい気もしますが、山歩きをやっている僕はいよいよ里山が楽しい季節になったので盛り上がっています。

と、いうわけで、またまた嬉しがって自転車で芦屋川まで行ってきました。
下山後、余力があったので自転車で海のほうまで下り、武庫川の河川敷に入って北上して帰ってみました。
台風の影響なのかちょっと荒れ気味でタイヤが砂に埋まります。
ブロックタイヤが欲しいなー。

2014-10-09-14-27-37

武庫川河川敷から西武庫公園に入ってポタリング。
水路脇をワイルドな感じのアヒルみたいなヤツが優雅に歩いていました。

2014-10-10-15-33-09

野鳥に詳しい友達に聞いてみたところ、これはカルガモだそうです。
僕はてっきりコレこそが『雁』だと思い込んでいて、「丁度ブログネタにピッタリやーん!」と血相を変えてiPhoneで連写したのでちょっと残念なお知らせでした。

2014-10-10-15-36-04

こっちのつがいはなんでしょう?カルガモよりちょっと小さめで警戒心の強いのかちょっと慌ててる様子でした。

野鳥も野草も花も樹木も一目で見分けられたら山歩きにもっと深みが出るんだろうなー。
ちょっと図鑑でも買ってみようかな。と思います。

雁を調べてみたところダウンジャケットのダウンや羽毛布団や寝袋の羽毛は雁の羽毛だそうです。知らないところで随分お世話になってるんですね。

そういえばダウンジャケットもちょっと良いのが欲しいな・・・
自転車のタイヤも欲しいし、六甲全山縦走用の靴も欲しい・・・どうやら僕の場合、食欲の秋ではなく物欲の秋なようです。

2014-10-09-13-51-16
↑サイクルハンター甲子園店。
店員さんが自転車ド素人の僕にも親切に応対してくれたのでとても好印象。
ちょくちょく覗いて色んなパーツを物色したいと思います。
新古でタイヤがあればいいなー。


Mr. Gan. R.I.P.

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ