Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

2014年11月

【京都国立博物館・特別展】「国宝鳥獣戯画と高山寺」展

2014-11-20-12-24-45

観覧日:2014年11月20日

京都国立博物館に「鳥獣戯画展」を観に行って来ました。

平日だったので博物館つでに、久しぶりに三十三間堂と紅葉が美しいであろう永観堂あたりも行ってみようかな?と久しぶりの京都中心部の散策を計画していました。
が!国立博物館についてみると入場まで「100分待ち」の長蛇の列。
入場してからメインの絵巻まではさらに「20分待ち」と看板が掲げられていました。
鳥獣戯画の人気をちょっとナメてました。

おとなしく列に並びスマホで時間潰し・・

2014-11-20-12-26-51

高山寺に伝わる「鳥獣戯画」は博物館に寄託され、お寺には複製品が展示されているのですが、快慶作の子犬があったり、ぽつんと一人でいる善哉童子が可愛かったり、鳥獣戯画が伝わるお寺らしいほのぼのした雰囲気でした。
鳥獣戯画を全面に押し出したグッズが豊富で僕も迷わず朱印帳をゲットしました。

2014-11-20-23-06-40

朱印自体は別の朱印帳に書いてもらったので、高山寺の朱印帳を今まさに使っています。

鳥獣戯画に登場するキャラクターはよく目にするので、新鮮さは期待していなかったのですが、巻物を全部みるとやっぱり違いますね。
巻物自体がちゃんと作品として成立していて、鳥獣戯画の世界に吸い込まれます。
楽しそうに遊ぶキャラクター達の躍動感が伝わってきて本当に目の前で動いているかの臨場感でした。

2014-11-20-14-45-39

お土産もたっぷり買いました。

2014-11-20-21-20-30

京都国立博物館・平常館の修復工事が完了してから始めての訪問だったので、宝誌和尚とも対面してきました。

housi.jpg


大阪・河内の金剛寺の巨大大日如来と不動明王がおわし、思わぬ対面に歓喜!
もしや?とおもったのですがやはりコチラにいらっしゃいましたか〜
降三世明王は奈良国立博物館にいらっしゃいます→ブログ記事

早く金剛寺で三尊揃った形で見たいもんです。


【小雪】第五十八候:虹蔵不見(にじかくれてみえず)

七十ニ候毎に日記を書こうと張り切っていたのですが、最近ちょっと忙しくて更新できなかったのは良いとして、閑古鳥が鳴きまくりの当ブログにわざわざお越しくださる、大ドラさんやまだまださんからいただいたコメントにお返事できていないのが不覚です。

とりあえず記事を追いつかせて・・

二十四節気は小雪になりました。寒さが進み、そろそろ雪が降り始めるが、まだ本格的な冬ではない頃。
今ごろのポカポカ陽気を小春日和といいます。

「虹蔵不見」11月22日〜11月26日頃。
虹を見かけることが少なくなる季節。

11月24日。ついに六甲全山縦走大会に出場してきました。
2013年の大会にもエントリーしたんですが、抽選漏れで出場できず、一年越しに待ちに待ったロングトレイルの大会です。

↓スタート地点
2014-11-24-05-31-33


↓ゴール少し手前。当然ですが全員ヘッドランプ点灯
2014-11-24-21-33-56

夜明け前から日没後まで、17時間以上も六甲山系をテクテクほつき歩いてクタクタでしたがなんとか完走しました。


2014-11-24-22-18-33

完走の記念品。これが欲しかったんです。

2014-11-24-22-21-56


【立冬】第五十七候:金盞香(きんせんかさく)

11月17日〜21日ごろ。
水仙の花が咲き、香しい匂いをただよわせる季節。

関西では今年、一番の寒さだったそうです。
暖かい湯船にノンビリ浸かるのが気持ちいい夜ですが、湯冷めにも気を付けないと週明けはいよいよ六甲全山縦走大会。
今、体調を崩すワケにはいきません。

というワケでちょっとナイスな風呂グッズを買いました。


『Soil』のバスマット。

珪藻土と紙というバスマット素人からするとワケのわからない素材で作られていて、踏み心地も意表を突かれるほど固いバスマット。

それほど違和感があるにも関わらず「抜群の吸水性」なんて表現では全然間に合わないぐらいの「瞬間吸水」で足の裏の水気を吸い取ってサラっと乾かしてくれます。

このサラっと乾いた感じ登山靴のインソールに応用してくれないかな。
足がドライな状態なのは色んなトラブル回避の近道です。
遊歩大全の著者は足をドライに保つためにウールの靴下を使用し、しかもそれを1時間毎に履き替えるよう推奨しています。

『Soil』かなり気に入ったので次は石けん置き(スポンジ置き)を買おうと思っています。

バスグッズや入浴剤を変えると家風呂も快適で楽しい時間になります。


【立冬】第五十六候:地始凍(ちはじめてこおる)

11月12日〜16日ころ。
朝霜が降り、地面が凍てつく寒さになるころ。

朝の自転車通勤が寒くなってきました。
昨日のバイトの出勤前、自転車のタイヤをブロックタイヤ(ちょい太め)に交換しました。
凍結路面は流石にムリだけど、天候に関わらず河川敷を通って通勤できそうです。

地面が凍るといえば霜より、雪が踏みしめられて固まった登山道、そして雪渓なんかをイメージします。
そろそろアイゼンの準備も必要ですね。
せっかくコバ付きの登山靴を持ってるんだからセミワッタッチのアイゼンが欲しいところです。
グリベルかブラックダイヤモンドか・・
グリベルはあの黄色が良いです。僕みたいな素人にはあのマークたまらくグッとくるデザインです。

御岳山の噴火以来、まだグリベルのヘルメットの入荷状況は厳しいようです。

僕はヘルメットはマウンテンバイクと併用できるようにマムートにするつもりです。

【立冬】第五十五候:山茶始開(つばきはじめてひらく)

11月7日、二十四節気は立冬になりました。いよいよ暦では冬。
「暦の上ではもう冬」という言い方は、実際の気候など季節感とカレンダーの数字にギャップがある場合が多いですが、明日の関西は暦通りかなり寒いようです。


山茶始開。11月7日〜11日頃。
この候の読みは「ツバキ」ですが、字の通りツバキ科の「山茶花/サザンカ」

通勤に武庫川河川敷を使うようになって、一日の始まりが楽しいポタリングでスタートとなり、気分よくアルバイトに取り組めています。

2014-11-11-09-39-03

山の冬支度もボチボチと始めてます。
僕の行く冬山はなかなか手強い勾配があり『ドペッルギャンガー社のスノーシュー」は無用の長物と判明したので、ヒールヒフターなど高機能なMSRのスノーシューかワカンで迷いましたが、アイゼンを装着したまま浮力付いて新雪の上でも歩けるので僕が行く武奈ヶ岳あたりにバッチリな気がします。

ワケでオクトスのワカンを購入して早速、装着の練習をしてみたんですが、訳がワカンナイ(ワカンが有ってもワカン無い)(滝汗)

image


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ