2014年2月7日の夕方、広島へ向けてワクワクと車をスタートさせました。
この日はご存知の通り、夜半から記録的大寒波が西日本を襲い大雪を降らせたアノ夜です。

天気は荒れ模様と確認していたものの尼崎を出発した時には、まだ雨も降っておらず、山陽道を西へ西へと車を走らせ中間地点の『吉備サービスエリア』に来ても、「なんだか少し曇りがちかな?」といった程度でした。

『吉備サービスエリア』でタップリ休憩したあとドライブを再開させてしばらく走っていると、ヘッドライトに白く照らし出されるモノが・・そしてフロントガラスに雪がヘバり付きはじめ、山陽道は福山から岩国まで『冬タイヤ』と『制限速度規制』が出されました。

路肩には雪が積もり路面にワダチができはじめると、どの車も速度を落し遂にはハザードランプを点滅させながら停車してしまいました。
ノーマルタイヤな僕はノロノロとカタツムリのように高速を進み、なんとか広島へ辿り着きました。


出発前の計画では、まず明けて初日の8日、尾道の『千光寺』でオリジナル朱印帳を買ってから古寺を巡り、その後周辺観光をする予定でした。

ところが窓の外はボタン雪がボトボトと落ちて来ていて、交通情報を確認すると山陽道は通行止め!
えらい時に来たなーと思いましたが、ここまでレアな気候に当たると逆にツイてる!って気になるし、とても楽しい気分でした。

天気は回復してきたものの尾道を回るには厳しい時間になってきたので、とりあえず広島遠征の最大の目的地でもある『宮島』を目指すことにしました。

自分では記憶していなかったんですが、僕は何年も前に「宮島に行ってみたい」と言ってたそうです。
覚えていなかったけど何かの巡り合わせだったのかもしれません。
更に言うと、もしかしたら何年後かに振り返った時、人生の『分岐点』だった。と思える宮島になる可能性もあります。

山陽道は相変わらずの通行止めなのでノンビリ、ユルユルと宮島に向かいます。観光駐車場に車を停めて、フェリーに乗船!

フェリーから眺める大鳥居は思っていたより小さくでビックリしました。

画像6

やっぱ実物は凄いこのサイズ感も実際に見ないと判らないことですからねー。

宮島に上陸すると『厳島神社』までの参道にお土産物屋さんがびっしりと並び否応無しにテンションがあがりますねー。賑やかな参道は大好きです!

でもお土産は後回しにしてまずはお参り。

画像2

しっかり朱印もいただきました。

画像23

そして『厳島神社』を抜けると僕に取っての本当のメイン!

『大願寺』が厳島神社とはまた趣の違った質素なたたずまいで僕を出迎えてくれました。

画像3

ここは日本三大弁天のひとつにも数えられるお寺で弁財天・宇賀神ファンとしては一度は訪れてみたかったお寺だったのです。


一見悪趣味にも思えるほど弁財天のインパクトが強いオリジナル朱印帳を求め朱印を頂きました。

画像27


この朱印帳はせっかくなので『弁財天朱印専用』にしようとおもいます。

画像24

まずは勿論、この日参拝した宮島は大願寺の弁財天の朱印です。

お参りを済ませたばかりのはずなのに早速、食欲という煩悩がムクムクと鎌首をもたげてきたので・・

画像7

広島と言えば牡蛎を食べない訳にはいきません。

そしてこれまでの人生で食べた『広島風・お好み焼き』の中で一番美味しかったお好み焼きと遭遇しちゃいました。

画像8

めっちゃ美味しいカキフライにも遭遇したのですが、美味し過ぎて写真撮るのをスッカリ忘れてました。

今回の記事、仏像が全く登場しませんが目的は『大願寺の弁財天の朱印帳をゲットする!』だったので大満足です!!



〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

後半、尾道編へつづく・・