飛鳥坐(あすかにいます)神社に立ち寄りました。

2014-05-05-13-56-06




陰陽石やおんだ祭りの舞台を見学して

2014-05-05-14-13-47

↑これは天然モノか人工モノかどっちでしょう?


三十三所の7番札所の岡寺へ移動

2014-05-05-14-30-53

緑に映える見事な仁王門!標柱、標石の配置も計算しつくされていてバッチリ決まってます。


前日まで「七十二候」は『牡丹華(ぼたんはなさく)←ブログ内の記事へリンクしてます』だったのでまさに牡丹の花盛り。
境内のいたるところで、百花の王と呼ばれるにふさわしい見事な大輪の花を咲かせてました。

2014-05-05-14-39-09

そして百花の王・牡丹の華がこれまた良く似合っているのが岡寺の本尊・如意輪観音です。
インド、中国、日本の三国の土を以て作られた特大で色白の塑像。
特大なのに白い顔が呪術的で夜中になると絶対に歩き回ってそうな雰囲気があります。
本堂には天井桟敷があり愛染明王と不動明王が脇侍を勤めていてお堂のパワーを更に高めまくっています。

内内陣に入って目を惹いたのが仏足の版木。
印刷してお札を出してたんでしょうか?欲しいなー。

自分で彫ってみようかな?

門前の無人販売所で飛鳥ルビーという品種のイチゴを買って、記事は前後しますがいよいよ久米寺へ!!