見学日:2014年6月1日

会期も最終日、やっと行ってきました。

2014-06-01-15-03-54

ある意味「邪道!?」とも思えるほど贅沢過ぎる大イベントです。

展示ブースも吉野ブース、熊野ブース、高野ブースとそれぞれ分かれていてまるでフェスの会場。

それぞれのブースでトリを勤めるスター仏像が来場していますが、マニアックなファン向けの仏像もメンツに加わっています。

吉野桜本坊の役行者のお母さん像『役行者母公椅像』なんて吉野に行っても滅多に見れない秘仏なのに・・「大阪見物に来ました〜」って気軽な感じでチョコンと腰掛けてました。
その横では役行者がガッチリと合掌して呪文を唱えてました!すっげーカッコ良かったです。

2014-06-01-15-35-36


高野山からは収蔵庫にいらっしゃる、普通なら秘仏中の秘仏。「両頭愛染明王」が参上!

2014-06-01-15-33-03

僕の地元あたりでは門戸厄神さんの本尊が『両頭愛染』なんですが、御影のイラストで姿を想像するだけが精一杯の絶対秘仏。
理由はこの画像を観ていただくと解るとおもいますが、二面じゃなくシャム双生児のように頭が2つある両頭。1つは愛染明王の頭で、もう1つは不動明王の頭。異形でパワフル!
でも高野山の霊宝館では実は意外に気軽で通常展示されています。


そして熊野からは神像群。
神像って見慣れてないせいなんなのか・・神様だからなのか不気味さがあります。


実際に観てみると、贅沢なイベントなのは間違いないですが、どの山域もほんの・ほんのさわり。といった感じで、やっぱり堪能するには実際に足を運ばないとだめですね。

2014-06-01-16-15-42