Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

京都府

【京都】福田寺:雨乞いの神、龍神開帳

見仏日:2013年8月23日

8月23日。年に一度、福田寺の龍神堂の扉が開く日です。

TV見仏記で福田寺の龍神像の奇怪な姿に魅せられ、是非生で拝観したいとおもっていました。

真夏の日差しが照りつける中、阪急「東向日駅」からiPhoneの案内に従ってテクテク歩きます。
珍しい仏像の開帳の日にも関わらず福田寺までの道中、のぼりも看板も見かけません。

とくに宣伝して拝観者を募るワケでもなく、地域に密着して檀家さんに支えられてるお寺なんですね。

拝観の受付も拝観料もなく、龍神のおわす龍神堂も開け放たれたままです。

image


うわっ!お楽しみの『龍神様』が丸見えやん!もったいない・・。

視線をそらして本堂にいらっしゃった方に声をかけ、伏せ目がちにしながらそっと昇殿しました。


『はぁ〜この方が・・・龍神様』

image


龍の姿をしているワケでもなく、頭上に龍を戴くワケでもなく・・膝をついて一心に祈るように合掌しています。本当に奇怪な姿です。

やはり夜叉神に似ている気がします。

【過去記事】→東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち


生で見ると握り合わさった両手の力の入り具合がモノ凄く、飛び出した両目は力が入り過ぎているせい?と、思えてきます。(後補だそうですが・・)


この方とにかく雨乞いのパワーが凄まじいので、どんなお姿であったとして『龍神』と呼ぶのがふさわしいとおもいます。


去年も同じ日に福田寺から離れた智恵光院で秘仏六臂地蔵を拝観している時に突然、夕立がり「あ〜龍神様が開帳になってるからか〜」と思ったもんですが、この日も夕方から見事に雨が降りました。

お堂の左に目を向けると・・これまた珍しい『摩耶夫人像』

今まさに!摩耶夫人の右脇から釈迦が誕生した瞬間の像です。

b5

↑福田寺の摩耶夫人像:右脇にお釈迦様がぶら下がっています。

思っていたよりもかなり小さい像でしたが、近くから拝観できるのでお釈迦様の姿もハッキリ見ることができました。

ちょうど本堂にご住職の姿が見えたので、御朱印をお願いすると本堂の仏像も拝観するようにすすめていただいたので、遠慮なく昇殿させていただきました。

朱印をいただいた後、龍神について質問すると、お忙しい中とても丁寧な説明をしていただきました。

ご住職のお話によると龍神は元は「にらんば」か「びらんば」(兜跋毘沙門天を支える地天女の両脇の人)のどちらかではないか。ということでした。

言われてみればそんな気がしてきました。

このように珍しい仏像が拝観できる『福田寺』是非、来年は足を運んでお賽銭を弾んでください。


mayabunin

↑東京国立博物館蔵の摩耶夫人:右のたもとからお釈迦様が飛び出しています。




23日〜24日にかけて豪雨被害に遭われた地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。ふざけているワケではありません。念のため




【福田寺】
住所:京都市南区久世殿城町5番地
電話:075-931-2887
拝観可能な仏像:龍神像、摩耶夫人像(毎年:8/23の他、事前予約で拝観可)
拝観料:志納


●御朱印
image

【京都地蔵盆-02:智恵光院】摩訶不思議・六臂地蔵

地蔵盆にだけ開帳される秘仏でどうしても拝観しておきたいのが智恵光院の小野篁作『六臂地蔵』


6pi_jizou

↑ネットで画像をみつけたので



寺名:智恵光院

訪問日:2012年8月23日

所在


拝観可能な仏像

六臂地蔵(地蔵盆にだけ開帳の秘仏)

撮影不可



感想

TV見仏記でその異形の地蔵を観た時にはド肝を抜かれました。

親しみを込めて「おじぞうさん」なんて気軽には呼べないような摩訶不思議な六臂の地蔵
菩薩。

6本の腕は六道を象徴してるそうですが、呪術めいたパワーを感じずにはいられません。


どうしても観たいと思って初めて「智恵光院」に訪れたのが去年(2011年)。


「智恵光院」は檀家さんと共にある地域に密着したお寺なので、開帳に関して積極的ではないですが、マナーを守っていれば快く迎えてもらえます。

檀家さんの焼香が終わると、一般の参加者も昇殿して焼香と間近での拝観ができます。

地蔵菩薩という地味な印象の仏像のためか(
智恵光院の地蔵菩薩は腕が6本もあるド派手な姿だけど)メディアで紹介される機会もあまりありません。
なので
世にも珍しい仏像の開帳にもかかわらず、去年は檀家さんが20名ほど、一般の参加者が5名ほどしか参列してませんでした。

マニアックな仏像ってことになるんでしょうね。

それだけにこの開帳に居合わせた一般参加者はみんなコアな見仏記マニアってことで、拝観の後、仏像談義で多いに盛り上がります。
僕は去年、山科のSさんという人と10年来の親友か!?ってな勢いで盛り上がり意気投合しました。


そして今年2012年・地蔵盆、2度目となる智恵光院。

去年同様に檀家さんが20名ほど・・一般参列は10名ぐらいに増えていました。
それでもやっぱり・・「摩訶不思議・六臂地蔵
」の開帳にしては少ない気もしますが、この雰囲気も大切に思えます。

一般参加者の中には「六臂地蔵」を撮影しようとして注意される人も・・
その後も懲りずに盗撮してたようだけど、こういう人が増えると一般人の参加を断られるって事態にもなりかねないので、マナーは守りたいとおもいます。


法要の途中から雲行きが怪しくなり、雷も鳴り始め、ついにはポツポツと・・

「地蔵盆の今日は福田寺で龍神さまが開帳になってるんだ・・」(新TV見仏記Vol.3)と思うと、なんだか嬉しくなってきました。


今年も焼香と六臂地蔵との再会に大満足!


あれ?そういえば・・・去年お会いして意気投合した山科のSさん今年は来てないなー。
と思っていたら、雨の降る境内を「Tさ〜ん」と僕の名前を親しげに呼びながら嬉しそうに近寄ってくるSさんの姿が・・

無事Sさんとも再会を果たしました。


僕が拝観の後、話をしていたAさんもSさんが滋賀県で意気投合して知り合いになったという事が判明!!
3人で大いに盛り上がりました。

お互いに連絡先を交換しようか?という話にもなったけど、またドコかで偶然出会うのも楽しいし、そして何よりも「また来年智恵光院で再会しよう」ということになり、日の暮れた智恵光院を後にしました。


摩訶不思議な六臂地蔵が取りなす不思議な縁だな〜。また来年の地蔵盆が楽しみ。


拝観料:境内無料

御朱印
ありません。

お土産

六臂地蔵が取りなす不思議な縁

【京都地蔵盆-01:引接寺】千本えんま堂・小野篁作閻魔王像

智恵光院の小野篁作『六臂地蔵』の開帳が夕方からなので、先に閻魔さまにお参りすることにしました。

六道珍皇寺に小野篁作と伝わる閻魔像は先日(8月9日)に拝観済みなので、今回は引接寺(千本えんま堂)に行くことにしました。

本堂は正面からではなく向かって左手から昇殿するようになっています。
お寺の方の話によれば「お白州(裁判所)」形式になっているそうです。
本堂、正面にはすだれで隠されているものの、一目でそれと判る存在感!閻魔さまがおわします。

お寺の方から京都の風葬の習慣や小野篁の伝説と寺伝などの説明を聞いたあと、すだれがあがりご開帳となります。
内陣に入って焼香して近くから迫力の閻魔王を拝観!

閻魔三尊形式で左右には司命・司録が従っています。


a38daa37.jpg


閻魔王は十王のうち五・七日の裁判を担当します。



4a86972d.jpg


司録尊は供生神といわれ、人間が生まれた時に毛穴に入って、その人の一生の行いを記録するそうです。


b81c2785.jpg

司命尊はえんま帳に記録された行いを閻魔王に証拠して報告する係だそうです。


本堂の脇には引接寺はもちろん、あの世と関わりの深い小野篁像が安置してありました。

ca39db28.jpg



寺名:引接寺

訪問日:2012年8月23日

所在


拝観可能な仏像

閻魔王
司録尊
司命尊
小野篁像

撮影の許可をいただきました。


拝観料:境内無料

御朱印
8b192910.jpg



以下、当ブログの六道・地獄に関する記事へのリンクです。


人は死んだらどうなる?長岳寺

全興寺:地獄は地域コミュニティ

子育て幽霊飴(六道まいり)

六道珍皇寺の小野箼と閻魔像

説話/伝説 小野篁(おののたかむら)

まんが日本昔ばなし「子育て幽霊』

京都地蔵盆:智恵光院・六臂地蔵

京都地蔵盆引接寺・小野篁作閻魔王像

六観音が一堂に会する千本釈迦堂

【小満】第二十三候:紅花栄(べにはなさく)


【京都・伏見:長建寺】弁財天が本尊!お守りが凄い!

伏見といえば酒蔵。

酒蔵が建ち並ぶ川のほとりに長建寺はありました。

水のある所、弁財天あり。

長建寺は弁財天を本尊とする珍しいお寺です。

d344be0c.jpg


寺名:長建寺
訪問日:2012年6月28日
所在

京都市伏見区東柳町511


拝観可能な仏像

八臂
弁財天:(秘仏、元旦〜15日)
宇賀神(秘仏?)
裸弁天(秘仏?)
青面金剛
不動明王
役行者(半肉彫)

撮影不明


感想

絵銭をコレクションしています。

絵銭って古銭を模した縁起物です。菩薩や明王などの名前と姿が鋳造されていて、棟上げの時に納めたり、お守りとして持ち歩いたりしたようです。
八体仏のモノが有名で、その他にも弁財天、妙見菩薩、役行者、毘沙門天など珍しいものもあってオークションではそこそこ高値で取引されています。

そんな絵銭を調べている時に『伏見・長建寺』を知りました。
ココのお守りは古銭の形をしていて、いわゆる絵銭です。


ところが、そのデザインがハンパなくパワフル!
これは買うしかないでしょ!といそいそと出かけてきました。


お目当ての絵銭お守り以外にもおみくじの祖・元三大師が考案した由緒正しいおみくじを現代風にアレンジしたオリジナルみくじがあったり、珍しい半肉彫の役行者が居たり、楽しめました。

d2c5f8f1.jpg

↑背面を省略する珍しい半肉彫の役行者



そして本題!

絵銭お守りを買おうと、決して広くない境内をウロウロ・・三周ぐらいしたけど、それらしき場所は閉ざされています(汗

ご住職のお住まいであろう建物のインターフォンを押してみるも、応答なし(大汗

弁財天のご加護はないのか・・と途方に暮れて、最後の手段として電話を掛けてみることにしました。

インターフォンでお留守なんだから電話も繋がらないの可能性大ですよね・・


ところが、電話がご住職のケータイへ転送されました!

弁天様のご加護かな?


ご住職は僕の地元兵庫県の某お寺へお出かけ中とのこと。
今、お参りを済ませてお守りを買いたくて電話した旨を伝えると、賽銭箱に代金と送料を納めれば後で送ってくださるとのこと。

弁天パワー炸裂!!

志納用に持ち歩いてるポチ袋に代金を入れて賽銭箱に投入してお寺を後にしました。


・・・
待つこと2日

30日に速達でお寺の縁起や刊行物と共に『念願のお守り』2種が届きました。



73a0a2ab.jpg

↑この意匠は凄い!

a3c79908.jpg

↑宝貝だそうです(でも女陰銭でしょ?)説明書きと共に


このお守りの発展形のキーホルダーも買いました


拝観料:境内無料

御朱印
300円
(今回はいただきませんでした)

お土産
宝貝お守り

【京都:夜叉】東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち

久しぶりに東寺と六波羅蜜寺に行ってきました。
もちろん東寺・講堂の立体曼荼羅〜霊宝館、観智院、六波羅蜜寺の空也上人などなどもシッカリ見仏してきたたけど、詳しい記事がネットにはいっぱいあるので、今回は夜叉神だけを記事にします。


寺名:東寺と六波羅蜜寺

訪問日:2012年4月6日


所在と最寄り駅

【東寺】
京都市南区九条町(市バス「東寺東門前」下車すぐ 又は
近鉄京都線「東寺駅」下車徒歩10分)


【六波羅蜜寺】
京都市東山区五条通大和大路上ル東
京都駅 206 系統、清水道下車、徒歩7分




今更、僕が声高らかに言うことでもないのですが、東寺の仏像は凄い!凄過ぎる!そんな国宝だらけの密教彫刻の一群の隠れてひっそりと?祀られている「夜叉神」を見落としてはいませんか?
食堂(焼け焦げた四天王)の南向かいにある小さな祠。
8d7a2d78.jpg

ここに「虫歯にご利益がある」とされる夜叉の雌雄が阿吽形で対になって祀られています。
めちゃくちゃ奇怪な姿です。
伝弘法大師作。
23119ebf.jpg

8f4e93b1.jpg

元は南大門の左右に祀られていたそうです。
全身にある無数の穴は蜂が巣くって出来たもので、不気味さが増幅してますね。

あまりスポットを浴びることがないのでつい見落としがちだとおもわれます。
祠を覗けば面妖な夜叉神を拝めるので是非、勇気を出して覗いてみてください。

脚光を浴びまくる美男子仏像や迫力満点の仏像達の前では分が悪いですが、一応、物販コーナーではB3サイズのポスターや「食べるお守り」として夜叉キシリトールラムネなどグッズ展開もしています。



続いて六波羅蜜寺に行ってきました。
平清盛ブーム?の影響なんでしょうね。
縁日でもない平日の六波羅蜜寺でこれほどの参拝者を見たのは初めてです。
きっと平清盛ツアーなんかの企画で押し寄せてるのだとおもいます。
今年は本尊十一面観音の開帳の年にあたるし、秋はドラマも終盤を迎える頃なのでますます人気のお寺になるに違いないです。
宝物館では平清盛像が空也上人の隣に引っ越してきていました。
狭い宝物館はかなり混雑していて、分別盛りのオジ様が平気でデジカメで撮影しまくってました。
当然、見つかり注意されて「撮影禁止って書いてないのに」と逆ギレしてました。

しっかり正面に撮影禁止とかいた札が立ててあるし、まぁどこも大体撮影禁止でしょ?
それより閻魔さんの前ですよ・・
大人しくしておいたほうが、のちのち良いのでは?

そんな六波羅蜜寺の本堂の右奥の薄暗い厨子の中に・・不気味な感じのする夜叉神が対でいらっしゃいます。
やはり空也上人の前では分が悪いかな?
見落としてませんか?



夜叉って雌雄対が一般的なんですね。
元はインド神話のヤクシャ(男性)とヤクシニー(女性)なので仏教に取り入れられても明確に雌雄があるようです。

興福寺・八部衆の
鳩槃荼が夜叉に相当するそうです。こちらはあまり鬼神なイメージではないけど、憂いのある興福寺・八部衆の中にあって独特な雰囲気を醸し出してます。

ヤクシニーで(夜叉の女性形)で一番印象的なのは大阪生駒の宝山寺にある湛海作の「薬厠に(文字が出ない)像」こっちは打って変わって鬼神丸だしの恐ろしい形相の像です。
00595
宝山寺のヤクシニ像



夜叉ではないけど福田寺の龍神さんも奇怪な面妖で東寺・六波羅蜜寺の夜叉と通じるものがあります。
朽ちっぷりかな?
ryujin-fukudenji
福田寺の龍神まだ、見たことがないので開帳に合わせて出かけてみたいとおもっています。





お土産


f4f8d1a1.jpg


キシリトール、夜叉ラムネ。600円

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ