Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

大阪府

【立夏】第十九候:蛙始鳴(かえるはじめてなく):瀧安寺〜箕面の滝〜GIANT大阪店

立夏、5月5日頃。いよいよ夏の始まりです。陽も長く、陽射しも強くなって来ました。
アウトドアのレジャーいはUV対策も欠かせませんね。日焼し過ぎていま両手がヒリヒリしています。

蛙始鳴、2015年5月5日〜9日頃。春先に冬眠から目覚めた蛙が鳴き始める季節。
僕の住んでる地域では水田に水が張られて、ようやく蛙の鳴き声が聞こえ始めます。
これは農家の人がどこかから蛙を持ってきて水田に放してるんでしょうか?それとも干からびた固い土の田のどこかに身を潜めているのか・・・謎です。

大阪・北摂ではとても有名な『箕面の大滝』
先日、登山仲間からウォーキングに誘われていたんですが、朝起きれずに不参加でした。。
久々の箕面の滝と龍安寺に行けなく残念だったので改めて一人で。自転車で。


ポタポタのんびりと滝安寺の山門に到着。
「下馬」の立て札は見かけなかったのですが、多分のこの辺りは下馬ポイントなハズなので、自転車は押しました。


青い空と新緑に朱が映えます

観音堂にお参りを済ませ、観音堂裏手の護摩壇横の石段を登り行者堂、弁才天堂、恵比寿・大黒堂にも参って境内に戻ってきました。

さぁいよいよ楽しみにしていた朱印をいただきに寺務所に向かいました。
なにしろここ『瀧安寺』は日本で最初の弁財天を祀ったお寺で日本四弁財天に数えられているそうです。

僕は宮島弁財天「大願寺」のオリジナル朱印帳に、宮島「大願寺」、竹生島「宝厳寺」、「天河弁財天社」集め、今年の正月にも六波羅蜜寺の弁財天を加えて、着々と弁財天の朱印コレクションを増やしています。
なので当然「瀧安寺」の弁財天の朱印をゲットしなければなりません。

お寺の方に朱印帳を手渡すとハンコが捺され、その上から勢いのある文字がしたためられていきます。
あまりガン見も失礼かと少し目を放した時、事件が起きました。

「トントン・パンッ!」弁財天専用の朱印帳に役行者さんの朱印が押された音でした。

『あ〜っそれ弁天さんだけの朱印を集めてるんですけど』

弁天さんの朱印コレクションを増やすために滝安寺に来たのに、まさかの弁財天朱印コレクション終了。

お寺の人は中途半端な仕上がりの朱印帳を手にクールに「ではこのままお渡ししましょうか?」

えぇーーーっ汗

中途半端なままはあまりにも酷いので、弁財天朱印帳に行者さんの朱印を書き上げてもらいました。

全力で平静を装い「ありがとうございました」と言って朱印帳を受け取りました。
立ち去る僕の背中に、お寺の人の声が投げかけられました「よーおまいり!」

ピキッ
(修行、修行、これはきっと行者さんとの仏縁に違いない)

さっ。気持ちを切り替えて箕面の滝を見に行こう。


箕面駅から滝までの路を最初から最後まで舗装されているので、自転車でも楽々上げれるし、もちろん子供でも余裕。ベビーカーを押して上がって来る人もいました。


安全にゆっくり下山して、箕面にある「GIANT大阪」に寄り道。


マディフォックスがベランダでバラバラになって放置されているので、通勤兼用ではなく、レジャーやトレイル用にもう一台欲しいです。


そろそろGIANTの創業者の誕生日。世界中でGIANTがお祝いRUN(5/15〜17)をすることでしょう。


よし!これ買おう!って簡単に手を出せる値段ではないので、コイツを目標に貯金を始めることにします。

お金がいっぱい貯まるように弁財天さんにお願いしなければ!

【大阪】勝鬘院:愛染まつり期間中に秘仏・大日大勝金剛尊がご開帳

見仏日:2014年7月1日

毎年6月30日〜7月2日は大阪四天王寺の勝鬘院で愛染まつりが開催され、期間中は愛染堂の特大愛染明王と多宝塔の摩訶不思議!十二臂の大日如来・大勝金剛がご開帳になっています。

2014-07-01-16-06-38

最寄り駅の『四天王寺前夕陽ケ丘(5番出口)』から境内の中までズラりと屋台が並び賑わっています。

2014-07-01-16-11-45


境内では憤怒の愛染明王とは対称的な別嬪さんな愛染娘さん達が浴衣姿に身を包み、微笑みながら愛嬌を振りまいていまいした。

2014-07-01-16-15-03
↑愛染明王

2014-07-01-16-18-36
↑愛染娘

とは言うもののこの優しげな表情の愛染娘達もあと何年かすると憤怒相を露にするんだろうな・・と思うのです。

そして多宝塔の扉が大きく開かれ、塔内に充満していた摩訶不思議!異形!十二臂の大日如来、最高仏尊としてあがめられている大勝金剛のパワーが一気に大阪の街に解き放たれておりました。
2014-07-01-16-24-15

愛染まつりは6月30日(夏越しの祓)から7月2日(半夏生)までなのですが、関西では半夏生の日にタコを食べます。
きっと愛染まつりの屋台のたこ焼き屋さんも大繁盛に違いないですね。

【大阪/廃寺】修験の山・行者山から月峯跡への道:その2

・・・『修験の山・行者山から月峯跡への道:その1』からの続き

行者山山頂から更に剣尾山を目指します。

北摂では多分、一番人気の山域なので登山道もシッカリ整備され標識もあります。なお、行者山山頂から月峯寺跡までは一本道なので道迷いの心配もありません。

でも、ここからはガチな登山要素も含まれてきますので軽装でのアタックは控えてください。
登山装備で出かけましょう。
行程もそこそこ長くなります。下山まで含めると行者山山頂から3時間は必要。

時間と体力と相談しながらゆとりをもって行動しましょう。
家に無事帰るまでが見仏ですよ〜


2014-06-19-11-22-35
本当に風が良く通る気持ち良い「風の峠」

2014-06-19-11-35-38

炭焼き窯跡です。
炭作りに利用するためか、このあたりはクヌギなどの広葉樹がとても多く生えています。
そのおかげで生態系もたいへんゆたかでニホンジカがよく通る声で鳴いています。
その他イノシシやヘビなどもいます。

そして登山道のポイントにもなっている「六地蔵」

2014-06-19-11-49-23

六地蔵の周りには石仏がゴロゴロ
2014-06-19-11-48-31

石切り場だったんでしょうか?石仏の材料だったんでしょうか?
ノミ跡の残る巨石の手前に沢山の石仏と五輪塔が並んでいます。

「六地蔵」まで来ると「月峯寺跡」はもうスグそこ!です。
あとひと頑張りしてください。

2014-06-19-11-52-52
石仏マニアや廃寺マニアの方々にはたまらない光景なはず!

2014-06-19-11-54-29

打ち捨てられたのか?倒壊したか?焼失したのか?なぜ廃寺となったのか?僕の宿題です。

2014-06-19-11-53-00

礎石だけが残る古代の廃寺跡とは違い、月峯寺跡は石垣やあか井の跡も生々しいので、想像力の乏しい僕でも、月峯寺の伽藍配置や篤く信仰されていた様子が目に浮かびます。

2014-06-19-11-53-14

文化財であることは勿論、現在でも信仰の対象でもあります。みんなで大切にしましょう。

2014-06-19-11-52-26

埋まり具合がカッコいい!

2014-06-19-11-54-07

↑種字なんでしょうけど、どの仏のモノかは知りません。これも宿題。

2014-06-19-11-55-55

あか井跡

2014-06-19-11-55-31

お堂の跡

ここまで来たら剣尾山の山頂は目と鼻の先。行かないと勿体ないです。
展望がひらけていて、天気が良いとかなりの絶景です。
2014-06-19-12-51-25





【大阪/廃寺】修験の山・行者山から月峯跡への道:その1

『行者山』から北摂の名山『剣尾山』を目指し『横尾山』とつないで歩きます。
登山コースとしてもなかなかタフで楽しいコースなのですが、今回はこのコースを見仏人目線で紹介したいとおもいます。


『行者口』バス停からキャンプ場の方面へ向かって歩くと旧月峯寺の塔頭であった「玉泉寺」へ突き当たります。

「玉泉寺」の角を曲り山に入っていきます。キャンプ場向かいのトイレの奥の脇道が行者山登山口となります。

※初めてだとちょっと解りにくく直進方向に誘われてしまう道なので気をつけてください。

直進方法に行くと不動明王の磨崖仏や弁天岩など見所もあります。見仏したら引き返して行者山、山道に入りましょう。
kenbi-fudou
↑不動明王の磨崖仏

行者山山道を歩くと、そこが修験の山であることがヒシヒシと伝わってきます。
名所のようにそびえる奇岩には磨崖仏が彫られていて、展望が開ける絶景ポイントはいわゆる「覗き」の行場だったります。

kenbi-dainichi
↑大日如来の磨崖仏

2014-06-19-10-59-29
↑巨大な岩の下には祠がそのとなりは行者堂です。

2014-06-19-10-59-45
↑裏手に廻ると役行者が爪で岩を彫ったという伝説の自刻の像があります。

2014-06-19-11-01-38

枝道の急峻な斜面に取り付けられたロープをよじ上ると

kenbi-rigen
↑修験道中興の祖で醍醐寺の開祖、理源大師・聖宝の磨崖仏があります。
修験の山には役行者は付きモノですが理源大師の像まである山ってそんなにないのではないでしょうか?かなり本格的な山岳信仰のお山です。


他にも「胎内くぐり」や「覗き岩」など名所が沢山あります。いろいろ巡りながらでも2時間あれば行者山山頂に辿り着くことができます。

結構ガチな登山になるのでそれなりの装備を!そして当然ですが、山中には自動販売機やコンビニはありません。飲料水、食料などは必ず持参しましょう。

次回「その2」は行者山山頂から、廃寺「月峯寺跡」までの道案内です。





【大阪】国宝・秘仏千手千眼観音坐像ご開帳〜葛井寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、葛井寺の国宝・千手観音は西国三十三札所の本尊でもあるので三十三所朱印帳にまた朱印が1つ増えました。
あといくつで満願かな?
三十三所朱印集めも始めてみると信心というよりコレクターの血が騒いで楽しくなってきました。

2014-04-18-15-12-37

西国三十三所札所の本尊開帳とあって、観心寺、道明寺よりさらに混雑していました。

Fujiidera1000

千手観音像は42本の手で「千手」みなす形式の像が主流ですが、ガチで1000本の手を持つ像もあります。
実際にはここ葛井寺の千手観音は持物を持つ大きな手が38手、小さな手が1001手の1039手観音です。解体修理の際に学芸員の方がコヨリを結んで数えたそうです。
制作当初は1042手だったのかもしれないですね。
この過剰な手の像を見ているだけで仏師の鬼気迫る執念が伝わってきます。

境内には今が盛りの藤が綺麗に咲いていました。

2014-04-18-15-34-04

入る時には気付かなかったんですが、仁王門の裏に地獄絵が描かれていました。
千手観音は六道のうち餓鬼道を守る観音でもあります。

2014-04-18-15-35-21



ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ