Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

謎の神

【尼崎】オラが町・尼のローカルゴッド『残念さん』の墓参り

訪問日:2014年5月17日


幕末、長州藩を中心とする尊攘派と会津藩・薩摩藩などの公武合体派が戦った『禁門の変/蛤御門の変』がありました。
長州藩は一日で敗北。兵の多くは西国街道を敗走し、海路長州へと引き揚げていきました。

尼崎藩は長州藩兵を捕縛するため伊丹に派兵して西国街道を押さえますが、多くの長州藩兵はすり抜けました。

しかし運悪く捕縛された長州藩兵もいました。

山本文之助もそんな運の悪い長州藩兵の一人で、7月20日尼崎城下への北東の入口である大物北ノ口御門で捕えられ自害して果てました。


文之助は死に際に

「わずか4万石ほどの大名に捕まったのは『残念』で口惜しい。もし口惜しいことがあれば一つだけ願いを叶えてやろう」

と書き残して切腹したそうです。

文之助の死後、墓碑が建てられ供養され、人々が参詣するようになると、どんな病気でも「口惜しい」と願えば全快すると評判になりました。

2014-05-17-13-15-40


そして文之助の墓碑への参詣はブームとなりました。
余りの参詣人の多さに尼崎藩は垣を張り巡らせ、役人が参詣を制止しても、民衆は墓所を目指したそうです。


そしていつの頃からか文之助は『残念様』と呼ばれるようになりました。とさ。


この異常な民衆の高揚に危機感を持ったのでしょうか、元治2年5月17日、大坂町奉行所が参詣を一切禁止したと記されています。

〜以上、「尼崎市立地域研究史料館HP」と「南部再生」より抜粋、加筆再編。


現在も参詣する人が後を断たず。というような賑わいはありませんが、病気平癒(なかでも歯痛)、学力向上にご利益があるとされ、墓地の管理所でお守りも販売されています。

2014-05-17-14-33-58

そんなに歴史の古い神様ではありませんが、『残念さん』というネーミングがなんとも尼っぽくていいですね。
さらに「オラが町・尼!」を主張する『尼崎市史跡』の刺繍が入ったお守りも素敵です。
自分のご利益用としては勿論、阪神間で残念な町尼崎のちょっと変わったお土産にも是非!


『残念さんのお墓』は住宅街の普通の墓所の中にあります。一般のお墓参りの方もいらっしゃいますのでマナーを守って参詣しましょう。


2014-05-17-13-17-07


場所:兵庫県尼崎市杭瀬南新町4-13[杭瀬東墓地]
阪神大物駅より徒歩5分

【土鈴】摩多羅神(広隆寺・牛祭り)


土鈴は神々を招く楽器であり、魔除け、厄除けのお守りとして、民芸品のお土産として親しまれています。
その起源は太古にさかのぼり、なんと縄文時代の遺跡や古代の祭祀遺跡からも発見されているそうです。


今回、僕が入手した土鈴は当ブログでも度々話題にとりあげている、僕の大好きな謎の神「摩多羅神」のモノです。

image

二面になっています。

image



以下のリンクは摩多羅神についての僕のブログの過去記事です。

●2012年08月09日「遂に摩多羅神と出会う!」
●2011年04月14日「謎の神1摩多羅と摩多利」

いくら調べても来歴不明の謎の神様で、そのミステリアスな感じだけで、十分パワフルでマジカルな神様です。



国宝第一号の仏像「宝冠弥勒菩薩」で有名な京都、太秦「広隆寺」にこの摩多羅神を主神とする『牛祭り』というお祭りがありました。
今宮神社のやすらい祭と鞍馬の火祭と合わせて京都三大奇祭と言われていたそうです。

img_1218546_33376848_0


o0480031812553739428-1

matara


牛祭の由来は、恵心僧都・源信(往生要集「死後の世界」を書いたお坊さん)がお告げを受け、摩多羅神を守護神にして厄よけ神事を行ったのが始まりだとか。

牛祭の内容はブキミな白面を付けた摩多羅神役が牛にまたがり、赤鬼と青鬼を従えて練り歩き、お堂の前で長い祭文を読み上げる。といったものだったそうですが、現在は諸事情で開催されていません。

牛祭りの様子は実際に体験したみうらじゅん氏の著書「とんまつりJAPAN」に詳しいのでソチラをご一読ください。←amazonへリンクしてます。

Ushimatsuri



この不気味な白顔の摩多羅神のお面はナント!画家、富岡鉄斎のデザインです。参加者にはこのお面が授与されていたそうです↓

c_201304

↑牛祭りで授与されていたお面。ヤフオクで5000円ぐらいで取引されています。


摩多羅神は天台宗において常行堂の後ろ戸に祀られる守護神として有名ですが、芸能の神としての一面も良く知られています。

2fcad76f

とくに絵画では
陽気に(不気味に)鼓を打ち鳴らし、丁禮多(ていれいた)・爾子多(にした)のニ童子をまい踊らせる姿が描かれていますし、談山神社には桃山時代の摩多羅神の能面が伝わっています。

lrg_20760573

↑談山神社に伝わる「摩多羅神」のお面


牛祭りの主役の摩多羅神もお面を付けているので芸能の神としてのご利益を兼ね備えていたんでしょうか。

とにかくこのお祭りが見れないのは残念です。


摩多羅神は祟るとして恐れられてもいますが、富岡鉄斎デザインの摩多羅神はちょっと不気味だけどユーモラスなので傍らに置いていても大丈夫そうです。(キモカワと言ったら祟られそうなので控えます)

摩多羅神像は
岩手の毛越寺(33年に一度開帳)
島根の清水寺(収蔵庫開扉中は拝観可能)
があります。
img_1601717_46233413_2


9623e48f


他に摩多羅神像が拝観できるお寺をご存知の方、是非ご一報くださいませ。


遂に摩多羅神像と出会う!京都国立博物館『大出雲展』


以前よりどうしても、どうしても実物を観たかった摩多羅神についにお目にかかることができました。
古事記編纂記念で京都国立博物館にて『大出雲展』が開催され、島根・清水寺から摩多羅神が出展されていました。

imgview-1

まがたまなど他の出品には目もくれず摩多羅神に釘付け!

e4c5eb0b.jpg


三十三間堂に立ち寄った後、六道参りを済ませて帰りました。



久しぶりの京都市内中心部の見仏はとても充実しました。


【疑問】妙見菩薩と大将軍

園城寺にある尊星王・妙見菩薩と能勢妙見とは像容があまりにも違い過ぎて、素人としては同じ仏尊とは理解にしくいです。
myoukensonjyou
妙見菩薩↑


nosemyouken daishougun-narahaku


能勢妙見↑(上/左)  大将軍神↑(上/右)奈良国博収蔵     


というより能勢妙見が方位神の大将軍とソックリ過ぎるので、能勢妙見は本来、方位神なのでは?とシンプルな疑問を持ってしまいます。


素人考えでは能勢型の妙見菩薩は七曜日の惑星に関連のある方位神が北斗七星信仰と混淆して中心の「北極星である妙見菩薩」が大将軍と同体視された結果。なんて思いたくなります。

京都の大将軍八神社の宝物館で正面に安置されている神像群を北斗七星とするような説明を受けて驚きました。

方位神が九曜(惑星)に比定されているのは知っていましたが、北斗七星が混淆したような歴史はあるんでしょうか?

でもこうなると、鎮宅霊符神=妙見菩薩=大将軍=牛頭天王はみんな同体となって僕はもうワケがわからなくなっていまします。

【博物館:ふるさとミュージアム山城】松尾神社の牛頭天王像



施設名:ふるさとミュージアム山城(京都府立山城郷土資料館)

11e5a74c.jpg

訪問日:2012年4月7日


所在と最寄り駅

〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛千両岩
TEL 0774-86-5199 FAX 0774-86-5589

月曜休館

特徴など
南山城地区は、観音寺、神童寺、蟹満寺、禅定寺、岩船寺、浄瑠璃寺、など名仏揃いの寺院が点在する仏ゾーン。
ふるさとミュージアム山城はその南山城地域の歴史と文化を紹介する郷土資料館。
仏像の収蔵は数点しかありませんが、なかなか見ることのできない牛頭天王像が常設展示されています。

拝観可能な仏像

牛頭天王像(松尾神社より寄託)
毘沙門天像

撮影不可

注意書きには撮影は許可を得てください。とあったので申請したけど許可されませんでした。


感想
目当ては牛頭天王像のみ。
受付を済ませて血相を変えて展示室へ。
入館の際「牛頭天王はどちらですか?」などと聞いたせいか、係の方が2名、像の説明に付いてくださいました。
展示されていたのは思っていたより小さいサイズの座高約50cmの四面二臂の半跏踏み下げ像。
写真で見ていた像の容貌から大将軍八神社に収蔵されている神像群ぐらいの物を想像していました。

gozutennou-mastuo

それでも堂々たる体躯に甲冑を見事に着こなし檄を取り四面の頭上に牛頭戴く姿に惚れ惚れしました。
表情も豊で口は歯も表現されていて目を見開きコチラを見据えています。
威嚇するうなり声が聞こえてきそうです。

展示されている像も虫食いが結構目立つものでしたが、この像と対象の姿の牛頭天王像がもう1体あるそうなのですが、さらに痛みが酷く展示できない状態とのこと・・
神像ってどうして虫に喰われて朽ちてるのが多いんでしょうか。

ブログ内リンク→【謎の神2:牛頭天王】

入館料
200円


お土産
企画展の図録など

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ