Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

秘仏

【滋賀県:園城寺】智証大師円珍生誕1200年記念秘仏開帳:黄不動尊・智証大師・如意輪観音

見仏日:2014年10月30日(快晴)

三井寺(園城寺)には、これまでに何度か訪れていて、以前の自分はどんな感想を持ったのかな?と記事を振り返ってみようと自分のブログ記事を検索してみたのですが、なんと記事が1つもみつかりません。
頼豪阿闍梨が妖怪鉄鼠になる話も好きですし、「黄不動尊」の朱印を貰いたくて智証大師の開帳の10月29日を狙って訪れたこともありました。
尊星王像など仏像も印象に強く残っているお寺なので、ブログ記事も何度も書いている気になっていました。



今回は黄不動との対面、これはブログをかかなければ!

今日の三井寺も快晴でした。
仁王門をくぐり、拝観料を支払って、釈迦堂の前に立つと広い境内の様子を思い出してきました。懐かしみながらのんびりと金堂に向かって歩きます。
ゆるやかな坂を登り切ると、「近江八景」のひとつ「三井寺の晩鐘」そして仏像目白押しの金堂。


でも金堂は法要中だったので遠慮してイキナリ、メインディッシュから!



今回は、毎年10月29日に開帳される『智証大師(中尊)』に加え
中尊・智証大師のオリジナル像である『骨大師(体内に智証大師の遺骨が納入されているそうです)』
さらに智証大師がインスパイアードした『黄不動立像』の秘仏三体の厨子が一斉に開扉されていました。
このように3体揃いの開帳は24年ぶりの希有な状況だそうで、色んなお寺のおお坊さんたちもこぞって参拝にきていました。

着色は金泥だと思いますが全身が鈍くくすんだような輝きです。金泥は金箔ピカピカの仏像にくらべてリアルです。

黄色不動、やはり膝小僧を見せているのが最大の特徴ですね。

躍動するのにに裾がバタついて邪魔だったんでしょう、たくし上がって両膝が見えている不動は、全身に生気をみなぎらせ、今まさに動きだしそうでした。

このあと、絵画の模写も沢山みましたが、どの金色不動も黄不動もすべて膝小僧をだしていて、ワンパクでたくましい印象でした。


しばらく来ない間に・・・

なんと収蔵庫が完成していました。
収蔵されている寺宝はまだまだ少なく、グッズ展開やお土産品もこれから充実するのかな?という感じでしたが、仏像群は凄かったです。これまで月一回の開帳だったりした秘仏が一斉にお目見え。
以前は微妙寺にいた寸詰まりにデフォルメされた親しみが湧く秘仏「十一面観音像」や月に一度お目見えする「訶梨帝母」が居て娘の「吉祥天」も里帰り中でした。

そして「頼豪阿闍梨=鉄鼠」のお宮「ねずみ宮」は毎回お参りしています。



天台宗・寺門派三井寺の高僧、頼豪阿闍梨が妖怪・鉄鼠に変化して、天台宗・山門派(比叡山)を配下のネズミを引き連れて襲撃し、経文を食い荒らしたり、仏像を破壊した。と伝わります。
これには色々と因縁があるのです。

そのあたり事情は興味のある人、ご自身に調べてもらうとして・・・
この頼豪阿闍梨。実は「新羅明神のモデルなのではないか?」という説を唱える研究者がいらっしゃいます。
とっても説得のある説なので機会があれば、山本ひろこ先生の著作「異神」をご一読ください。
僕は3読ぐらいしてもまだ理解できていませんが。

まぁ、呪術を使いまくったり妖怪に変化しちゃったり、頼豪阿闍梨はかなり僕好みな方でもあり、日本5大超人?の内の1人と数えて良いのではないでしょうか?

あとのメンバーは
役行者、空海、阿倍清明。ここまではどなたもそんなに異存は無いとおもいますが、あと2名。僕は頼豪阿闍梨と参議・小野篁を推したいです。

また、いつの間にか話がそれていますが、観音堂で両脇に毘沙門天と愛染明王を従える、ゴージャスな宝冠がよく似合う麗しい如意輪観音を拝観いたしました。
きっと徳の高さに加えこの美貌もあって毘沙門天と愛染明王を従えているに違いないと、煩悩まみれな想像をしてしまいました。


そして、下山。

恒例となったおとなりの円満院門跡で「うすさま明王」のお札をいただきました。
言わずと知れた元祖トイレの神様ですね。


そして『大津市歴史博物館」では三井寺の開帳に合わせて、三井寺やその影響下にあったと思われる寺宝を集めた特別企画展が開催されていました。


年一回の秘仏「護法善神像」「新羅明神(画像)」「尊星王(画像)」など見応えタップリの展示内容でした。
特に「肥満新羅明神」「初老新羅明神」「痩身新羅明神」が良かったですね。
このように絵画の変遷を見ていると、やはり頼豪阿闍梨とオーバーラップして「高僧としての頼豪阿闍梨」「禁断の呪詛を行う頼豪」「妖怪に変化して比叡山を襲う鉄鼠」というストーリーが頭の中で展開してしまします。



大満足・・お腹いっぱいです。


『黄不動尊』の朱印もいただきました〜



赤・青どーしよ〜

【GW見仏三昧:奈良-吉野編】金峯山寺蔵王堂開帳〜吉野山周遊

見仏日:2014年05月04日

※このブログ記事には『金峯山寺・蔵王堂→東南院→吉水神社→大日寺→竹林院→桜本坊→如意輪寺』
が登場します。この内、竹林院と吉水神社は初訪問


吉野のお寺を訪れるのはこれで4度目。
GW期間中ということもあり、3日の夜に吉野入りして車中泊で朝イチで蔵王堂を拝観する作戦です。

吉野には毎回、蔵王堂が開帳されている時に来ているんですが、アノ蔵王権現にまたお目にかかれるかと思うとワクワクしてなかなか寝付けませんでした。

どうにか朝を迎え、すでに賑わう参道のお土産物屋さんを物色したい誘惑を振り切って金峯山寺へ。

2014-05-04-08-30-48

今回の蔵王堂の開帳は「世界遺産登録十周年記念」と「国宝仁王門修理勧進」によるものだそうです。

短い石段を上り仁王門をくぐるとグラウンドのように広がった境内をを取り囲むようにお堂が並ぶちょっと変わった配置です。広い境内の中にあってもなお大きくそびえ立つ蔵王堂の前に立つと期待で脳内BGMのボリュームもMAX。

2014-05-04-09-30-49

昇殿して「蔵王権現」は最後のお楽しみに残しておこうと、頑張って眼を背けるんですが、眼が吸い寄せられてしまいました。
今にも襲いかかってきそうなポーズで恐ろしい形相をした巨大な蔵王権現が僕を睨みつけています。
身がすくみ、捕われてもう絶対に逃れられないような諦めのような心境。

2014-05-03-00-16-02


知り合いでこの蔵王権現が可愛く見えたという人がいました。きっと清らかな心で真っすぐ正直に頑張っている人には守り神のような存在に思えるんでしょうね。僕のような煩悩まみれな人生を送っていると蔵王権現が恐ろしくてなりません。

蔵王権現の前でひざまずいて、それでもあれこれと厚かましいほどお願い事はしっかりして金峯山寺を後にしました。


そして次に『東南院』

2014-05-04-10-09-47

ここは多宝塔の中にも入らせてもらえて、多宝塔の中にいる大日如来を拝観することができるので、気に入っています。

2014-05-04-10-07-16




『吉水神社』は初訪問です。

2014-05-04-10-17-43


吉水神社に居る前鬼・後鬼は目が赤くギラギラ光っていました。
役行者の眼光も鋭く、今までみた役行者三尊の中で一番の目ヂカラでした。

2014-05-04-10-37-05


なぜか境内に『セーマンドーマン(安倍晴明と蘆屋道満の名前に由来、安倍晴明の印、五芒星と九字紋が書かれた魔除け)』がありました。
陰陽道と何か縁のある神社なんでしょうか?

2014-05-04-10-40-24

↑伊勢の海女さんさんが身につける魔除け『セーマンドーマン』



そして

そして竹林院〜桜本坊へ。
以前、桜本坊で拝観した役行者の母公椅像はやっぱり秘仏なんですね。いらっしゃいませんでした。



吉野最終目的地「如意輪寺」に到着。
ここの収蔵庫にある曼荼羅は役行者が蔵王権現を感得した瞬間の場面を描いてるんでしょうか、ストーリーを感じます。

蔵王権現像はサイズのせいでフィギュアっぽく感じてしまいますが、超リアルで実在の蔵王権現を観た人が作ったとしか思えません。

2014-05-04-13-48-38


お土産もしっかり買い込み大満足で吉野山を下りました。

2014-05-07-12-02-01


仏欲、物欲ともに満たされ大満足な一日になりました。




【大阪:日本三大如意輪観音】国宝・秘仏如意輪観音ご開帳〜観心寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、観心寺の如意輪観音です。

上で説明したようなお祭り日なので、ツアーも沢山企画されているようで観光バスも何台もあり、境内も露店が並び大賑わいでした。

2014-04-18-11-37-04



地元と言える距離に住みながらこれまでお会いできていなかった如意輪さん。

2014-04-18-12-30-53


やっと会えたというよりは、とても有名な方なので、何度も会ったことがあるような錯覚をしていましたが、これで「西宮・神呪寺」「奈良・室生寺」と合わせて日本三大如意輪観音を見仏満願達成です。

kansinji-nyoirin

よくふくよかで官能的と表現されていますが、僕には肝っ玉母ちゃん的な頼りがいのある如意輪観音に思えます。

多少のことには動じない、そしてパワフル。圧倒されてしまいます。

神呪寺の如意輪観音は呪術的にパワフルさですが、こちら観心寺の如意輪観音は肉体的にパワフルですね。

四天王が守護する須弥壇の左右には扉が閉じられたままの厨子があり、中には不動明王と愛染明王が脇侍として控えてるようです。
右手には小ぶりな如意輪観音もいらっしゃいました。現在の御前立ちなんだろうとおもわれます。



2014-04-18-12-30-31


場所を移して宝物館。

2014-04-18-12-36-35


いやー観心寺は仏像の宝庫ですね。
2体の胎蔵界大日如来、試作の如意輪観音と呼ばれる元御前立ち。金箔がよく残り「顔がピッカピカ」と表現して良いぐらいの釈迦如来と薬師如来と見栄を切るカッコいい邪鬼などなど前回、訪れた時は宝物館は閉まってたのか・・・新鮮な驚きの連続。
中でも特に気に入ったのが厨子入りの念持仏サイズの愛染明王、精巧に彫刻されていて玉眼なのか眼がギラギラと輝いていました。

2014-04-18-12-32-39


観心寺といえばもう一つのお楽しみ「北斗七星巡礼の星塚」があるんですが、もちろん巡りました。でも、ダラダラと長くなりそうなので別記事にします。




【滋賀県・湖北】仏像の宝庫!「戸岩寺・世代閣」と「鶏足寺・己高閣」

見仏日:2014年4月12日

与志漏神社の駐車場は桜が盛りで地元の方々がお花見をしていました。

神社の境内に目的の宝庫!世代閣と己高閣があります。
案内してくださる方も地元の方で格式ばった感じはなく、気軽に招き入れてくださいます。

2014-04-12-15-57-42

己高閣に入るとまずは地方寺院のお約束「解説のテープ」を流していただきます。

テープを一通り聞き終え、案内役の方の説明とも雑談とも付かない話と仏像を肴にした世間話を一緒に楽しみながら拝観しました。

己高閣の十一面観音像は湖北らしい暖かみのあるお姿でとても親近感が湧きます。

yoshiro05

類例が少ないという「七仏薬師像一式」も地元の方が知らずにピカピカに磨いたから重要文化財指定から外れた。とおっしゃっていました。

yosiro01

※僕は何故か七仏薬師も木喰微笑仏で見たことがあります。



世代閣は更に見応え十分!

2014-04-12-16-06-19

なんと言っても下半身のドッシリした薬師如来立像。この立派な体躯を眺めていると、丈夫な方なんだろうなーという安心感があります。この安心感こそが薬師如来のご利益ですね。
ん〜丈夫そう!あえて強調して造ってるんでしょうね。

yoshiro04


そして世にも珍しい買い物袋を手に提げた(エコバッグ先取り?)魚藍観音!
最近の石仏では一体だけみたことがありますが、年代モノではこのお方しかまだお目にかかっていません。

yosirou3


さらにお宝!十社権現。かなり神仏習合なルックスだったので神様の本地仏10体なのかな?
山王権現のおサルさんが可愛いです。

yoshiro02

ふー大満足!

与志漏神社境内には薬師堂と大日堂があり中を覗くとまだまだ仏像が沢山ありました。
年に数回開帳する日があるそうなので興味のある方は開帳日を調べて訪れてみてください。

【滋賀県・湖東三山秘仏開帳-3】秘仏本尊一斉開帳〜生木を彫った十一面観音・百済寺編

見仏日:2014年4月12日
※開帳期間(2014年4月4日〜6月1日)

拝観の受付を済ませ寺務所に朱印帳を預けに行くと、寺務所の中にツバメが何羽も飛び交っていました。
湖東三山の秘仏開帳が始まった4月4日は丁度、七十二候の『玄鳥至(つばめきたる)』にあたります。

2014-04-12-13-34-45


去年の巣に戻って来たんでしょうね。寺務所の中は安全確実。

巨大寺院であったことが偲ばれる、公園の広場のように開けた境内を通って、参道を上ります。
途中、展望が開けて景色を楽しめる場所があったり楽しく歩けます。

2014-04-12-12-56-03

ここの山門も二天門だったかな?かすんだ記憶を辿っても思い出せないので目で確認!立派な仁王さんでした。

本尊の十一面観音は聖徳太子が霊木の杉を立ち木のまま彫ったという伝説(これまた霊木化現仏)があり『植木観音』と呼ばれています。
湖東三山の本尊はどこも伝説に彩られています。
凄まじいパワーを秘めてるに違いないのでお参りした人にはきっとご利益があることでしょう。

秘仏が大好きな見仏人な僕にとっては、滅多にお目にかかれない湖東三山の秘仏を一気に拝観できた。ということだけでも十分なご利益です。ありがたい。

2014-04-16-18-53-51

これ立ち木を彫った仏像は木喰上人の猪名川町の東光寺で子安観音というのを見たことがありますが、樹が自身を治癒しようとするのが像を包み込むように樹皮が覆い被さり天然の厨子のような感じになっていて驚きました。


何かの本で読みましたが西村公朝先生も立木に不動明王を彫ったことがあるそうです。


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ