Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

説話・伝説

【尼崎の怪談】異聞・皿屋敷〜お菊虫(深正院・お菊の井戸)

ローカル(尼崎)ネタの別ブログに書いた記事ですが、同じ物をココにも転載します。

20110825181800!Yoshitoshi_Ogiku
『新形三十六怪撰』より「新形三十六怪撰 皿やしき於菊乃霊」(月岡芳年画、1890年) 


元禄9年(1696年)。尼崎藩主青山播磨守幸督(よしまさ)の老臣、喜多玄蕃の屋敷にお菊という女が侍女として奉公に上がっていました。 

お菊は気だてが良く大層美人と評判でしたが、嫉妬深い玄蕃の妻はこのことが面白くありませんでした。 

ある日のこと玄蕃の妻はお菊を陥れようと、お菊が給仕した喜多玄蕃の御膳の碗の中に縫い針を忍ばせました。 

喜多玄蕃は碗の飯を一口頬張ろうして、針の混入に気付きました。 
玄蕃の妻はすかさず「これはお菊のせいに違いない」と騒ぎ立てました。 

玄蕃は自分を殺害しようと企てたとして激怒。 
お菊を荒縄で縛りあげると逆さに吊るして折檻し、お菊が苦痛のあまり気を失うと井戸の水を浴びせては何日も折檻し続けました。 
そしてとうとうその井戸の中にお菊を投げ込んで殺してしまったのです。 

事の次第を聞きつけたお菊の母、お米は大慌てで喜多宅に謝りにかけつけましたが、既にお菊は井戸に投げ込まれ絶命した後でした。 
その事を知ると母お米も後を追ってその井戸に飛び込んでしまいました。 

この一件があってから喜多家では怪異や祟りが続きました。 
そしてそれは事件として尼崎城主・青山氏の耳に入り、喜多は改易、屋敷は祟りがあると恐れられ廃屋となりました。 

さらに百年の月日が経った寛政7年(1795年)、喜多家の庭に植えられた橘の枝から後ろ手に縛り上げられたお菊の姿をした妖虫が沢山、沢山ぶら下がり恨みごとを唱え、ついには喜多家を呪い滅ぼしました。 

尼崎城下でも折檻されたお菊の姿に似ているという「お菊虫」と名付けられた奇怪な虫が大発生し、人々は祟りがあると恐れました。 

青山氏に変わり、尼崎城主となった櫻井松平忠宝(ただとみ)は「お菊虫は蛹(さなぎ)であって 菊の亡霊でないから平静になれ」との「おふれ」を出し、喜多宅の跡地にお菊の霊を鎮めるためにお寺を建立しました。それが「深正院」です。 

おかげで怪異や祟りはおさまりましたが、「深正院」の境内では菊を植えても花が咲かなかったといいます。 

そして今でも「深正院」にはお菊が投げ込まれた井戸があり、入口は石盤で固く閉ざされています。 

434px-Hokusai_Sarayashiki 
葛飾北斎「百物語・さらやしき」


『皿屋敷』は「いちま〜い、にま〜い」で有名な怪談のフォーマットで播州姫路が舞台の『播州皿屋敷』、江戸番町が舞台の『番町皿屋敷』が広く知られていますが、様々なバリエーションで各地に伝わっています。 

尼崎の「お菊」の物語は、「皿屋敷異聞」に分類されていますが、発端が肝心の皿ではなく針であることが異色です。 

この「尼崎版・皿屋敷譚」は蜀山人こと太田南畝『石楠堂随筆』上 1800年(寛政12年)を底本とし、ほぼ同様の内容で、根岸鎮衛『耳嚢』にも収録され、津村淙庵『譚海』にも詳しく書かれているそうです。が、僕はいずれの説話のオリジナルにもあたっておらず、郷土史研究本の「尼の散歩道」「尼崎郷土史研究会・みちしるべ33号」そして「weblio」から引用した説話を独自解釈で脚色を大いに加えて再編しました。 

2015-06-28-15-22-09
※「深正院」の境内には本当に石盤でフタがしてある井戸があります。 



1795年に大量発生し「お菊虫」と呼ばれたのはジャコウアゲハのサナギだそうです。 

sarayashiki-05
妖怪「お菊虫」(『絵本百物語』竹原春泉画)


様々なバリエーションで拡散している「皿屋敷」ですが「お菊虫」のくだりは決まって1795年となっているので、ジャコウアゲハの蛹が異常発生した事実があるのだと思われます。 

sarayasiki-06 
ジャコウアゲハの蛹 


 暁鐘成『雲錦随筆』では、お菊虫が「まさしく女が後手にくくりつけられたる形態なり」と形容し、その正体は「蛹(よう)」であると書いています。 



文化10年(1813年)4月14日、松平忠宝は病気を理由に家督を次男の忠誨に譲って隠居したそうです。 

2015-06-28-15-11-06

2015年6月28日参拝 


6月15日は弘法大師・空海の誕生日〜甘茶浴でお祝い

6月15日は中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日でもあり、不空の生まれ変わりである空海の誕生日でもあります。

花まつりの誕生仏の甘茶浴はわりと見かけるのですが、稚児弘法大師に甘茶浴するのは初めてみました。

2015-06-15-15-14-39

↑稚児弘法大師かわいいですね。ここのお寺では5回甘茶をかけるのが作法だそうです。

ここというのは、以前にも話題にしたことのある『福田寺』です。
聖天信仰の流布に力をしれパワフルでマジカルな仏ばかりが集まっている、凄いお寺なのです。

大師堂に案内していただきました。
このお堂は以前にも入ったことがあり、その時はまるで収蔵庫のように仏像がビッシリと祀られていたのですが、関連の寺院に移したとのことで整然としたお堂になっていました。
それでも孔雀明王のおわす閉ざされた厨子の前には御前立ちのようにして地蔵菩薩が、須弥壇の周りには大日如来は聖観音、半跏思惟観音(如意輪さんなのかなー)などなど。

image

さらに内々陣には愛染明王
2015-06-15-15-25-27

そしてお堂の主である弘法大師がいました。

2015-06-15-15-25-46

小さめの像なんですけど、生気を感じる像でした。ギラギラとした生々しい生気ではなく穏やかで有るか無いかのような・・

そして不動堂にも上げていただきました。
不動明王、せいたか童子とこんがら童子。馬頭観音、役行者、鎮宅霊符神などマジカルな方々のお堂となっておりました。
2015-06-15-15-37-08
↑しつしつ座で二童子を従えるのって珍しい気がします。
これまで観た不動明王と二童子の三尊形式の時は岩座だったような・・
しつしつの時は五大明王の時のほか、降三世明王までもがしつしつ座に座るという珍しい金剛寺のがあります。

開帳日でもなかったのですが、聖天宮にも昇殿させていただくことができました。本尊は「大聖歓喜天」もちろん「足を踏んでる方(十一面観音)も祀られています。その他にもこの聖天さんのお堂には毘沙門天、弁財天、三宝荒神などがおわします。
2015-06-15-15-41-35
派手な聖天さんのお堂、厨子は固く閉ざされていたものの、千手観音を拝観することができました。

大変貴重な仏像を拝見させていただきありがとございました。

【秋分】第四十六候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

【秋分になりました。この日を境に昼が短く、夜が長くなります。
山の日没は早いので行動も慎重にするようにします。

2014-09-26-13-34-10


今日も六甲に行ってきましたが、僕が登山口に向かって下山している時にレスキュー隊の方々が3名入山されていきました。

2014-09-26-16-10-04

すれ違い際に
「遭難があったんですか?」
「具合が悪くなった方が居るみたいです。」
「深刻な状況なんですか?」
「ご自身で歩けるようなので大丈夫です」
と、交わすとキビキビと現場に向かってザクザク登っていかれました。
とても頼もしい姿ではありましたが、自分はお世話にならないように気をつけないと!と改めておもいました。
何しろ本日の僕の登山スタイルは綿のアヴィレックスのカーゴ、上はジャージ。靴だけはキーンでしたが、リュックではなくMACPACのヒップバッグにペットボトル2本という装備でした。

決してナメたワケではありません。でもこの時期の六甲ならこの装備で十分と過信してました。
これからは『そなえよつねに』のボーイスカウト精神で行きます。


そして七十ニ候は『雷乃収声』という季節となりました。
9月22日〜27日ぐらい。

この夏も各地甚大な被害をもたらすゲリラ豪雨を発生させた雨雲、その中か息を呑むような稲光を発し、肝を冷やすような爆音を轟かせるカミナリ。

部屋の中からサッシ越しに見てても迫力満点なのに、屋外でカミナリと遭遇した時はヤバいのなんの!
僕も先日、屋久島の大川の滝を雨天で増水した迫力のある滝を観たくて、そそくさと出かけたんですが、カミナリさんまで友情出演しててそれはもうチビりそうなぐらいのド迫力演出でした。

そんな太古の昔から人間のみならず野生生物もビビらせまくってきたであろうカミナリ。
無敵の傍若無人オラオラ・カミナリにも弱点があるのは皆さんもご存知の通り。

雷を鎮める呪文『クワバラ・クワバラ』と唱えれば雷は落ちないと言われています。

雷がクワバラの呪文を恐れる(嫌う?避ける?)ようになったことを伝える民話はいくつかあるようですが、ここでは兵庫県三田市桑原村に伝わる民話を紹介します。


「むかし、むかし元気でオッチョコチョイのカミナリの子供が、三田の桑原市(くわばら市)にある欣勝寺の境内の井戸に落ちてしましました。

R5250963
↑が落ちた井戸

どうしても外にでることが出来ず、井戸の中で「和尚さんたすけて〜」と騒いでいるので、和尚さんは井戸にフタをして少しカミナリの子供を懲らしめてやりました。

カミナリの子供は「助けておくれ、もう桑原村や欣勝寺には落ちません!」と誓ったので和尚さんはカミナリの子供を井戸から出して助けてやりました。

それ以来、桑原村には雷が落ちた事が無く、『クワバラ・クワバラ』と呪文を唱えると雷が落ちないといわれています。

R5250967

ここの三田市桑原村の『欣勝寺』なんと御本尊が「虚空蔵菩薩」なのです。
これって受験生にとってはメチャクチャご利益抜群のお寺ってではないでしょうか?

なにしろ『(カミナリが)落ちないに加えてアノ空海も熱心に信仰した知恵の神様・虚空蔵菩薩がいらっしゃるのですから完璧です。』ちょっとダジャレちっくですが、験担ぎということで!


R5250966
↑本殿は改修工事中(2014年9月現在)

【尼崎】茨木童子伝説

尼崎市発行の印刷物や郷土資料集に掲載されている説話二つ「茨木童子」と「破風のない家」を超意訳に独自解釈を加えて再編集してみました。

47-5



むかしむかし

摂津国・東富松(現在の兵庫県尼崎市富松)のある家に生まれつき牙が生え、髪が長く、眼光の鋭い男の子が生まれました。

親族から気味悪がられ摂津国・茨木(大阪府茨木市)に捨てられてしまいました。

その子を大江山に棲む酒呑童子が拾い「茨木童子」と名付け育てて自分の配下とし、京の都へと繰り出しては暴れ倒しておりました。


そんなある日

両親が病の床に伏していることを妙力で知った茨木童子は東富松へ見舞いにやってきました。

茨木童子が見舞うと、不思議なことに両親の病は立ち所に治ってしまいました。

喜んだ両親は団子で茨木童子をもてなしました。


茨木童子は

「私は今、東寺に棲んでおります。もうココへ来ることは出来ないのでこれが今生のお別れです」

と告げ、あぜ道を野狐の如く走り去りました。


両親は人をやって茨木童子の後を追いかけさせましたが、途中(兵庫県伊丹市)で見失ってしまいました。
その後も両親は茨木童子が「東寺で安心して暮らせるよう」に祈り続けたそうです。

〔後半へ続く・・・〕


※茨木童子を見失った場所を両親が安住を願ったことから安東寺のちに「安堂寺/伊丹市」と呼ぶようになりました。

※尼崎の西富松須佐男神社では茨木童子が戻った日を団子で祝う「八朔祭り」が今も伝承されています。

2014-07-17-12-51-11
↑毎年9月1日に団子祭り(八朔祭)が行われる西富松須佐男神社


〔後半〕


mai01k58(1)


いよいよ

京の都に繰り出しては悪さばかりをしでかす大江山・酒呑童子率いる鬼共が、多田源氏(兵庫県川西市)源頼光四天王(渡辺綱、坂田公時/金太郎、碓井貞光、卜部季武)らによって討伐される時がやってきました。

渡辺綱は大格闘の末、鬼の頭領である酒呑童子を見事討伐しますが、例の茨木童子だけ取り逃してしまいました。

茨木童子は大江山の親分であり自分にとっては育ての親である酒呑童子の敵!頼光四天王の一人、渡辺綱を美女に化けて襲いますが、見破られ腕を切り落とされてしまいます。

903106541
↑茨木童子(左)VS 渡辺綱(右)


一方、渡辺綱は陰陽師・安倍晴明に「鬼は七日の内に腕を取り返しにくるであろうから、家に籠り誰も入れてはならない」と忠告されます。

渡辺綱は里である摂津国・常吉(兵庫県尼崎市常吉あるいは武庫庄)へ腕を持ち帰るとガッチリ戸締まりをして籠りました。

そこへ偶然にも渡辺綱の育ての母(乳母)がやってきて

「ひと目、その鬼の腕とやらを見せとくれ」と頼みます。

渡辺綱は年老いた乳母の願いを断ることが出来ず戸を開け、乳母を屋敷に招き入れ鬼の腕を見せました。


するとどうでしょう!

乳母はみるみる内に鬼の姿になり、腕を握りしめるとふわりと浮き上がり、破風(屋根の三角形部分の板)をブチ壊して逃げて行きました。


20130506230229
↑老婆(綱の乳母)に化けた茨木童子が自分の腕を掴んで逃げ去るところ


それ以来、摂津国(現在の尼崎)武庫庄や常吉では破風の無い家を造るようになり、破風のある家に生まれると悪党になると言い伝えられました。

オシマイ。


茨木童子の両親はどうして我が子を捨てたんでしょう。
自分を捨てた親の身を案じて京都から尼崎まで見舞いに来る茨木童子は親孝行なヤツです。
ちょっと切ないお話です。

※一族の者の手によって捨てられた。という説もありますが

※茨木童子を女の鬼とする説があります。
かなりの美女で実は酒呑童子の奥さんだったとか・・

羅城門で美女に化けて渡辺綱を襲ったり、乳母に化けて屋敷に押し入ったり。「茨木童女説」もなかなか説得力がありますね。


【まんが日本昔ばなし】『百物語』〜お寺で聴く怪談イベント〜

  お化け屋敷に肝試し・・・

さらにお寺で聴く怪談『百物語』

〜蒸し暑い夏に凉を求めるにはピッタリなイベントやアトラクションです。

僕はお化け屋敷は醜態を晒すほど苦手で、怪談イベントには参加したことがありません。
仏友の女子は数年前まで熱心に通っていました。

大阪一心寺で開催されてたお寺で聴く怪談のイベントは風情もあって良さげだな〜とおもっていたんですが、一度も参加しないウチに無くなってしまったみたいです。(お寺から劇場へ場所を移転)


【大阪】
数年前までは大阪でも『骨仏(こつぼとけ)』で有名な天王寺地区の『一心寺』において『怪談を聴く(百物語イベント)』が開催されていたのですが、どういうワケか?非常に残念なことに!ここ数年はお寺から小劇場に場所を移してしまいました。

【東京】
東京では墨田区のスカイツリーのそばで葛飾北斎ゆかりのお寺『法性寺』で『怪談の夕べ』と題したイベントが開催されます。
何度か開催されていて、今ではもうすっかり東京墨田区の夏の風物詩となっていることでしょう。
今年は8月1日(金)、2日(土)、8日(金)、9日(土)の4日→詳細はHPにてご確認ください。




オラが町・尼崎のお寺でもこういうイベントを開催して欲しいです。知らないだけでやってるのかな?

民話の語り部さんや紙芝居をする方はいらっしゃるみたいです。

そういう方々が夏はちょっと趣向を変えて「怪談紙芝居」ってならないかな。


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ