Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

見仏の記録

6月6日の奈良〜開帳と世界文化遺産を中心に回ってみました

見仏日:2015年6月6日

この日は奈良の仏ゾーンの中心部が特別熱くなる1日です。
唐招提寺の鑑真和上を秋篠寺の大元帥明王の開帳が重なり、さらには常光寺では秘仏中の秘仏・大聖歓喜天まで開帳になるという特別な一日なのです。

僕はこれまでに何度もこのサーキット形式・開帳イベントに参戦しているんですが、今回は趣向を変えて世界文化遺産巡りを意識しながら回ってみました。

2015-06-06-11-23-18

まずは唐招提寺から。天平の漆の千手観音は久しぶりに見ると少し小さく感じました。
その分、千本の手の精密度が増して見え躍動感も感じました。
仏像って見る度に印象が変わるもだな〜と改めて実感しました。

2015-06-06-12-08-50


鑑真和上も例年の混雑はなく、仏ブームもいよいよ下火にさしかかってきたのかな?というぐらいあっさりと拝観できました。

2015-06-06-12-21-17

そして薬師寺。やっぱり薬師寺の再建は凄い!イマジネーション不足な僕は薬師寺みたいに極彩色に再現してくれるのはありがたいです。回廊を歩くだけで気分が上がります。
ディズニーシーはアトラクションに並ぶ通路までもがアトラクションの一部として成立している。みたいな感じです。

2015-06-06-12-31-05


次の秋篠寺は世界遺産の構成寺院ではありませんが、まさか外すわけにはいきません。

2015-06-06-14-39-07

今年は大元帥明王を並ばずに拝観できました。
ツアーバスとツアーバスの合間を上手くかいくぐれたのかな?
でも朱印は2時間待ち(滝汗)


奈良の中心街に戻り、興福寺に。

2015-06-06-16-59-42

ちょっと時間も押して来たのでお堂にも国宝館にも入りませんでした。

2015-06-06-17-04-08
春日大社と元興寺も後日にするとして・・東大寺へ

2015-06-06-16-05-43

戒律が乱れた日本仏教界に真の戒律を伝えるために来日した鑑真和上の命日(6月6日)
この日に東大寺に参るのはとても意義深いことだとおもいます。
戒壇院まで足を伸ばしてお参りすれば完璧だったんですが、僕はただの見仏人なので、久しぶりに大仏殿に昇殿しました。

2015-06-06-16-17-45

修学旅行生がいっぱいで大混雑の大仏殿は楽しかったです。

そして猿沢池から奈良町方面に出てブラブラ散策して帰りました。

2015-06-06-17-11-25

猿沢池の浮き島に鳩

【立夏】第十九候:蛙始鳴(かえるはじめてなく):瀧安寺〜箕面の滝〜GIANT大阪店

立夏、5月5日頃。いよいよ夏の始まりです。陽も長く、陽射しも強くなって来ました。
アウトドアのレジャーいはUV対策も欠かせませんね。日焼し過ぎていま両手がヒリヒリしています。

蛙始鳴、2015年5月5日〜9日頃。春先に冬眠から目覚めた蛙が鳴き始める季節。
僕の住んでる地域では水田に水が張られて、ようやく蛙の鳴き声が聞こえ始めます。
これは農家の人がどこかから蛙を持ってきて水田に放してるんでしょうか?それとも干からびた固い土の田のどこかに身を潜めているのか・・・謎です。

大阪・北摂ではとても有名な『箕面の大滝』
先日、登山仲間からウォーキングに誘われていたんですが、朝起きれずに不参加でした。。
久々の箕面の滝と龍安寺に行けなく残念だったので改めて一人で。自転車で。


ポタポタのんびりと滝安寺の山門に到着。
「下馬」の立て札は見かけなかったのですが、多分のこの辺りは下馬ポイントなハズなので、自転車は押しました。


青い空と新緑に朱が映えます

観音堂にお参りを済ませ、観音堂裏手の護摩壇横の石段を登り行者堂、弁才天堂、恵比寿・大黒堂にも参って境内に戻ってきました。

さぁいよいよ楽しみにしていた朱印をいただきに寺務所に向かいました。
なにしろここ『瀧安寺』は日本で最初の弁財天を祀ったお寺で日本四弁財天に数えられているそうです。

僕は宮島弁財天「大願寺」のオリジナル朱印帳に、宮島「大願寺」、竹生島「宝厳寺」、「天河弁財天社」集め、今年の正月にも六波羅蜜寺の弁財天を加えて、着々と弁財天の朱印コレクションを増やしています。
なので当然「瀧安寺」の弁財天の朱印をゲットしなければなりません。

お寺の方に朱印帳を手渡すとハンコが捺され、その上から勢いのある文字がしたためられていきます。
あまりガン見も失礼かと少し目を放した時、事件が起きました。

「トントン・パンッ!」弁財天専用の朱印帳に役行者さんの朱印が押された音でした。

『あ〜っそれ弁天さんだけの朱印を集めてるんですけど』

弁天さんの朱印コレクションを増やすために滝安寺に来たのに、まさかの弁財天朱印コレクション終了。

お寺の人は中途半端な仕上がりの朱印帳を手にクールに「ではこのままお渡ししましょうか?」

えぇーーーっ汗

中途半端なままはあまりにも酷いので、弁財天朱印帳に行者さんの朱印を書き上げてもらいました。

全力で平静を装い「ありがとうございました」と言って朱印帳を受け取りました。
立ち去る僕の背中に、お寺の人の声が投げかけられました「よーおまいり!」

ピキッ
(修行、修行、これはきっと行者さんとの仏縁に違いない)

さっ。気持ちを切り替えて箕面の滝を見に行こう。


箕面駅から滝までの路を最初から最後まで舗装されているので、自転車でも楽々上げれるし、もちろん子供でも余裕。ベビーカーを押して上がって来る人もいました。


安全にゆっくり下山して、箕面にある「GIANT大阪」に寄り道。


マディフォックスがベランダでバラバラになって放置されているので、通勤兼用ではなく、レジャーやトレイル用にもう一台欲しいです。


そろそろGIANTの創業者の誕生日。世界中でGIANTがお祝いRUN(5/15〜17)をすることでしょう。


よし!これ買おう!って簡単に手を出せる値段ではないので、コイツを目標に貯金を始めることにします。

お金がいっぱい貯まるように弁財天さんにお願いしなければ!

【滋賀県:園城寺】智証大師円珍生誕1200年記念秘仏開帳:黄不動尊・智証大師・如意輪観音

見仏日:2014年10月30日(快晴)

三井寺(園城寺)には、これまでに何度か訪れていて、以前の自分はどんな感想を持ったのかな?と記事を振り返ってみようと自分のブログ記事を検索してみたのですが、なんと記事が1つもみつかりません。
頼豪阿闍梨が妖怪鉄鼠になる話も好きですし、「黄不動尊」の朱印を貰いたくて智証大師の開帳の10月29日を狙って訪れたこともありました。
尊星王像など仏像も印象に強く残っているお寺なので、ブログ記事も何度も書いている気になっていました。



今回は黄不動との対面、これはブログをかかなければ!

今日の三井寺も快晴でした。
仁王門をくぐり、拝観料を支払って、釈迦堂の前に立つと広い境内の様子を思い出してきました。懐かしみながらのんびりと金堂に向かって歩きます。
ゆるやかな坂を登り切ると、「近江八景」のひとつ「三井寺の晩鐘」そして仏像目白押しの金堂。


でも金堂は法要中だったので遠慮してイキナリ、メインディッシュから!



今回は、毎年10月29日に開帳される『智証大師(中尊)』に加え
中尊・智証大師のオリジナル像である『骨大師(体内に智証大師の遺骨が納入されているそうです)』
さらに智証大師がインスパイアードした『黄不動立像』の秘仏三体の厨子が一斉に開扉されていました。
このように3体揃いの開帳は24年ぶりの希有な状況だそうで、色んなお寺のおお坊さんたちもこぞって参拝にきていました。

着色は金泥だと思いますが全身が鈍くくすんだような輝きです。金泥は金箔ピカピカの仏像にくらべてリアルです。

黄色不動、やはり膝小僧を見せているのが最大の特徴ですね。

躍動するのにに裾がバタついて邪魔だったんでしょう、たくし上がって両膝が見えている不動は、全身に生気をみなぎらせ、今まさに動きだしそうでした。

このあと、絵画の模写も沢山みましたが、どの金色不動も黄不動もすべて膝小僧をだしていて、ワンパクでたくましい印象でした。


しばらく来ない間に・・・

なんと収蔵庫が完成していました。
収蔵されている寺宝はまだまだ少なく、グッズ展開やお土産品もこれから充実するのかな?という感じでしたが、仏像群は凄かったです。これまで月一回の開帳だったりした秘仏が一斉にお目見え。
以前は微妙寺にいた寸詰まりにデフォルメされた親しみが湧く秘仏「十一面観音像」や月に一度お目見えする「訶梨帝母」が居て娘の「吉祥天」も里帰り中でした。

そして「頼豪阿闍梨=鉄鼠」のお宮「ねずみ宮」は毎回お参りしています。



天台宗・寺門派三井寺の高僧、頼豪阿闍梨が妖怪・鉄鼠に変化して、天台宗・山門派(比叡山)を配下のネズミを引き連れて襲撃し、経文を食い荒らしたり、仏像を破壊した。と伝わります。
これには色々と因縁があるのです。

そのあたり事情は興味のある人、ご自身に調べてもらうとして・・・
この頼豪阿闍梨。実は「新羅明神のモデルなのではないか?」という説を唱える研究者がいらっしゃいます。
とっても説得のある説なので機会があれば、山本ひろこ先生の著作「異神」をご一読ください。
僕は3読ぐらいしてもまだ理解できていませんが。

まぁ、呪術を使いまくったり妖怪に変化しちゃったり、頼豪阿闍梨はかなり僕好みな方でもあり、日本5大超人?の内の1人と数えて良いのではないでしょうか?

あとのメンバーは
役行者、空海、阿倍清明。ここまではどなたもそんなに異存は無いとおもいますが、あと2名。僕は頼豪阿闍梨と参議・小野篁を推したいです。

また、いつの間にか話がそれていますが、観音堂で両脇に毘沙門天と愛染明王を従える、ゴージャスな宝冠がよく似合う麗しい如意輪観音を拝観いたしました。
きっと徳の高さに加えこの美貌もあって毘沙門天と愛染明王を従えているに違いないと、煩悩まみれな想像をしてしまいました。


そして、下山。

恒例となったおとなりの円満院門跡で「うすさま明王」のお札をいただきました。
言わずと知れた元祖トイレの神様ですね。


そして『大津市歴史博物館」では三井寺の開帳に合わせて、三井寺やその影響下にあったと思われる寺宝を集めた特別企画展が開催されていました。


年一回の秘仏「護法善神像」「新羅明神(画像)」「尊星王(画像)」など見応えタップリの展示内容でした。
特に「肥満新羅明神」「初老新羅明神」「痩身新羅明神」が良かったですね。
このように絵画の変遷を見ていると、やはり頼豪阿闍梨とオーバーラップして「高僧としての頼豪阿闍梨」「禁断の呪詛を行う頼豪」「妖怪に変化して比叡山を襲う鉄鼠」というストーリーが頭の中で展開してしまします。



大満足・・お腹いっぱいです。


『黄不動尊』の朱印もいただきました〜



赤・青どーしよ〜

【まんが日本昔ばなし】『安珍清姫』〜道成寺〜

紀州、道成寺を舞台にしたイケメン僧侶・安珍と情念の女・清姫の悲哀に満ちた物語。

惚れた男に裏切られ煮えたぎった情念が女を魔物へと変化させます。
魔物と化した女から逃げ道成寺に身を隠す安珍の運命はいかに?
そして魔物と化した女の末路は?




【当ブログ過去記事リンク→】安珍清姫伝説のお寺〜絵とき説法は必聴

img_663779_20561315_3

8a1048ea.jpg




【大阪】勝鬘院:愛染まつり期間中に秘仏・大日大勝金剛尊がご開帳

見仏日:2014年7月1日

毎年6月30日〜7月2日は大阪四天王寺の勝鬘院で愛染まつりが開催され、期間中は愛染堂の特大愛染明王と多宝塔の摩訶不思議!十二臂の大日如来・大勝金剛がご開帳になっています。

2014-07-01-16-06-38

最寄り駅の『四天王寺前夕陽ケ丘(5番出口)』から境内の中までズラりと屋台が並び賑わっています。

2014-07-01-16-11-45


境内では憤怒の愛染明王とは対称的な別嬪さんな愛染娘さん達が浴衣姿に身を包み、微笑みながら愛嬌を振りまいていまいした。

2014-07-01-16-15-03
↑愛染明王

2014-07-01-16-18-36
↑愛染娘

とは言うもののこの優しげな表情の愛染娘達もあと何年かすると憤怒相を露にするんだろうな・・と思うのです。

そして多宝塔の扉が大きく開かれ、塔内に充満していた摩訶不思議!異形!十二臂の大日如来、最高仏尊としてあがめられている大勝金剛のパワーが一気に大阪の街に解き放たれておりました。
2014-07-01-16-24-15

愛染まつりは6月30日(夏越しの祓)から7月2日(半夏生)までなのですが、関西では半夏生の日にタコを食べます。
きっと愛染まつりの屋台のたこ焼き屋さんも大繁盛に違いないですね。

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ