Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

珍寺

【岡山】毘沙門天だらけの安養寺と秘仏本尊「岡山県立美術館」に出開帳


見仏日:2014年5月25日

倉敷駅から安養寺付近まで行く公共交通機関がなかったので、小型タクシーで往復+待ち時間込みで3000円(交渉)で行ってもらいました。

ここは毘沙門天で有名なお寺です。
毘沙門天は七福神の一神としても活躍しているのはご存知の通り。
毘沙門天の
ご利益は余すとこなく授かろうというワケなんでしょう。境内には他の七福神の神様も賑やかに祀られています。

恵比寿神と大黒天↓
2014-05-25-10-34-51


福禄寿(画面左)と寿老人(画面右)↓
2014-05-25-10-35-27


弁財天と布袋和尚↓
2014-05-25-10-37-04

そして毘沙門天!?どこだろ?

タクシーで中門まで登ってもらったので石段付近におわす「毘沙門天」見逃したようです。
帰りに立ち寄るとして・・

朱印帳を預けて本堂にお参り。


2014-05-25-10-45-51

実はこの時、安養寺の秘仏本尊はお留守でした。

本堂は改修工事中のため「秘仏本尊の阿弥陀如来・釈迦如来・薬師如来」は「不動明王」と併せて岡山県立美術館で出開帳・展示中。

2014-05-24-16-56-00


前日、岡山県立美術館に『麗子」を観に行った際、偶然拝観することができました。

いつも秘仏開帳となると綿密に調べ尽くして出かけるので、こんな巡り合わせは初めてです。
仏縁に感謝して今は仏教美術品として展示されている秘仏に合掌。ありがたいー。
本堂の修理が完了したら(また魂を入れてお堂に帰るんでしょうね)
落慶の開帳とかあるのかな?



そして存在感抜群のパゴダを見上げ

2014-05-25-10-38-59


石段の中ほどを見下ろすと
2014-05-25-10-39-09
なんかとてつもなくデカいお方の後ろ姿が・・・絶対これ毘沙門天だ・・・



安養寺は沢山の毘沙門天がおわすお寺ということでとても興味を持ちました。

何故、毘沙門天ばかり集めたのか・・

実は元々は四天王として祀っていたのでは?

※毘沙門天は四天王の内の一人「多聞天」を単独で祀る時の名称。

もしかして補作の際、他の四天王にも多宝塔を持たせた?

と妄想と疑惑が膨らんでいました。


でも一歩『安養寺・宝物館/成願堂』の自動ドアが開き、足を一歩踏み入れた瞬間、疑惑は頭の中からすっかり消え去りました。

正面中央須弥壇の中尊『兜跋毘沙門天・吉祥天・善膩師童子弐』の左右に三体ずつ。

これだけでも凄いのに

左右の壁にそって十三体ずつ。ほぼ同じサイズ、同じポーズの毘沙門天がズラーーーーっと整列しています。
その数合計33体。

心の準備も十分だったハズなのに圧倒されてしましました。

学術的なことや歴史的な経緯は知りませんが、ただの見仏人の僕は「ぜんぶ毘沙門天!凄い」と納得し、
宝物館を出る時には「いったい何がこうさせた!?」というあらたな疑問が頭の中を渦巻いていました。

待っていただいていたタクシーの運転手さんに石段下に車を回してもらえるようお願いして石段を下り、振り返ると・・・そこに

2014-05-25-11-06-39


『大魔神』

2014-06-12-20-32-45

【珍寺】大阪府・全興寺:地獄は地域コミュニティの中心の巻


寺名:全興寺

訪問日:2012年3月29日


所在と最寄り駅

大阪市平野区平野本町4-12-21
最寄り駅:地下鉄・JR「平野」


お寺の特徴など
聖徳太子が、平野の野中の地に小宇を建立して薬師如来の像を安置されたと伝わる

境内では子供があそび、買い物帰りのおばちゃんが自転車で立ち寄って手を合わす。まさに地域密着のお寺。でもその奥のお堂には閻魔大王や奪衣婆が巣くう地獄が・・・


拝観可能な仏像

薬師如来(秘仏)1月8日、中秋の名月に開帳

その他の施設
 小さな駄菓子屋さん博物館
平野の音博物館
ほとけのくに(瞑想室)

撮影可能
境内は撮影可能

感想

シャッター通りになりつつある商店街のアーケードの中ほどに商店と軒を連ねるように門があります。

776ae813.jpg


門の中では買い物帰りのおばちゃんが自転車を停め、水掛不動に手を合わせていました。


境内には「地獄堂」や「
駄菓子屋さん博物館」といったミニ施設があり、紙芝居などのイベントも開催されていてまさに地域コミュニティの中心的存在のお寺です。


99d0be78.jpg

↑このイラスト、ガチで絵師・石原豪人の作品なのでは!?

※昭和のロウブロウアーティスト!
怪奇とエロスの絵師!
なんかタッチはおろかレタリングまでかなり石原豪人な雰囲気なんですけど。

1cbdb7dd
石原豪人

j_nihonyokai01_462

石原豪人

ツイツイ、アツくなってしまいましたが、お寺に戻って・・・

境内を奥に進むと鬼の道しるべ(六道の辻かな?)

4ca9e0e2.jpg


そして「地獄の釜」の音が漏れ聞こえる石。

f75a7400.jpg


ここが地獄堂の入り口です。
子供達が境内に集まって遊んでいるのがなんだか微笑ましいです。
このまままっすぐ育って極楽浄土を目指してくださーい。
道を踏み外さないよーにね。なんておもいながら、僕も地獄堂突入。

eb22757f.jpg


地獄堂の入り口には「極楽行き」か「地獄行き」を判定してくれる装置があります。

663dd136.jpg

僕は「極楽行き合格」にランプがつきました

65e37a04.jpg


もうお気づきだとおもいますが、この「地獄堂」はバーチャル地獄を体験できるアトラクションです。

eda579b3.jpg


地獄堂に入りドラを鳴らすと、閻魔大王の横にある浄玻璃の鏡がモニターになっていて地獄の様子が写し出されます。

67b974de.jpg


五・七日(いつ・なのか)の裁判官閻魔大王!

5769aa2d.jpg


浄玻璃の鏡の横には鬼が・・

2576a2ba.jpg


さらにその横は奪衣婆が恐ろし形相で睨んでいます。
※これ子供だったらマジで怖いのでは?

4e2c6504.jpg


奪衣婆のオナカの中にはちゃんとした(?)奪衣婆像がありました。

ef6234df.jpg

閻魔堂の左には十王のうち閻魔王を覗く9名の裁判官達がズラ〜っと居並んでいます。

閻魔堂を出てふたたび境内を散策。

井戸の周りでは子供達があそんでいたり、慣れた感じでお参りをしている方も次々に出入りしていきます。

境内には牛頭天王や金比羅大権現も勧請されて祀られています。

沢山の祠の中の一つに小動物の霊を供養する「わんにゃん堂」というのがありました。
横から中を覗くと猫頭人身像と犬頭人身像が鎮座してました。ひょえ〜〜っ

「ほとけのくに」はなぜが地下なんだけど、暗い空間の床にはステンドグラス細工のようなマンダラがあってその上で瞑想できるようになっています。壁側は石仏がずらり。

地元尼崎の常念寺もコッチの方向を目指して欲しいな〜と羨ましくなるお寺でした。

子供を含めて地域の方々に親しまれています。

僕もめちゃくちゃ楽しかったです


拝観料
無料

御朱印
98fd7920.jpg


お土産
お守り、小冊子など




以下、当ブログの六道・地獄に関する記事へのリンクです。


人は死んだらどうなる?長岳寺

全興寺:地獄は地域コミュニティ

子育て幽霊飴(六道まいり)

六道珍皇寺の小野箼と閻魔像

説話/伝説 小野篁(おののたかむら)

まんが日本昔ばなし「子育て幽霊』

京都地蔵盆:智恵光院・六臂地蔵

京都地蔵盆引接寺・小野篁作閻魔王像

六観音が一堂に会する千本釈迦堂

【小満】第二十三候:紅花栄(べにはなさく)

【珍寺】兵庫県・常念寺:これこそ本来のお寺の姿なんでしょうね

わが町尼崎を代表する有名な寺院です。
仏像は金ピカだけど450年の歴史を誇ります


寺名:常念寺

訪問日:2012年3月27日


所在と最寄り駅

〒660-0823 兵庫県尼崎市大物町1-17-35
阪神本線「大物」駅より徒歩5分



お寺の特徴など
門をくぐって正面に本堂、右手手前に薬師堂、薬師堂脇の階段を昇り空中阿弥陀堂、癒しの間がある。
その他、ミニ仏教館などの施設も完備。

このお寺なら地域コミュニティの中心的な役割を担ってると思います
本来、お寺ってそういうもんだったんでしょうね。
今だと珍寺扱いだけど・・




拝観可能な仏像

薬師如来
日光・月光菩薩
十二神将
阿弥陀三尊
釈迦三尊
布袋和尚(弥勒如来)
その他

撮影可能

感想
阪神大物駅の近く。下町の風情を残す住宅街にモルタルの剥がれた蔵が見えてきます。

f1ca2b99.jpg

門をくぐると真っ先に目に飛び込んでくるのが尼崎(金ピカ)観音!
9e009efe.jpg


右手には薬師如来、日光・月光菩薩に十二神将を従えた完璧な薬師堂があります。
211f7914.jpg


薬師堂の脇の階段を上ると空中阿弥陀堂。
f9d7c0a5.jpg


なんと阿弥陀如来は「おさわりOK」
ce87efd1.jpg

香炉の右となりにハンコ!
どうやらお堂ごとにスタンプがあってスタンプラリー形式参拝のようです。
f9895772.jpg

阿弥陀堂の奥には鐘楼
8912854c.jpg

境内をぐるりと空中散歩が楽しめるようになっていて反対側には『癒しの間』が・・
残念ながら中には入れませんでした。
8bb3eaf6.jpg

癒しの間から本堂に通じてるようなんですが、入れないから元にもどって本堂内へ

本尊は別ですが、右置くにまばゆい釈迦三尊
04692807.jpg

そしてそして黄檗山万福寺の向こうを張る布袋和尚(弥勒如来)
e92b4f70.jpg

とても楽しい時間が過ごせました。


拝観料
無料

御朱印
あるのかな?

お土産





ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ