Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

雑記

【大暑】第三十六候:大雨時行(たいうときどきにふる)〜廃墟

2015年8月2日〜6日

台風が上陸したり突如としてゲリラ豪雨が襲ってくる季節です。

特にネタがなかったので尼崎にある廃墟(廃病院)を紹介します。

全国的には廃墟として有名ですが、優れた近代建築としても評価の高い堀内医院です。

一般に公開されている物件ではないので、見学の際にはマナーを守り近隣の方々の迷惑にならいないよう注意しましょう。

敷地内への進入は厳禁です。

2015-08-05-14-37-28


大正14年、まさに阪神間モダニズムの真っ只中に建てられた堀内医院は、近代建築マニアの中では良く知られた物件のようで、以前から取り壊しを心配し惜しむ声もありますが、2015年8月の時点では現存しています。

建物は高い塀で囲まれていて近寄ることはできません。
なので塀越しに中を覗き見る形になるわけですが、雑草が生い茂っていて建物の外観もハッキリしないのが残念です。
それでもスタイリッシュで柔らかな雰囲気が見て取れます。

人工物が植物に覆われている光景は終末のような感じがして、ずっと眺めているとオメガマン(地球最後の男)な気分です。

時間が止まっているような時間の流れに取り残されたような不思議な魅力。

ネット上にある写真と見比べると明らかに塀が増築されているので、医院跡は保存・管理されているのかもしれません。

一般公開とかしてくれたらいいんですけどね。


この辺り(大物)には

●仏像・お寺マニアの間でも珍寺として名高い『常念寺』

●摂津版・怪談お菊の皿屋敷伝説のある『深正院』など

尼崎の中でも一風変わった、魅力のあるスポットが目白押しの地区なのでサブカル路線で町おこししたら一気に盛り上がりそうな気がしないでもないです。


堀内医院跡はネット上にはハッキリとした写真がいくつかあるので参考にしてみてください→近代建築Watch

【大暑】第三十四候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

二十四節気の「大暑」とはその名の通りもっとも暑いころ。夏祭り花火などの行事や土用うなぎなど風物詩も盛んな時ですね。
暑中見舞いは出しましたか?
僕はそういうことも無頓着だったんですが、去年から七十二候ネタのブログを書き始めてから書くようになりました。


七十二候の「桐始結花」は7月22日〜27日頃。
初夏に咲いた桐の花が実を結ぶ季節。
まだ実物の桐の花というモノを見たことがありません。


2015-07-24-15-33-26


今年は7月24日が土用の丑でした。8月5日にも丑の日が来るのでもう一回うなぎが食べられますね。
2015-07-31-13-57-24

うなぎ味に品種改良したナマズが市場に出ているそうで、ナマズの蒲焼き重がニュースになっていました。

尼崎に北東部(旧穴太村)周辺に「歯がみさん」と親しまれる歯にご利益のある白井神社があります。

2015-07-27-19-52-32

白井神社にはナマズは神様の使いという伝承があり、この地域ではナマズを食べることはありません。

2015-07-19-15-54-23

水産業のことにも、疎いのですが、ウナギは稚魚を獲るけど、ナマズは産卵から完全養殖ができるってことなんでしょうね。

食べてみたいですか?うなぎ味のなまず

【小暑】第三十二候:蓮始開(はすはじめてひらく)

蓮が咲き始める季節。

7月12〜16日ごろ


蓮は夜中に咲き始めるそうです。お昼をすぎると花を閉じるので蓮のお花見は早朝が良いです。
咲いて閉じてを繰り返して、やがて花を閉じることなく花びらを散らすそうです。

散華・・・
極楽浄土の風景なんですね。

画材としての散華も面白いです。お寺のお土産にもなっていたりしますね、奈良の「中川政七商店」の「遊中川」では商品として販売されています。

奈良で蓮で有名なお寺だと喜光寺に行ったことがあります。その頃は蓮よりも断然、宇賀神が目当てだったんですけどね。
今年は地元の小さなお寺の鉢に咲いた蓮を見かけたぐらいで、わざわざの見物はしなかったです。
来年は宇治の三室戸寺で蓮酒を飲みに行こうかな?

image

ちょっと残念ですが、ベランダの睡蓮が綺麗に咲いてくれるのを楽しみにしています。
睡蓮と蓮ってやっぱり全然別ものなんでしょうか?
園芸に疎いので育てておきながらまったく知りません。

最近は銭湯がマイブームです。

●タイル絵がある銭湯は市内では激レア「泉温泉」さん
2015-07-13-15-27-15


2015-07-13-15-27-44


●こちらはモザイクタイル絵の「第一敷島温泉」さん
2015-07-19-14-41-26
湯船も豆タイルが整然と並ぶ円形で素晴らしい。

そして京都より西では珍しいと言われる「唐破風」の装飾屋根。
2015-07-19-15-11-59

入る時に柏手打ってしまいそうになります。(それは無い無い)


【小暑】第三十一候:温風至(あつかぜいたる)尼

二十四節気は「小暑」実は陽も短くなり始めているのですが、暑さはこれからが本番。大暑のとどめまで夏バテしないように頑張りましょう!

七十二候『温風至』は梅雨の雲間からの陽射しは日に日に強くなり吹く風も熱を帯びてきます。。梅雨があけ夏が到来する季節。

夏祭りや夜店が出てくれると楽しく夕涼み出来て嬉しいです。

尼崎のえべっさんでも7月9日と10日に夏祭り開催されました。
2015-07-09-19-36-07

えべっさんと言えば西宮戎の福男など1月の寒い時期のイメージかとおもいますが、夏祭りも盛り上がりますよ。

またまた茅の輪くぐりもしました。
2015-07-09-19-35-11

屋台の賑わいも欠かせませんね。さらにライブまで開催されていました。

2015-07-09-19-34-05



でも日中は木陰に非難。
苗木の里親になって預かった『ウバメガシ』の樹をはじめてみました。

2015-07-11-15-02-17

ほうほうこれなら立派に森の構成樹になりそう!どんぐりも実るらしいです。

そろそろ木陰で涼むのも限界なのでプールに行こうかな。
てか故障を直して山に行きたいです。

30日友達から一泊で舞鶴までのサイクリング誘われたのに参加できなくて残念です。
今年は北アルプス無理っぽくなってきました。


【夏至】第二十九候:菖蒲華(あやめはなさく)

2015年は6月26日〜30日頃。

菖蒲の花が咲く頃で、ちょうど梅雨到来の目安です。

去年は農業公園の菖蒲池まで花見に出かけたんですが、今年はタイミングが合いませんでした。

代わりにというわけではないのですが、この時期の風物詩と言えば茅の輪くぐり、夏越しの祓えですね。


ここは兵庫県・尼崎市にある『船詰神社』という交通安全を司る神様が主祭神を務める神社です。
なので茅の輪くぐりも車や自転車、バイクがくぐり抜けられるように造られています。
僕も茅の輪に愛車(自転車)をくぐらせて安全祈願しました。

船詰神社のこの神は、記紀でイザナギ、イザナミの神産みの段のクライマックス(イザナミがホトを火傷して黄泉の国に行くまでの最後の一連の神産み)の印象的な場面で産まれる神様で名前は『鳥之磐楠船命(とりのいわくすふねのみこと)』別名『天鳥船』といいます。

この神様は空を高速で飛行する船そのものとも言われています。

そして国譲りの段でも建御雷之男神の副官として同行しますが、建御雷之男神を乗せた高速飛行船のほうがしっくりきます。

そういうちょっと独特でカッコいい神様なんですが、全国でも祀られている例が少ないレアな神様なのです。

磐長姫といい、鳥之磐楠船命といい、尼崎にはなかなか珍しい神がいてはります。

↑境内に奉納されている菰樽。菰樽は尼崎の地場産業の一つでもあります。

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ