Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

国宝

【大阪】国宝・秘仏千手千眼観音坐像ご開帳〜葛井寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、葛井寺の国宝・千手観音は西国三十三札所の本尊でもあるので三十三所朱印帳にまた朱印が1つ増えました。
あといくつで満願かな?
三十三所朱印集めも始めてみると信心というよりコレクターの血が騒いで楽しくなってきました。

2014-04-18-15-12-37

西国三十三所札所の本尊開帳とあって、観心寺、道明寺よりさらに混雑していました。

Fujiidera1000

千手観音像は42本の手で「千手」みなす形式の像が主流ですが、ガチで1000本の手を持つ像もあります。
実際にはここ葛井寺の千手観音は持物を持つ大きな手が38手、小さな手が1001手の1039手観音です。解体修理の際に学芸員の方がコヨリを結んで数えたそうです。
制作当初は1042手だったのかもしれないですね。
この過剰な手の像を見ているだけで仏師の鬼気迫る執念が伝わってきます。

境内には今が盛りの藤が綺麗に咲いていました。

2014-04-18-15-34-04

入る時には気付かなかったんですが、仁王門の裏に地獄絵が描かれていました。
千手観音は六道のうち餓鬼道を守る観音でもあります。

2014-04-18-15-35-21



【大阪】国宝・秘仏十一面観音ご開帳〜道明寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、道明寺の国宝・十一面観音です。

2014-04-18-14-05-43


全国に7体ある国宝に指定されている十一面観音のウチまだ見ていないのが、ここ道明寺の十一面観音だったので気分が盛り上がらないハズはありません。

狭いお堂は参拝客ですし詰め状態でしたが団体の方々がお時間なようで「潮が引くがごとく」とはこのことか!と得心できる一斉引き上げでした。

ようやくお堂にあがりじっくりと対面しました。

doumyouji11



ため息が出るほど美しい十一面観音です。

この優しげで穏やかなお姿の仏像を彫ったのは菅原道真だそうです。
今は学問の神様・天神様ですが、太宰府に左遷させられ憤死し、怨霊と化し日本最強の祟り神と恐れられたその人の作品かとおもうと、ギャップで十一面観音は更に美しく、雷神道真公はさらに恐ろしく思えます。

お堂の中には向かって右面が夜叉、左面が豚の顔を持つ三面のチベット仏が異彩を放ちまくってました。

道明寺は道明寺粉の発祥の地なんでしょうか?
境内ではお餅や干し飯が売っていました。

2014-04-18-14-31-27

【滋賀県・湖北】滋賀県の仏像で唯一の国宝はまさに至高〜渡岸寺

見仏日:2014年4月13日


見た人すべてに賛美され尽くして、今さら僕が何か言うこともないのですが。

国宝十一面観音立像。

腰のひねり、ローライズな着こなし、官能的すぎます。

douganji01


お尻の割れ目が見えるんじゃないか?と凝視してしまい、自分の煩悩の深さを思い知る。これも仏の教えに違いない。

douganji02


そしてその煩悩をすべて見透かされている(暴悪大笑面)。まさに仏であり、女性的であるのでした。

douganji03

平安時代/像高194.0cm/滋賀・向源寺(渡岸寺観音堂所在)

2014-04-13-10-17-47

2014-04-16-18-54-31

広隆寺:宝冠弥勒、泣き弥勒、蔵王権現、男神像など

場所/寺名:広隆寺

訪問日:2009年4月20日


所在と最寄り駅

京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
京福電鉄嵐山線「太秦」駅下車すぐ。または、市バス右京区総合庁舎前下車、徒歩2分


お寺の特徴など
国宝第1号の仏像として有名な弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)がある。



拝観可能な仏像
霊宝殿にて:宝冠弥勒、泣き弥勒、不空羂索観音、蔵王権現、男神像(伝秦河勝像)、女神像(伝秦河勝夫人像)など多数


感想
神像は収蔵庫にあっても呪術的で怖い印象。蔵王権現の印が逆なのが珍しい。
謎の多い摩多羅神にまつわる神事「牛祭り(京都三大奇祭の1つ)」が行われていたが、近年では催されていない。お寺の方に理由を伺ってみたが「色々と難しい」という曖昧な話しか聞けなかった。


拝観料
境内無料、霊宝館:700円


御朱印
朱印はスタンプ

お土産
宝冠弥勒のお守り、冊子など

【奈良・斑鳩】これぞアルカイックスマイル〜中宮寺

見仏日:2009年4月16日

実は仏像でアルカイックスマイルをたたえてる像ってそんなに無いですよね。

仏像にあまり馴染みがなかった頃は仏像の特徴の一つだと思っていました。

アルカイックスマイルといえば広隆寺の弥勒菩薩とこの中宮寺の(伝)如意輪観音です。

chuguji-nyoi02


この方お寺では「如意輪観音」として拝まれていますが、学者は「弥勒菩薩」と言います。そして国の指定では「菩薩半跏像」

口元に手を添え優しげな微笑みをたたえ思惟する姿をボケーっと眺めていると、逆に如意輪さんから優しく見つめられているような気分になる不思議な仏像です。アルカイックスマイルパワーです。

chuguji-nyoi01


見仏人にとって仏像の名前なんて些細なことですね。
てか、この方は上半身裸形ってことにはなってないんでしょうか?
見仏人にとって裸か着衣はとても重要なことなんです。

中宮寺は法隆寺のお隣というよりほぼ敷地内にあるので、法隆寺に訪れた際は是非お立ち寄りください。
須弥壇にひっそりと雨宝童子もいます。

2014-06-08-19-32-26
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ