Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

西国三十三所

【GW見仏三昧:奈良-明日香編-3】三国の土でできた如意輪観音

飛鳥坐(あすかにいます)神社に立ち寄りました。

2014-05-05-13-56-06




陰陽石やおんだ祭りの舞台を見学して

2014-05-05-14-13-47

↑これは天然モノか人工モノかどっちでしょう?


三十三所の7番札所の岡寺へ移動

2014-05-05-14-30-53

緑に映える見事な仁王門!標柱、標石の配置も計算しつくされていてバッチリ決まってます。


前日まで「七十二候」は『牡丹華(ぼたんはなさく)←ブログ内の記事へリンクしてます』だったのでまさに牡丹の花盛り。
境内のいたるところで、百花の王と呼ばれるにふさわしい見事な大輪の花を咲かせてました。

2014-05-05-14-39-09

そして百花の王・牡丹の華がこれまた良く似合っているのが岡寺の本尊・如意輪観音です。
インド、中国、日本の三国の土を以て作られた特大で色白の塑像。
特大なのに白い顔が呪術的で夜中になると絶対に歩き回ってそうな雰囲気があります。
本堂には天井桟敷があり愛染明王と不動明王が脇侍を勤めていてお堂のパワーを更に高めまくっています。

内内陣に入って目を惹いたのが仏足の版木。
印刷してお札を出してたんでしょうか?欲しいなー。

自分で彫ってみようかな?

門前の無人販売所で飛鳥ルビーという品種のイチゴを買って、記事は前後しますがいよいよ久米寺へ!!

【滋賀】紫式部と鬼の居る寺〜石山寺

見仏日:2014年4月13日

強そうな仁王さまが居る山門に提灯と標柱がビシっとキマって構図がカッコいい!山門からまっすぐに伸びた道に桜!入口からして抜群な景観のお寺でした。

2014-04-13-16-37-10


参道脇には塔頭もあり思っていたよりかなり大きなお寺だったので驚きました。

厳格なお寺とおもっていたら紫式部が居る源氏の間なんてギミックがあったりします。こーゆーの本当に大好きなんです。紫式部も不気味で良い感じでした。

三十三所巡りをしていなければ、行くことが無かったお寺だとおもうのでこれもご利益ですねー。


2014-04-13-16-04-54

お参りを済ませ、三十三所用の朱印帳には本尊の朱印を色々用の朱印帳にご詠歌を書いていただき、お土産を物色・・・

秘仏開帳の時並みに必死に物色。

紫式部ゆかりのお寺ということで紫式部の絵はがきと、なんだかよく判らないけど、他のお寺では見たことがない鬼のウチワが気に入ったので買いました。

image


本堂を出て巨大な寺領を散策。
広大な敷地には多宝塔をはじめ立派なお堂が沢山あり道もよく手入れされていて所々に休憩所のような場所もあるので、たっぷり時間を使ってノンビリと過ごすのも良いでしょうね。

左手に本堂が見えて散策の小径も終点かなと思っていたら注連縄を巻かれた杉がニョッキリとそびえたっていました。

2014-04-13-16-29-13

この手の杉は大体が天狗杉。対で植わっていたら夫婦杉と呼ばれるのが、だいたいの相場です。

そして根元に縁起が書いてあったので覗いてみると、ご多分に漏れず思った通り『天狗杉』でした。

縁起をじっくり見てみると・・・

2014-04-13-16-29-35

なんと!!さっき本堂でお土産に買ったウチワの鬼が杉の上に座ってるじゃないですか!

どーやらこの鬼、邪鬼の類いではなく石山寺の高僧「大徳朗澄律師」が死後、石山寺を守るために鬼に姿を変えた護法善神のようです。

石山寺は仁王さんが山門で睨みを利かせ、「大徳朗澄律師」が機動力抜群で警備しています。今も。

2014-04-16-18-54-48





【滋賀県・竹生島】琵琶湖に浮かぶ信仰の島・宝厳寺

2014年4月13日

前回、竹生島へは彦根港から渡りましたが、今回は長浜港から。
それにしても船ってなんでこんなにワクワクさせられるんでしょう?
アトラクション感覚で楽しめば船賃は全然高くないですね。

今回、竹生島への目的は4つ。


●西国三十三所の朱印を貰う

●かわらけ投げをする

●(秘)お土産を買う

●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う



●西国三十三所の朱印を貰う
横蔵寺を目的に岐阜遠征をした時、ついでみたいな感じで西国三十三所の33番・納めの札所「華厳寺」に立寄ました。

三十三所の札所のお寺にはこれまで何度も何度も行ってたのですが、札所巡礼には全く興味が湧かなかったのですが、さすが納めの札所、参拝してる方々の熱気が違いました。順番に巡って満願。という方が多いでしょうね。
僕もこの熱気に呑まれる形で西国三十三所用の朱印帳を買ってしまいました。

だから京都清水寺などベタたトコや近所の中山寺、勝尾寺などの朱印がまだありません。
もう少し早く始めていたら和歌山の粉河寺や福井の松尾寺あたりも貰えたんですが、また再訪します。

竹生島は琵琶湖の上ということもあって、札所の中でもなかなか行きにくいお寺だとおもいます。
せっかくなので三十三所の朱印ももわらなければ!というワケです。

R0010432




●かわらけ投げ
三方五湖、神護寺でも体験。発祥の地とされる愛宕山にもいきました。
・的にめがけて投げる
・物を叩き付けて壊す
はストレス解消になる行為なんでしょうね。
かわらけ投げそのものがご利益!厄除けです。

R0010413



●(秘)お土産を買う
売っていませんでした。残念



●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う
広島の宮島/厳島神社に訪れた際、大願寺で弁財天が刺繍してあるインパクト最強の朱印帳を買いました。
せっかくなので弁天さま専用の朱印帳にしました。
まずは日本三大弁財天の朱印から

宮島・大願寺/厳島神社(済み)
竹生島・宝厳寺(今回済み)

次回は
吉野の天河弁財天社の予定です。

できれば早めに江ノ島の弁天さまも拝みたいです。

R0010445



竹生島に雨宝童子堂なんてあるんですね。

R0010450

〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

2014-04-16-18-55-31

【岐阜・初遠征-03】華厳寺:西国三十三所、33番札所

華厳寺は西国三十三所の33番目、納め札のお寺です。

そんなワケで?門前はかなりの賑わいでした。

画像11

念珠、お土産、スイーツ、野菜から石や古着まで色んなお店が軒を連ねていました。

画像12


リアル信楽焼!

画像13




僕も見仏がてら朱印も集めています。

巡礼してるワケじゃないんですが、西国三十三所観音霊場になっているお寺にも数多く足を運んでいるので、知らず知らずに集まっています。


そして華厳寺の朱印で4冊目の朱印帳が満杯になりました。

画像15


せっかくなので三十三所用の朱印帳を買ってみました。

巡礼という信仰心はないけど、コレクター気質な僕はきっとムキになって集めることでしょう。


という感じでとても充実した岐阜・見仏旅行となりました。


寺名:華厳寺

訪問日:2013年4月4日

所在



拝観可能な仏像


撮影不可

拝観料:

御朱印
画像1


【和歌山・貧乏見仏旅-1:粉河寺】左甚五郎作・野あらしの虎と鬼子母神

紀伊半島を仏像を巡りながら白浜まで半周して、白浜観光をする旅にでました。

まずは紀ノ川沿いの「粉河寺」と「根来寺」。拝観時間の早い「粉河寺」を目指しました。

6時過ぎに出発して、朝食を取ったりしながら粉河寺に到着したのが拝観時間丁度の8時半。
このスムーズさが今回、絶好調な旅の始まりでした。

9e0cd4fa.jpg


変わった造りの境内を散策しながら石段を昇り中門へ。


9c8b9621.jpg

中門は四天王が二天ずつ左右に背中合わせで警護する念の入れよう!
カッコいいフォーメーションです。

0d40a632.jpg

7e95a39e.jpg

阿弥陀堂を覗いて、本堂へ。
朱印と受付を済ませて・・昇殿!

予備知識がないまま訪れたので二十八部衆と風神雷神の出迎えにビックリしました。
二十八部衆が揃っている迫力は凄いですね。
スグにわかる、阿修羅、
婆藪仙人、摩和羅女を探しました。居た!居た!!
模刻なのか?三十三間堂の二十八部衆に立ち姿がそっくりでした。

本尊の千手観音は秘仏のため厨子が閉じられていました。

内々陣には左甚五郎作と伝わる「野荒らしの虎」が後ろ足でタケノコを蹴散らし可愛かったです。
この虎、夜な夜な出没しては悪さするから目に釘を打たれたとか・・さすが左甚五郎作の虎!魂が吹き込まれてるんですね。→外部リンク:四つ目屋


noarasi-tiger


さらに背骨が生々しく浮き上がった香木の白象や千手観音が祀られていました。

本堂左手にはめちゃくちゃ美人な鬼子母神が!
よく見かける砂かけ婆タイプの鬼女ではなく、キレイなお母さんといった印象。
とても子供をさらって喰らってたとは想像できません。
「美人だけど実は子供をさらって喰らう」ってほうが鬼女より怖いですね・・

粉河寺、思わぬ収穫で大満足!タップリと見仏させていただきました。

つづいて根来寺を目指します。



寺名:粉河寺

訪問日:2012年9月23日

所在


拝観可能な仏像

二十八部衆
鬼子母神

その他
野荒らしの虎

撮影不可

拝観料:

御朱印


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ