Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

岡山

【岡山】毘沙門天だらけの安養寺と秘仏本尊「岡山県立美術館」に出開帳


見仏日:2014年5月25日

倉敷駅から安養寺付近まで行く公共交通機関がなかったので、小型タクシーで往復+待ち時間込みで3000円(交渉)で行ってもらいました。

ここは毘沙門天で有名なお寺です。
毘沙門天は七福神の一神としても活躍しているのはご存知の通り。
毘沙門天の
ご利益は余すとこなく授かろうというワケなんでしょう。境内には他の七福神の神様も賑やかに祀られています。

恵比寿神と大黒天↓
2014-05-25-10-34-51


福禄寿(画面左)と寿老人(画面右)↓
2014-05-25-10-35-27


弁財天と布袋和尚↓
2014-05-25-10-37-04

そして毘沙門天!?どこだろ?

タクシーで中門まで登ってもらったので石段付近におわす「毘沙門天」見逃したようです。
帰りに立ち寄るとして・・

朱印帳を預けて本堂にお参り。


2014-05-25-10-45-51

実はこの時、安養寺の秘仏本尊はお留守でした。

本堂は改修工事中のため「秘仏本尊の阿弥陀如来・釈迦如来・薬師如来」は「不動明王」と併せて岡山県立美術館で出開帳・展示中。

2014-05-24-16-56-00


前日、岡山県立美術館に『麗子」を観に行った際、偶然拝観することができました。

いつも秘仏開帳となると綿密に調べ尽くして出かけるので、こんな巡り合わせは初めてです。
仏縁に感謝して今は仏教美術品として展示されている秘仏に合掌。ありがたいー。
本堂の修理が完了したら(また魂を入れてお堂に帰るんでしょうね)
落慶の開帳とかあるのかな?



そして存在感抜群のパゴダを見上げ

2014-05-25-10-38-59


石段の中ほどを見下ろすと
2014-05-25-10-39-09
なんかとてつもなくデカいお方の後ろ姿が・・・絶対これ毘沙門天だ・・・



安養寺は沢山の毘沙門天がおわすお寺ということでとても興味を持ちました。

何故、毘沙門天ばかり集めたのか・・

実は元々は四天王として祀っていたのでは?

※毘沙門天は四天王の内の一人「多聞天」を単独で祀る時の名称。

もしかして補作の際、他の四天王にも多宝塔を持たせた?

と妄想と疑惑が膨らんでいました。


でも一歩『安養寺・宝物館/成願堂』の自動ドアが開き、足を一歩踏み入れた瞬間、疑惑は頭の中からすっかり消え去りました。

正面中央須弥壇の中尊『兜跋毘沙門天・吉祥天・善膩師童子弐』の左右に三体ずつ。

これだけでも凄いのに

左右の壁にそって十三体ずつ。ほぼ同じサイズ、同じポーズの毘沙門天がズラーーーーっと整列しています。
その数合計33体。

心の準備も十分だったハズなのに圧倒されてしましました。

学術的なことや歴史的な経緯は知りませんが、ただの見仏人の僕は「ぜんぶ毘沙門天!凄い」と納得し、
宝物館を出る時には「いったい何がこうさせた!?」というあらたな疑問が頭の中を渦巻いていました。

待っていただいていたタクシーの運転手さんに石段下に車を回してもらえるようお願いして石段を下り、振り返ると・・・そこに

2014-05-25-11-06-39


『大魔神』

2014-06-12-20-32-45

【岡山】桃太郎の鬼退治伝説・吉備津神社と吉備津彦神社

参神日:2014年3月9日

日本人の認知度ナンバーワンの昔話(多分)『桃太郎』伝説の「吉備津神社」と「吉備津彦神社」を駆け足で巡ってきました。

前日に上田秋成の怪奇譚集『雨月物語』の「吉備津の釜」を抜粋で詰め込んで挑みました。


画像4

特大の社号標がこの先に何かが待ち受けているような妖しげな雰囲気を漂わせていました。

お寺のような石段を登り詰め門をくぐると右手にイキナリ拝殿が現れます。


画像5


心の準備もお賽銭の準備もないまま、慌てて「二礼・二拍手・一礼」作法はこれで合ってるんでしょうか?

お参りを済ませて朱印を頂こうと社務所を探して奥に進むと、とてつもなく広い敷地と荘厳な造りの本殿が目に飛び込んできました。


画像7



まるで宮殿。祭神はもちろん鬼を退治した伝説を持つ桃太郎のモデル「吉備津彦命」

でもこの絢爛豪華な本殿を昔話「桃太郎」と照らし合わせて想像すると、川で洗濯をして柴を刈る質素な生活をしているおじいさんおばあさんではなく、昼間から酒盛りをしている鬼の棲み家なんじゃないか?と思ってしまいます。



それにしても厳島神社と言い、吉備津神社と言い中国地方の神社は豪華でカッコ良いっ!
でもこれで驚くのはまだ早かったです。

本殿のウラ手辺りから廻廊がまっすぐに伸びていて、いっぽ足を踏み入れると空気が張りつめ、異界に迷い込んだ感じ。
この感覚、僕にはやっぱ鬼の宮殿に思えてなりません。

画像9


廻廊の途中で一層妖しげな空気に包まれた建物がありました。

画像10


この小さいけど異様なパワーが漏れてしまっている社殿こそ、世に名高い『鳴釜の神事』が行われている「御竃殿」です。

伝説によると
『吉備津彦命に成敗された鬼・温羅(うら)は首を晒されドクロになっても吠え続け、「御竃殿」に埋められた後も吠え続けた。ある日、温羅の霊が現れ「妻・阿曾媛(あぞひめ)にみけを炊かせて、世の幸いには豊かに、禍いには荒々しく鳴ろう」と告げて吠えるのを止めた。』
といいます。

首と胴体が離れても生首がペラペラ喋るってのはホラー映画によくあるパターンだけど、この発想、実は桃太郎伝説がオリジナルだったのかも。

現在もこの「御竃殿」では、釜の鳴り方の違いで吉凶を占う『鳴釜の神事』が阿曾女(あぞめ)と呼ばれる巫女さんと神職によって行われています。1回3,000円以上で誰でも占ってもらえます。


【吉備津神社】
住所:岡山県岡山市吉備津931
電話:086-287-4111

●御朱印

2014-03-14-17-25-42


そして更に駆け足で『吉備津彦神社』に行ってきました。

岡山にはまだまだ桃太郎の鬼退治(吉備津彦と温羅)の伝承の遺跡が沢山あるようなので、改めてじっくり訪れたいと思います。


【吉備津彦神社】
住所:岡山県岡山市一宮1043
電話:086-284-0031

●御朱印

2014-03-14-17-25-52




ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ