Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

世界遺産

6月6日の奈良〜開帳と世界文化遺産を中心に回ってみました

見仏日:2015年6月6日

この日は奈良の仏ゾーンの中心部が特別熱くなる1日です。
唐招提寺の鑑真和上を秋篠寺の大元帥明王の開帳が重なり、さらには常光寺では秘仏中の秘仏・大聖歓喜天まで開帳になるという特別な一日なのです。

僕はこれまでに何度もこのサーキット形式・開帳イベントに参戦しているんですが、今回は趣向を変えて世界文化遺産巡りを意識しながら回ってみました。

2015-06-06-11-23-18

まずは唐招提寺から。天平の漆の千手観音は久しぶりに見ると少し小さく感じました。
その分、千本の手の精密度が増して見え躍動感も感じました。
仏像って見る度に印象が変わるもだな〜と改めて実感しました。

2015-06-06-12-08-50


鑑真和上も例年の混雑はなく、仏ブームもいよいよ下火にさしかかってきたのかな?というぐらいあっさりと拝観できました。

2015-06-06-12-21-17

そして薬師寺。やっぱり薬師寺の再建は凄い!イマジネーション不足な僕は薬師寺みたいに極彩色に再現してくれるのはありがたいです。回廊を歩くだけで気分が上がります。
ディズニーシーはアトラクションに並ぶ通路までもがアトラクションの一部として成立している。みたいな感じです。

2015-06-06-12-31-05


次の秋篠寺は世界遺産の構成寺院ではありませんが、まさか外すわけにはいきません。

2015-06-06-14-39-07

今年は大元帥明王を並ばずに拝観できました。
ツアーバスとツアーバスの合間を上手くかいくぐれたのかな?
でも朱印は2時間待ち(滝汗)


奈良の中心街に戻り、興福寺に。

2015-06-06-16-59-42

ちょっと時間も押して来たのでお堂にも国宝館にも入りませんでした。

2015-06-06-17-04-08
春日大社と元興寺も後日にするとして・・東大寺へ

2015-06-06-16-05-43

戒律が乱れた日本仏教界に真の戒律を伝えるために来日した鑑真和上の命日(6月6日)
この日に東大寺に参るのはとても意義深いことだとおもいます。
戒壇院まで足を伸ばしてお参りすれば完璧だったんですが、僕はただの見仏人なので、久しぶりに大仏殿に昇殿しました。

2015-06-06-16-17-45

修学旅行生がいっぱいで大混雑の大仏殿は楽しかったです。

そして猿沢池から奈良町方面に出てブラブラ散策して帰りました。

2015-06-06-17-11-25

猿沢池の浮き島に鳩

【小満】第二十二候:蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

おカイコ様。

日本ではかつて養蚕〜絹糸生産は一大産業だったそうです。

一般的には多分“気味の悪いイキモノ”な印象の「イモムシ」でも大金を産み出すとなると、過剰に立派な敬称を付けられるんですね。

そんなこんなで大盛況を極めた絹糸産業も化学繊維の登場で一気に需要が減少し、養蚕業も衰退の一途をだどり、ついには今年「(世界)遺産」として登録される運びになったようです。

富岡製糸場と絹産業遺産群』2014年6月登録予定。

もうすぐですね。


山をやり始めて、ゴアテックスやマイクロフリースなど、ファブリックの進化はもの凄く勢いがあるんだな〜と山雑誌の広告や山専門店の店頭で商品を見る度に思います。が、実感としてはちょっとビミョーです(とくにゴアテックス)

でも肌着はヒートテックのような発熱系化学繊維より天然素材「メリノウール」が断然良いですね。これは実感。


話が逸れました。で、絹です。
絹といえば着物なんですが、僕はハワイアンシャツ(アロハシャツ)が大好きです。

2014-05-21-19-29-58


アロハって元々は和服(着物)のリメイクが起源なのでド派手な柄やド派手な色が多いんです。
日本人から見てもオリエンタルムード全開になっちゃってますね。和洋折衷の妙。

なので当然ビンテージ物になると素材はシルク(絹)100%

テロっとした着用感やサラっとした肌触りが抜群に良くて着心地満点なんですが、扱い辛さも満点で現行のアロハはレーヨン素材が多いです。
(上の写真のアロハは全部レーヨンです)
レーヨンもデリケートな素材ですがシルクよりはかなりマシ。エマールなら洗えます。

ビンテージ復刻ブランドやこだわりまくった作りをするブランドからは今でもシルク100%のアロハがリリースされていて憧れますが、手入れの大変さと背筋が冷たくなるような高価な値段でなかなか手は出せません。

2014-05-21-19-34-48

↑これはシルク100%


でも実際に気に入って去年一番ガシガシ着まくったのはレーヨンでもシルクでもないコレ↓
2014-05-21-19-31-36

↑麻と竹の繊維でできたハワイアン風シャツ。
シルクやレーヨンのようにまとわりつかないゴアゴア感が日本の気候によく合う気がすます。
今年も同じシリーズがあったら買おうかな。

今年の夏はなるべくエコで乗り切るつもりです。
ハワイアンシャツ、蚊取り線香、よしず、花火、風鈴、朝顔、打ち水、かき氷、スイカなどなど

ウクレレの音色も涼しげですよね。今から練習して夏に間に合わせます。
TIKIは元から大好きです。あと、コナコーヒー(フレーバー)も最近のマイブーム。でもハワイには行ったことないです。


そんなワケで
●オススメ旬の映画は
東京タワーに繭を張った『モスラ』です

2014-05-21-20-15-15


【奈良:吉野-1】金峯山寺:日本最大級の秘仏!蔵王権現開帳

寺名:金峯山寺

訪問日:2010年11月6日

所在と最寄り駅

奈良県吉野郡吉野町吉野山
近鉄吉野駅からロープウェイ「吉野山」下車徒歩10分


お寺の特徴など
金峯山寺(きんぷせんじ)のある吉野山は桜の名所として知られ、南北朝時代には南朝の中心地でもあった。金峯山寺の開基は7世紀後半で山岳信仰、修験道の開祖役小角(役行者)によるとされている。
本尊は役行者が金峰山で修行中に感得した蔵王権現三体(秘仏)



拝観可能な仏像

【重文】蔵王権現立像(蔵王堂):像高455.0cm / 鎌倉時代
【重文】普成童子立像(蔵王堂):像高108.9cm / 鎌倉時代
【重文】普建童子立像(蔵王堂):像高111.4cm / 鎌倉時代
役行者倚像+前鬼、後鬼(蔵王堂):像高77.2cm / 鎌倉時代
愛染明王(愛染堂):像高108.0cm / 江戸時代
など

平城遷都1300年祭期間中100日間特別開帳
【重文】本尊蔵王権現中尊:像高728.0cm(秘仏) / 安土桃山時代
【重文】本尊蔵王権現右尊:像高592.5cm(秘仏) / 安土桃山時代
【重文】本尊蔵王権現左尊:像高615.0cm(秘仏) / 安土桃山時代

撮影不可

感想
平城遷都1300年祭イベントの一環として、2010年9月1日からの100日間、吉野山の『金峯山寺』で、秘仏の「蔵王権現(三体)」が特別公開されました。
この機会を逃すワケにはいかないので会期中2回金峯山寺に行きました。

97a23ff3.jpg

一般的なイメージとして…
『修験道の総本山』ってなんだか取っ付きにくそう…
『蔵王権現』って馴染みがなく得体が知れないくて怖そうし…
『吉野山』ってアクセスが不便だし何もない…

なんてことで日本最大級の秘仏開帳にも関わらず蔵王権現大ブレイクには至らなかったのかもしれないけど、行った人はみんな一人残らず感動したはず!

金峯山寺は山岳修行してる人には聖地であって厳粛な空間なんだろうけど、一般人の拝観者には実はとても敷居も緩やかでカジュアルなお寺です。

7cbdbf29.jpg

拝観料を支払うと拝観グッズ一式(護摩木deストラップ、ecoバッグなど)が貰えます。

蔵王堂に足を踏み入れまずは「護摩木deストラップ」(護摩木とストラップが一体になっていて、祈願を書いて護摩木部分を供養してもらい、ストラップ部分をお土産に持って帰る形)に祈願を書いて納めます。

デカいぞ、デカいぞ…と覚悟しながら厨子を覗き込み見上げても、まだ蔵王権現の胸のあたり、そこから更に見上げてやっと蔵王権現に睨みつけられます。

ひょえ〜〜〜っ

怖いしとてつもなくデカいっ!!

Zaoudou_3tai

東大寺の大仏はたしかにデカいけどなんだかモニュメント的に見えてしまいます。
でも金峯山寺蔵王堂の本尊三体はまさに現役の仏という感じだし、躍動感溢れるポーズが本当に活き活きとして見えます。
衆生を救うために今まさに活躍されてるんですね〜だからこそ今回の特別開帳は本当に意義深いとおもいます。

来て良かった〜と感激していると、蔵王堂右手の役行者像の前で盛大な護摩供養が始まりました。

積み上げられた「護摩木deストラップ」に火を灯し、激しい鼓のリズムに合わせて「ハードコアパンクバージョンか!?」と思うほどの高速の「般若心経」が唱えられ、護摩木の山から煙が昇り始め、炎に包まれ火柱があがり火の粉が舞っていました。

お堂の中で護摩供養・・延焼しないのかな?なんて心配を他所に護摩供養がますます激しくクライマックスへ突入!

・・感動。

内内陣を普段とは逆の左回りに半周して特別拝観の更に特別拝観の列に並びました。
線香の火が消えるまで内陣の厨子の間近で蔵王権現に見下ろされるという拝観。
真正面間近から見上げる蔵王権現の迫力と来たら・・もぉ・・凄いです。
「今晩うなされるかも?」と本気で思いました。

しばらく蔵王権現と対峙しているとなんだか親しみやすそうな気にもなるから不思議な感じでした。



拝観料
500円
特別公開期間は1000円(お土産付き)

御朱印
4203d152.jpg


お土産
御影、ポスターなど

【奈良・斑鳩】聖徳太子建立七ヶ寺のうちの一つ法起寺

見仏日:2009年4月16日

聖徳太子建立七ヶ寺のウチの一つです。

奈良・斑鳩「法隆寺」
大阪「四天王寺」
京都・太秦「広隆寺」
奈良・明日香「橘寺」
奈良・斑鳩「中宮寺」
奈良・斑鳩「法起寺」
不明「葛木寺」

書きかけ記事ではありません。

いずれ追記するかもしれません。
2014-06-11-20-50-26


法隆寺にお越しの際は是非足を伸ばしてみてください。


【奈良・斑鳩】法隆寺

見仏日:2009年4月16日

ザ・テンプル。これぞまさしく日本の寺!な法隆寺。
そして聖徳太子が建てた寺としても有名ですが、聖徳太子架空人物説というのがあるんですね。
検証されてる学説なんでしょうか?それとも都市伝説?
そんな事も知らないただの見仏人です。

聖徳太子建立七ヶ寺とは・・
奈良・斑鳩「法隆寺」
大阪「四天王寺」
京都・太秦「広隆寺」
奈良・明日香「橘寺」
奈良・斑鳩「中宮寺」
奈良・斑鳩「法起寺」
不明「葛木寺」

さらに聖徳太子建立の縁起を持つ寺は多く、46ヶ寺とも言われています。

見仏人が法隆寺を訪れるなら夢殿が開扉されている『春4月11日~5月18日、秋10月22日~11月22日 』の期間がベストです。

フェノロサと岡倉天心によって開扉されるまで法隆寺の住職でさえ見ることが許されなかったという絶対秘仏(聖徳太子をモデルにした)『救世観音』を見ることができます。

色んな伝説をお持ちの仏像ですが、何も知らなくても不気味な雰囲気をかもしだしおられます。

guzekannon

というか聖徳太子の像って不気味なのが多くないですか?

shoutokutaishi01
↑法隆寺:聖徳太子


shoutokutaishi03
↑僕には狂気の入った顔付きに見えます。元興寺の聖徳太子


shoutokutaishi02
↑そして極めつけはこの方。異界から来た聖徳太子。


正岡子規「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

2014-06-08-19-32-01
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ