Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

三大如意輪観音

【兵庫県:日本三大如意輪観音】ソランジンと如意尼の伝説をメインに神呪寺

見仏日:2014年5月18日

今年もワクワクしながら二天が守護する仁王門をくぐり

2014-05-18-12-35-39

石段を駆け上がりたい気持ちを抑え(そんな体力もないけど)

2014-05-18-12-34-19


伝説と異形の仏像の宝庫!『神呪寺』本堂に到着しました。

2014-05-18-12-39-52

後方に神坐のごとく控えるのが「甲山」

仲哀天皇の御代、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられたそうです。

なのでここ『神呪寺』は通称『甲山大師』『お大師さん』と呼ばれ親しまれています。


さっそく御本尊と久しぶりのご対面を果たしたいところなのですが、はやる気持ちを抑えて、まずは『入り鐘突き』
語呂の験担ぎですが、「お寺に入った時に突く鐘が『入り金』と言い、お寺から出る時に突く鐘を『出金』と言います」勿論『入り金』が縁起が良いと言われています。


そして朱印をもらって、招待ハガキを受付に渡していよいよ昇殿。

まずは「甲山大師」さんへのお参りし、鎮守である「八臂弁財天」に手を合わせ、いよいよ内々陣へ。
(※広田神社祭神・瀬織津姫の本地仏としての弁財天だとおもいます)

出たっ!秘仏中の秘仏、金ピカに輝く「大聖歓喜天」固く抱き合いお二方とも仲良さげに正面を向く立像です。

いつもは扉が開いてる五大明王や愛染明王、聖観音などの厨子の扉が閉ざされたままになってます。


『麁乱(そらん)荒神』しっかりと間近で拝観できます。
愛染明王や金剛薩埵のような「三鈷杵」と「三鈷鈴」を持ち、大日如来の「智拳印」を結んでいて、更に「如意宝珠」「蓮華」「」「転法輪」を持つ超異形なお姿。


西宮に伝わる民話にも『鷲の地主神とソランジン』として登場する荒ぶる神さまです。


どんな話かというと・・・・・

平安時代のある日、淳和天皇のお妃(*1)は夢枕に立った女神から甲山お寺を建てるようにお告げを受けました。

お妃は密かに宮中を抜け出し西宮まで来ると、広田神社の女神(*2)の導きによって、お寺を建立するのに相応しい場所を示されました。

お妃はとても喜び、空海の協力を得てその場所にお寺を建てました(*3)
そしてお妃自身も剃髪し「如意尼(にょいに)」と名乗り毎日修行に励みました。

ところが「西の山(*4)」のほうから大きな鷲が火の玉を吹きながら現れ寺を燃やそうと襲ってきました。
如意尼は『閼伽水(仏にお供えするための井戸水)』を運ばせ、鷲が吐く火に注ぎかけました。するとたちまち火は消え、大鷲は敵わないと見て西の山へと帰っていきました。

この大鷲は、西の山に古くから住んでいるソランジンという神が姿を変えたもので、仏法が広がり古くからの神である自身がないがしろにされるのを面白くないと思っていたのです。

如意尼はソラジンを荒神として祀り、怒りを鎮めなだめました。
それからというもの、もう大鷲がお寺を襲うことはなくなり、守護神となりました。とさ・・・・・


〜以上「西宮ふるさと民話」と「兵庫県立歴史博物館/ひょうご伝説紀行」より抜粋、再編集して少し盛ってみました。

注釈
*1淳和天皇のお妃=如意尼とは、淳和天皇第四妃「真名井御前」のこと。
*2廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫またの名瀬織津姫。
*3神呪寺の秘仏本尊如意輪観音は「如意尼」をモデルに空海が彫ったもの。
*4「西の山」『牛女の都市伝説』で有名になってしまった「鷲林寺」のことで神呪寺とは対のような存在。同じくソラン荒神を祀っています。

koujin zou2

↑ソラン荒神はこのように荒ぶったお姿です。


そして如意尼の姿を写した空海作の如意輪観音とご対面(キチンとした輪王坐じゃないのが不思議ですね)

nyoirin


今年の例大祭ではいつも開扉されてる珍しい仏像の多くの厨子が閉ざされたままで少し残念でした。
狐頭人身の稲荷明神の厨子も閉まってました。




【大阪:日本三大如意輪観音】国宝・秘仏如意輪観音ご開帳〜観心寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、観心寺の如意輪観音です。

上で説明したようなお祭り日なので、ツアーも沢山企画されているようで観光バスも何台もあり、境内も露店が並び大賑わいでした。

2014-04-18-11-37-04



地元と言える距離に住みながらこれまでお会いできていなかった如意輪さん。

2014-04-18-12-30-53


やっと会えたというよりは、とても有名な方なので、何度も会ったことがあるような錯覚をしていましたが、これで「西宮・神呪寺」「奈良・室生寺」と合わせて日本三大如意輪観音を見仏満願達成です。

kansinji-nyoirin

よくふくよかで官能的と表現されていますが、僕には肝っ玉母ちゃん的な頼りがいのある如意輪観音に思えます。

多少のことには動じない、そしてパワフル。圧倒されてしまいます。

神呪寺の如意輪観音は呪術的にパワフルさですが、こちら観心寺の如意輪観音は肉体的にパワフルですね。

四天王が守護する須弥壇の左右には扉が閉じられたままの厨子があり、中には不動明王と愛染明王が脇侍として控えてるようです。
右手には小ぶりな如意輪観音もいらっしゃいました。現在の御前立ちなんだろうとおもわれます。



2014-04-18-12-30-31


場所を移して宝物館。

2014-04-18-12-36-35


いやー観心寺は仏像の宝庫ですね。
2体の胎蔵界大日如来、試作の如意輪観音と呼ばれる元御前立ち。金箔がよく残り「顔がピッカピカ」と表現して良いぐらいの釈迦如来と薬師如来と見栄を切るカッコいい邪鬼などなど前回、訪れた時は宝物館は閉まってたのか・・・新鮮な驚きの連続。
中でも特に気に入ったのが厨子入りの念持仏サイズの愛染明王、精巧に彫刻されていて玉眼なのか眼がギラギラと輝いていました。

2014-04-18-12-32-39


観心寺といえばもう一つのお楽しみ「北斗七星巡礼の星塚」があるんですが、もちろん巡りました。でも、ダラダラと長くなりそうなので別記事にします。




【兵庫県:日本三大如意輪観音】今年も行ってきました、神呪寺。

毎年の恒例行事になりました。


場所/寺名:神呪寺

訪問日:2012年5月18日


所在と最寄り駅

兵庫県西宮市甲山町25-1
阪急電車「甲陽園駅」バス→甲山大師下車


お寺の特徴など
日本三大如意輪観音、通称融通観音(毎年5月18日開帳)


拝観可能な仏像
内内陣にて大聖歓喜天、宇賀弁才天、そらん荒神、稲荷明神など多数

写真撮影不可

感想
ここ数年、毎年5月18日には神呪寺を訪れています。

c0cae397.jpg

本堂後ろのこんもりした山が甲山。
神呪寺は甲山大師としてしたしまれています。


32783fbf.jpg

そしてこの日は年に一度の開帳!内内陣のパワーは解放される日です。


宇賀弁天、歓喜天、韋駄天、愛染明王、五大明王、そらん荒神、大黒天、吉祥天(
難陀竜王?)、稲荷明神(人身狐頭)、普賢延命菩薩(珍しい多臂の普賢菩薩)、雨宝童子、びらん婆、不動明王、役行者などなど多数。
そして日本三如意輪といわれる如意輪観音。

おなかいっぱいです。


nyoirin


拝観料
無料

御朱印


お土産
融通小判

【兵庫県:日本三大如意輪観音】神呪寺:年一回開帳の秘仏如意輪観音

場所/寺名:神呪寺

訪問日:2009年5月18日


所在と最寄り駅

兵庫県西宮市甲山町25-1
阪急電車「甲陽園駅」バス→甲山大師下車


お寺の特徴など
日本三大如意輪観音、通称融通観音(毎年5月18日開帳)


拝観可能な仏像
内内陣にて大聖歓喜天、宇賀弁才天、そらん荒神、稲荷明神など多数

写真撮影不可

感想
この日は前からチェックしていて必ず行くつもりにしていた神呪寺。
なにしろ1年で5月18日にしか見れない如意輪観音が開帳になり、併せてお堂の中も公開されます。
ココ神呪寺は拝観料は必要ないのでお賽銭を弾もう

●弘法大師像
左手入り口から奥に進むと1段上がった場所があり、そこに鎌倉期の弘法大師像がありました。これが阪神間では有名な「甲山のお大師さん」です。

●宇賀弁天
段上を降りて進むと頭に宇賀神を戴いた八臂の弁天さんが厨子の中で鎮座していました。厨子の扉はが開いていてしっかり見れます。

堂内の廊下を奥に進み須弥壇の左奥が凄い!小ブリな仏像がビッシリ並んでいて目の動線が定まりません。びっくりしました。

●大聖歓喜天(聖天さん/
ガネーシャ神
なんと歓喜天の厨子が開帳されています。はじめて歓喜天の姿を見る事ができました。双身の小ブリな像で浴油の油がしたたった痕がありました。歓喜天の
祈祷本尊の一般的なサイズなんだとおもいます。右側の歓喜天が左の歓喜天の足を踏んでいたので、右側が十一面観音ですね。抱き合い2体とも顔は正面に向けていました。

●釈迦如来(厨子入り)、聖観音、十一面(厨子入り)、五大明王勢揃い(厨子入り)、愛染明王、韋駄天(歓喜天の弟)そして、とてつもなく興味を惹いたのは怒髪三面八臂半跏踏み下げ座の「そらん荒神」かなり怒ってます。
※同じ西宮にある「
鷲林寺」もそらん荒神で有名。

さらに左手のにも仏像群が

●リアルな印象を与える大黒天。大黒天はなにもキャラクター的に可愛く三頭身で造形されているわけではなく、本来こういう姿だったんだろうな。とおもわせます。
如意輪観音、輪王座ではなく半跏であとで見た本尊と同じような姿で、もしかしたら御前立ちなのかもしれません。
地蔵菩薩立像、厨子に入った吉祥天がありました。吉祥天にはなぜかあごヒゲが。

そのとなりの一群は

●地蔵菩薩、厨子入りの稲荷像、厨子入りの兜跋毘沙門天がいました。兜跋毘沙門天の左に(向かって右)には単独の「びらん婆」の像がありました。この像はかなり削れていたいので、兜跋毘沙門天を支えていた台座から削りだしたのかな?とも思われます。「びらん婆」の単独の像ってあるんでしょうか?

さらにその右手には可愛いご尊顔の雨宝童子がいました。最近、雨宝童子とよく巡り会います。部屋に置いても怖くなさそうだし、大日如来と天照大神の変化とおもうとご利益も凄そうだし、今度、お札でも買ってみようかな?
※びらん婆:兜跋毘沙門天を支える地天女の左右に従う二鬼女の一人で通常「にらん婆」と対になっている。

さらに奥に進むと

●観音、厨子入り如意輪観音。

ここまでが本堂須弥壇の裏になります。

右置くにすすむと

●役行者、上人像、聖徳太子像、不動明王のしつしつ座に座った像などがありました。

で本堂正面から内陣に入り日本三如意輪といわれる如意輪観音
如意輪観音は穏やかで柔和な女性的なイメージだけど、神呪寺の如意輪観音はハツラツとした感じです。
お堂にいる秘仏は現役で活躍しているパワフル感じが伝わってきて良いです。
来年も5月18日は予定あけておきます。

nyoirin


拝観料
無料

御朱印
53e6f0e2.jpg


お土産
融通小判
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ