Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

不動明王

【兵庫県:日本三大如意輪観音】ソランジンと如意尼の伝説をメインに神呪寺

見仏日:2014年5月18日

今年もワクワクしながら二天が守護する仁王門をくぐり

2014-05-18-12-35-39

石段を駆け上がりたい気持ちを抑え(そんな体力もないけど)

2014-05-18-12-34-19


伝説と異形の仏像の宝庫!『神呪寺』本堂に到着しました。

2014-05-18-12-39-52

後方に神坐のごとく控えるのが「甲山」

仲哀天皇の御代、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられたそうです。

なのでここ『神呪寺』は通称『甲山大師』『お大師さん』と呼ばれ親しまれています。


さっそく御本尊と久しぶりのご対面を果たしたいところなのですが、はやる気持ちを抑えて、まずは『入り鐘突き』
語呂の験担ぎですが、「お寺に入った時に突く鐘が『入り金』と言い、お寺から出る時に突く鐘を『出金』と言います」勿論『入り金』が縁起が良いと言われています。


そして朱印をもらって、招待ハガキを受付に渡していよいよ昇殿。

まずは「甲山大師」さんへのお参りし、鎮守である「八臂弁財天」に手を合わせ、いよいよ内々陣へ。
(※広田神社祭神・瀬織津姫の本地仏としての弁財天だとおもいます)

出たっ!秘仏中の秘仏、金ピカに輝く「大聖歓喜天」固く抱き合いお二方とも仲良さげに正面を向く立像です。

いつもは扉が開いてる五大明王や愛染明王、聖観音などの厨子の扉が閉ざされたままになってます。


『麁乱(そらん)荒神』しっかりと間近で拝観できます。
愛染明王や金剛薩埵のような「三鈷杵」と「三鈷鈴」を持ち、大日如来の「智拳印」を結んでいて、更に「如意宝珠」「蓮華」「」「転法輪」を持つ超異形なお姿。


西宮に伝わる民話にも『鷲の地主神とソランジン』として登場する荒ぶる神さまです。


どんな話かというと・・・・・

平安時代のある日、淳和天皇のお妃(*1)は夢枕に立った女神から甲山お寺を建てるようにお告げを受けました。

お妃は密かに宮中を抜け出し西宮まで来ると、広田神社の女神(*2)の導きによって、お寺を建立するのに相応しい場所を示されました。

お妃はとても喜び、空海の協力を得てその場所にお寺を建てました(*3)
そしてお妃自身も剃髪し「如意尼(にょいに)」と名乗り毎日修行に励みました。

ところが「西の山(*4)」のほうから大きな鷲が火の玉を吹きながら現れ寺を燃やそうと襲ってきました。
如意尼は『閼伽水(仏にお供えするための井戸水)』を運ばせ、鷲が吐く火に注ぎかけました。するとたちまち火は消え、大鷲は敵わないと見て西の山へと帰っていきました。

この大鷲は、西の山に古くから住んでいるソランジンという神が姿を変えたもので、仏法が広がり古くからの神である自身がないがしろにされるのを面白くないと思っていたのです。

如意尼はソラジンを荒神として祀り、怒りを鎮めなだめました。
それからというもの、もう大鷲がお寺を襲うことはなくなり、守護神となりました。とさ・・・・・


〜以上「西宮ふるさと民話」と「兵庫県立歴史博物館/ひょうご伝説紀行」より抜粋、再編集して少し盛ってみました。

注釈
*1淳和天皇のお妃=如意尼とは、淳和天皇第四妃「真名井御前」のこと。
*2廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫またの名瀬織津姫。
*3神呪寺の秘仏本尊如意輪観音は「如意尼」をモデルに空海が彫ったもの。
*4「西の山」『牛女の都市伝説』で有名になってしまった「鷲林寺」のことで神呪寺とは対のような存在。同じくソラン荒神を祀っています。

koujin zou2

↑ソラン荒神はこのように荒ぶったお姿です。


そして如意尼の姿を写した空海作の如意輪観音とご対面(キチンとした輪王坐じゃないのが不思議ですね)

nyoirin


今年の例大祭ではいつも開扉されてる珍しい仏像の多くの厨子が閉ざされたままで少し残念でした。
狐頭人身の稲荷明神の厨子も閉まってました。




【GW見仏三昧:奈良-明日香編-3】三国の土でできた如意輪観音

飛鳥坐(あすかにいます)神社に立ち寄りました。

2014-05-05-13-56-06




陰陽石やおんだ祭りの舞台を見学して

2014-05-05-14-13-47

↑これは天然モノか人工モノかどっちでしょう?


三十三所の7番札所の岡寺へ移動

2014-05-05-14-30-53

緑に映える見事な仁王門!標柱、標石の配置も計算しつくされていてバッチリ決まってます。


前日まで「七十二候」は『牡丹華(ぼたんはなさく)←ブログ内の記事へリンクしてます』だったのでまさに牡丹の花盛り。
境内のいたるところで、百花の王と呼ばれるにふさわしい見事な大輪の花を咲かせてました。

2014-05-05-14-39-09

そして百花の王・牡丹の華がこれまた良く似合っているのが岡寺の本尊・如意輪観音です。
インド、中国、日本の三国の土を以て作られた特大で色白の塑像。
特大なのに白い顔が呪術的で夜中になると絶対に歩き回ってそうな雰囲気があります。
本堂には天井桟敷があり愛染明王と不動明王が脇侍を勤めていてお堂のパワーを更に高めまくっています。

内内陣に入って目を惹いたのが仏足の版木。
印刷してお札を出してたんでしょうか?欲しいなー。

自分で彫ってみようかな?

門前の無人販売所で飛鳥ルビーという品種のイチゴを買って、記事は前後しますがいよいよ久米寺へ!!

【大阪:本山寺】宇賀神スゴ過ぎるっ!!

木彫の宇賀神像は本当に凄かったです。

寺名:本山寺
訪問日:2012年5月13日
所在

高槻市大字原3298


お寺の特徴など
本山寺は、北山と号して天台宗に属し、毘沙門天を本尊とする。
役小角が開き、宝亀年間(770頃)に開成皇子が創建したと伝わる。
本尊は毘沙門天。鞍馬寺、朝護孫子寺とともに「日本三毘沙門天」とも言われている。


拝観可能な仏像

木造毘沙門天立像【重文】(秘仏、開帳時のみ)
木造吉祥天立像(秘仏、開帳時のみ)
木造善膩師童子(秘仏、開帳時のみ)
木造不動明王立像
荼枳尼天(秘仏、開帳時のみ)
宇賀神像(秘仏、開帳時のみ)

撮影不可


感想
TV見仏記(DVD、Vol.4)を観たことのある方ならその異形過ぎる姿に度肝を抜かれたハズ。
蛇身に翁の顔の宇賀神。
宇賀弁財天として弁財天の頭上に鎮座する姿を観る機会は多いとおもいますが、その宇賀神単体の像です。


本山寺にはこれまで2度訪れたことがあり、1度目は朱印すら貰えず、2度目は無事、朱印はいただたけど仏像は拝めず。

なんだか本山寺から拒まれてるように気になっていました。

そして今回の3度目の訪問。

訪れたのは年三回ある開帳のうちの1回、五月の第二日曜日でした。


事前に連絡を入れて開帳の段取りを聞いて準備万端。
法要のあと13時から1時間程度開帳されるとのこと。


この日はポンポン山登山も兼ねてリュックを背負い込みアタックしました。
本山寺は高槻市からのアプローチでポンポン山への登山道の半ばにあるので、休憩ポイントとしても最適!

東海道自然道をハイキングして途中、本山寺の参道に入りました。


門前に来ると、開帳ということでお茶席が用意されていてお茶とお菓子の接待を受けました。

76c2f8b4.jpg

なんだかこれまでの2回の訪問とはまったく違い、お寺から歓迎されている気がします。


41b2f15f.jpg


ノンビリお茶を戴いた後、本堂の階段を登り切ると法要も最終盤だったようで丁度、ご開帳となりました。

それほど多くの参拝者はいなかったんですが、期待が最高潮で自分の順番が来るのが待ち遠しくてしかたなかったです。

そしていよいよ宇賀神のいる厨子の正面へ・・
立ったままの視点では像容全体はわかりません。ただトグロを巻いた蛇身の大きさに驚きました。

まずは自分をじらすようにそ、宇賀神右手の厨子『荼枳尼天像』の前へ。
荼枳尼天もなかなか観る機会が少ないのでしっかり拝観しました。

その左となりは歓喜天の厨子だそうですが、扉は閉まっていました。

そして正面に戻り宇賀神の前の座布団に腰を下ろし覗き込むと・・・
凄い!!凄過ぎる!
こんな凄い宇賀神みたことないです。

ウロコも細かく表現された蛇身に翁の顔。
顔があまりにもリアルに造形されていて表情が豊か過ぎ!怖いっ。
思わずたじろいでしまうほどパワフルでした。



そして「刀八毘沙門天像」名前の響きから兜跋毘沙門天のバリエーションかと思いますが、三面で十二臂。うち8本の手に刀を持っていて、頭上に如来を戴き獅子に乗っています。武将の信仰が発展して創造されたんでしょうね。戦う姿勢ムキ出しでした。

そして内内陣が収蔵庫になっていて扉が開いていました。
そこには重要文化財の毘沙門天、吉祥天、
善膩師童子が祀られています。

そこから本堂左手にもどり不動明王を拝観しました。

とにかく圧倒されていたので何度も見たくて3回も4回もグルグルと宇賀神、刀八毘沙門天、本尊毘沙門天、不動明王を拝観しました。

あまりにも熱心に拝観し倒したせいか、お坊さんが行者堂に案内してくれました!!
TV見仏記で本山寺の役行者の存在は勿論知っていました。

これは僕と僕のツレ合わせて4人だけがお坊さんに連れられ行者堂の前へ・・お坊さんがお堂の鍵を開けてくださって・・扉が開きます。

うわぁ〜〜もうこのシュチュエーションが大感動!

役行者に前鬼、後鬼・・凄い。本山寺サイコーにパワフル!


正月には牛王の宝印も出るそうです。
正月はちょっとキビしそうだけど、秋の開帳には必ず再訪しようとおもいます。




追記:開帳のあとポンポン山山頂を目指し、無事、辿り着きました。

af8da58c.jpg


拝観料:無料

御朱印
blog_120513_honzan00



お土産



【舞鶴&福井(再訪):舞鶴〜小浜-7】圓照寺:胎蔵界大日如来と不動明王

今回の舞鶴〜小浜、見仏の旅のラストは圓照寺です。
他にも訪れたお寺はあるんですが、お留守で拝観できない。といった地方の仏像巡りならではの小ハプニングがあったり・・でもとても満足できる旅となりました。



寺名:圓照寺

訪問日:2011年11月30日


所在と最寄り駅

〒917-0032 福井県小浜市尾崎22-15


お寺の特徴など

元は真言宗に属し、慶長17年(1612)越前杣山城主瓜生氏の娘、了岳慶智尼の発願によって今の場所に臨済宗として再興された。

福井県指定文化財の庭園やモリアオガエルも有名だそうです。

座禅堂に大日如来(胎蔵界)、不動明王、そして・・



拝観可能な仏像

大日如来坐像(胎蔵界)251.5cm

不動明王立像
三面千手

撮影不可



感想
大日堂と呼ばれるお堂は座禅道場らしくとても殺風景です。こういうお堂で見仏するのは初めてなので少し物悲しいような気分になりました。
でも丈六の大日如来はとても立派でした。
016


その右脇を固める不動明王は
腰をひねり顔をナナメ左下に向け左足を踏み出していて動きがあってやたらカッコいいです。
条帛がかなり上のほうに巻いて裙を胴周りに食い込ませてオナカをせり出させた衣の着こなしもバツグンに良いです。

018

大日如来の左脇は元(ex)千手観音・・
なんでも庚申ブームに乗って青面金剛に作り替えられたというセンセーショナルなお方です。



拝観料
400円

御朱印

b4989c0b.jpg



お土産


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ