Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

十一面観音

【大阪】国宝・秘仏十一面観音ご開帳〜道明寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、道明寺の国宝・十一面観音です。

2014-04-18-14-05-43


全国に7体ある国宝に指定されている十一面観音のウチまだ見ていないのが、ここ道明寺の十一面観音だったので気分が盛り上がらないハズはありません。

狭いお堂は参拝客ですし詰め状態でしたが団体の方々がお時間なようで「潮が引くがごとく」とはこのことか!と得心できる一斉引き上げでした。

ようやくお堂にあがりじっくりと対面しました。

doumyouji11



ため息が出るほど美しい十一面観音です。

この優しげで穏やかなお姿の仏像を彫ったのは菅原道真だそうです。
今は学問の神様・天神様ですが、太宰府に左遷させられ憤死し、怨霊と化し日本最強の祟り神と恐れられたその人の作品かとおもうと、ギャップで十一面観音は更に美しく、雷神道真公はさらに恐ろしく思えます。

お堂の中には向かって右面が夜叉、左面が豚の顔を持つ三面のチベット仏が異彩を放ちまくってました。

道明寺は道明寺粉の発祥の地なんでしょうか?
境内ではお餅や干し飯が売っていました。

2014-04-18-14-31-27

【福井:美浜〜小浜-3】羽賀寺:若狭を代表する名仏の十一面観音

寺名:羽賀寺

訪問日:2010年12月27日

所在と最寄り駅

福井県小浜市羽賀82-2
JR小浜線「東小浜駅」から車で30分



お寺の特徴など
霊亀2年(716年)に、元正天皇の勅願によって行基が創建したと伝えられる。
天台宗に属し青蓮院門跡の末寺であったが宝徳2年(1450年)真言宗寺院となる。


拝観可能な仏像
【重文】十一面観音菩薩立像:像高146.4cm / 平安時代
【重文】千手観音菩薩立像:像高135.4cm / 長寛3(1165)年作
【重文】毘沙門天立像:像高159.1cm / 治承2(1178)年作
不動明王
など

撮影不可


感想
造立当時の彩色が残っているためとても血色がよく見える。眉の曲線もクッキリとしていてメイクした女性のよう。
手首を少し反らしていてもなお膝まで届く腕の長さが神々しい感じです。
衣にも朱や緑の色彩がハッキリ残っていて極彩色であった頃を想像できます。
厨子には毘沙門天や千手観音が並び千手観音の後ろで青色の不動明王がいました。青不動といえば「
青蓮院」ですが、この羽賀寺は以前青蓮院門跡の末寺であったようなので何か関連のある像なのかもしれません。

DSC_0044

拝観料
400円

御朱印
4fd60a07.jpg


お土産

【滋賀県:湖北-7】石道寺:柔和で上品な十一面観音

場所/寺名:石道寺

訪問日:2009年8月6日

所在と最寄り駅

滋賀県長浜市木之本町石道
JR北陸本線「木之本駅」下車 車 10 分
木之本インターから12分
駐車場あり(無料)


お寺の特徴など
平安〜鎌倉時代にかけて、己高山七大寺の一つとして栄えたが、徐々に荒廃し明治29年(1896)無住の寺となる。
大正3年(1914)本堂を現在地に移築した。


拝観可能な仏像
【重文】十一面観音
:像高173.2cm / 平安中期
【重文】持国天立像:像高182.7cm / 鎌倉時代
【重文】多聞天立像:像高182.7cm / 鎌倉時代
小さな厨子入りの念持仏サイズの仏像が多数ある


撮影不可

感想
石道寺も世話方の人が当番で管理されているようで、とても気軽な雰囲気のお堂でした。
平安中期の作と伝わる十一面観音を井上靖が「星と祭」の中で村の娘の姿を借りたようだと例えたそうですが、かすかに色彩を残している姿が「控えめにメイク」しているようにも見える事と、山里の質素なお堂に祀られているところからそういった印象(男の幻想)で語られるのだろうとおもいます。
素朴というよりは柔和で上品な十一面観音で、優美におもいました。京都できらびやかな厨子に収まればきっと別の印象で語られたんだろうな〜。

この石道寺でとても貴重な体験をしました。
須弥壇の回りには
念持仏サイズの厨子がずらりと並んでいました。どれも厨子は閉まっていたのですが開けて拝観しても良いとのことで初めて仏像の収まる厨子の扉を自分の手で開帳させていただきました。


拝観料
300円

御朱印
053109ec.jpg


お土産
仏像の写真など

【滋賀県:湖北-6】医王寺:村の乙女の観音さん

場所/寺名:医王寺

訪問日:2009年8月6日

所在と最寄り駅

滋賀県長浜市木之本町大見
JR北陸本線「木之本駅」下車 車 10 分
木之本インターから15分
駐車場あり(無料)


お寺の特徴など
井上靖の「星と祭」にも「村の乙女の観音さん」として紹介されている十一面観音。

拝観可能な仏像
【重文】十一面観音
:像高145.4cm / 平安後期
要予約(大見いこいの広場のロビーに設置してある公衆電話に世話方さんの電話番号があります。電話をして15分ほどで来てもらえました)

撮影不可

感想
小説「星と祭」は未読ですが「村の乙女の観音さん」という形容は的確だと感じました。やや細身の体躯で伏し目がちで素朴な十一面観音。
大見いこいの広場と隣接する小さなお堂は村の集会場のような雰囲気で「村の乙女の観音さん」という印象を強調していました。


拝観料
300円

御朱印
e3eec98e.jpg
朱印はスタンプ

お土産
仏像の写真など

【滋賀県:湖北-5】己高閣と世代閣:湖北仏教文化の象徴!魚藍観音、十社権現など

場所/寺名:己高閣(鶏足寺)と世代閣(戸岩寺)

訪問日:2009年8月5日

所在と最寄り駅

滋賀県長浜市木之本町古橋
JR北陸本線「木之本駅」下車 車 10 分
木之本インターから12分
駐車場あり(無料)


お寺の特徴など
己高閣世代閣は同じ敷地内与志漏(よしろ)神社境内の奥にある。
己高山(こだかみやま)は平安から鎌倉時代にかけて、山岳信仰の霊場として隆盛を極めた。かつて山上には数多くの寺社が存在したが、時代の推移とともに無住るいは廃寺となり、それらの寺に残された貴重な寺宝の数々を安置するため1963(昭和38)年に己高閣1989(平成元)年に世代閣が収納庫として建設された。
己高閣】には鶏足寺など己高山諸寺の寺宝
世代閣には戸岩寺の寺宝を主に収蔵してある。


拝観可能な仏像
己高閣
【重文】十一面観音
:像高182cm / 平安初期
【県指】七仏薬師:像高100cm / 平安後期
兜跋毘沙門天など多数

世代閣
【重文】薬師如来:像高180cm / 奈良時代
【重文】十二神将のウチ3体:像高100cm / 奈良時代
【県指】魚藍観音:像高160cm / 平安初期
【県指】十社権現10体:像高30cm / 平安後期
など多数


撮影不可

感想
己高閣
十一面観音に多聞天、増長天、さらに七仏薬師如来がならぶ。
山にあった寺の仏が廃寺となりだんだんと集まってきたそうです。
上に小さな厨子がならびその中には雨宝童子も!

世代閣
十一面観音に、薬師如来、日光月光菩薩、十二神将が並ぶ。十二神将の卯年の将は迫力があります。
日光菩薩は顔が割れているが色彩も残り、切れ長の目でかなりの美人!
愛染明王や朽ちた降三世明王、蔵王権現と迫力のある武闘派が続き、なんと!TV見仏記の放送時点では完全秘仏であった十社権現像が展示されている!大ラッキー!猿の形をした神像(十社権現のウチの1体)などもあり神仏習合の得体の知れなさを感じました。
魚藍観音は手に提げたカゴから魚が飛び出していて俗っぽい感じがして面白い像ですね。



拝観料
500円(2館共通)

御朱印
8f23f347.jpg
己高閣

346f6c73.jpg
世代閣:魚藍観音の朱印は珍しい

お土産
仏像の写真など
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ