Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

国宝

6月6日の奈良〜開帳と世界文化遺産を中心に回ってみました

見仏日:2015年6月6日

この日は奈良の仏ゾーンの中心部が特別熱くなる1日です。
唐招提寺の鑑真和上を秋篠寺の大元帥明王の開帳が重なり、さらには常光寺では秘仏中の秘仏・大聖歓喜天まで開帳になるという特別な一日なのです。

僕はこれまでに何度もこのサーキット形式・開帳イベントに参戦しているんですが、今回は趣向を変えて世界文化遺産巡りを意識しながら回ってみました。

2015-06-06-11-23-18

まずは唐招提寺から。天平の漆の千手観音は久しぶりに見ると少し小さく感じました。
その分、千本の手の精密度が増して見え躍動感も感じました。
仏像って見る度に印象が変わるもだな〜と改めて実感しました。

2015-06-06-12-08-50


鑑真和上も例年の混雑はなく、仏ブームもいよいよ下火にさしかかってきたのかな?というぐらいあっさりと拝観できました。

2015-06-06-12-21-17

そして薬師寺。やっぱり薬師寺の再建は凄い!イマジネーション不足な僕は薬師寺みたいに極彩色に再現してくれるのはありがたいです。回廊を歩くだけで気分が上がります。
ディズニーシーはアトラクションに並ぶ通路までもがアトラクションの一部として成立している。みたいな感じです。

2015-06-06-12-31-05


次の秋篠寺は世界遺産の構成寺院ではありませんが、まさか外すわけにはいきません。

2015-06-06-14-39-07

今年は大元帥明王を並ばずに拝観できました。
ツアーバスとツアーバスの合間を上手くかいくぐれたのかな?
でも朱印は2時間待ち(滝汗)


奈良の中心街に戻り、興福寺に。

2015-06-06-16-59-42

ちょっと時間も押して来たのでお堂にも国宝館にも入りませんでした。

2015-06-06-17-04-08
春日大社と元興寺も後日にするとして・・東大寺へ

2015-06-06-16-05-43

戒律が乱れた日本仏教界に真の戒律を伝えるために来日した鑑真和上の命日(6月6日)
この日に東大寺に参るのはとても意義深いことだとおもいます。
戒壇院まで足を伸ばしてお参りすれば完璧だったんですが、僕はただの見仏人なので、久しぶりに大仏殿に昇殿しました。

2015-06-06-16-17-45

修学旅行生がいっぱいで大混雑の大仏殿は楽しかったです。

そして猿沢池から奈良町方面に出てブラブラ散策して帰りました。

2015-06-06-17-11-25

猿沢池の浮き島に鳩

【京都国立博物館・特別展】「国宝鳥獣戯画と高山寺」展

2014-11-20-12-24-45

観覧日:2014年11月20日

京都国立博物館に「鳥獣戯画展」を観に行って来ました。

平日だったので博物館つでに、久しぶりに三十三間堂と紅葉が美しいであろう永観堂あたりも行ってみようかな?と久しぶりの京都中心部の散策を計画していました。
が!国立博物館についてみると入場まで「100分待ち」の長蛇の列。
入場してからメインの絵巻まではさらに「20分待ち」と看板が掲げられていました。
鳥獣戯画の人気をちょっとナメてました。

おとなしく列に並びスマホで時間潰し・・

2014-11-20-12-26-51

高山寺に伝わる「鳥獣戯画」は博物館に寄託され、お寺には複製品が展示されているのですが、快慶作の子犬があったり、ぽつんと一人でいる善哉童子が可愛かったり、鳥獣戯画が伝わるお寺らしいほのぼのした雰囲気でした。
鳥獣戯画を全面に押し出したグッズが豊富で僕も迷わず朱印帳をゲットしました。

2014-11-20-23-06-40

朱印自体は別の朱印帳に書いてもらったので、高山寺の朱印帳を今まさに使っています。

鳥獣戯画に登場するキャラクターはよく目にするので、新鮮さは期待していなかったのですが、巻物を全部みるとやっぱり違いますね。
巻物自体がちゃんと作品として成立していて、鳥獣戯画の世界に吸い込まれます。
楽しそうに遊ぶキャラクター達の躍動感が伝わってきて本当に目の前で動いているかの臨場感でした。

2014-11-20-14-45-39

お土産もたっぷり買いました。

2014-11-20-21-20-30

京都国立博物館・平常館の修復工事が完了してから始めての訪問だったので、宝誌和尚とも対面してきました。

housi.jpg


大阪・河内の金剛寺の巨大大日如来と不動明王がおわし、思わぬ対面に歓喜!
もしや?とおもったのですがやはりコチラにいらっしゃいましたか〜
降三世明王は奈良国立博物館にいらっしゃいます→ブログ記事

早く金剛寺で三尊揃った形で見たいもんです。


【大阪】国宝・秘仏千手千眼観音坐像ご開帳〜葛井寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、葛井寺の国宝・千手観音は西国三十三札所の本尊でもあるので三十三所朱印帳にまた朱印が1つ増えました。
あといくつで満願かな?
三十三所朱印集めも始めてみると信心というよりコレクターの血が騒いで楽しくなってきました。

2014-04-18-15-12-37

西国三十三所札所の本尊開帳とあって、観心寺、道明寺よりさらに混雑していました。

Fujiidera1000

千手観音像は42本の手で「千手」みなす形式の像が主流ですが、ガチで1000本の手を持つ像もあります。
実際にはここ葛井寺の千手観音は持物を持つ大きな手が38手、小さな手が1001手の1039手観音です。解体修理の際に学芸員の方がコヨリを結んで数えたそうです。
制作当初は1042手だったのかもしれないですね。
この過剰な手の像を見ているだけで仏師の鬼気迫る執念が伝わってきます。

境内には今が盛りの藤が綺麗に咲いていました。

2014-04-18-15-34-04

入る時には気付かなかったんですが、仁王門の裏に地獄絵が描かれていました。
千手観音は六道のうち餓鬼道を守る観音でもあります。

2014-04-18-15-35-21



【大阪】国宝・秘仏十一面観音ご開帳〜道明寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、道明寺の国宝・十一面観音です。

2014-04-18-14-05-43


全国に7体ある国宝に指定されている十一面観音のウチまだ見ていないのが、ここ道明寺の十一面観音だったので気分が盛り上がらないハズはありません。

狭いお堂は参拝客ですし詰め状態でしたが団体の方々がお時間なようで「潮が引くがごとく」とはこのことか!と得心できる一斉引き上げでした。

ようやくお堂にあがりじっくりと対面しました。

doumyouji11



ため息が出るほど美しい十一面観音です。

この優しげで穏やかなお姿の仏像を彫ったのは菅原道真だそうです。
今は学問の神様・天神様ですが、太宰府に左遷させられ憤死し、怨霊と化し日本最強の祟り神と恐れられたその人の作品かとおもうと、ギャップで十一面観音は更に美しく、雷神道真公はさらに恐ろしく思えます。

お堂の中には向かって右面が夜叉、左面が豚の顔を持つ三面のチベット仏が異彩を放ちまくってました。

道明寺は道明寺粉の発祥の地なんでしょうか?
境内ではお餅や干し飯が売っていました。

2014-04-18-14-31-27

【滋賀県・湖北】滋賀県の仏像で唯一の国宝はまさに至高〜渡岸寺

見仏日:2014年4月13日


見た人すべてに賛美され尽くして、今さら僕が何か言うこともないのですが。

国宝十一面観音立像。

腰のひねり、ローライズな着こなし、官能的すぎます。

douganji01


お尻の割れ目が見えるんじゃないか?と凝視してしまい、自分の煩悩の深さを思い知る。これも仏の教えに違いない。

douganji02


そしてその煩悩をすべて見透かされている(暴悪大笑面)。まさに仏であり、女性的であるのでした。

douganji03

平安時代/像高194.0cm/滋賀・向源寺(渡岸寺観音堂所在)

2014-04-13-10-17-47

2014-04-16-18-54-31
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ