7月28日〜8月1日ごろ。

むせ返る暑さで熱気がまとわりつく季節。

8月の1日と2日は尼崎の貴布禰神社の夏祭で、町内にある地車が曳き回され奉納の宮入します。
つまり「尼崎のだんじり祭」です。

本番前の7月31日は近所への挨拶回りのお披露目と試験運転を兼ねた試し曳きです。


尼崎のだんじりは前に突き出した2本太い丸太が特徴でこれは地車をしゃくり上げ地車と地車をぶつけ合う「山合わせ」という競技があるからです。
以前は競技というよりはバトルの要素の強いだんじり祭だったみたいです。


試験曳きなのでまだ衣装もまばらだったりですが、桜木温泉で東桜木のだんじり!
様になる光景です。

そして31日はブルームーンでした。
ひと月に2回満月が訪れ、これを眺めると幸せになれるそうですよ。眺めましたか?


暑気払いして猛暑を乗り切ろうというイベントがこれからも目白押し夏は楽しいですね。
個人でも暑気払いしてますか?
風鈴、水打ち、手持ち花火などなど・・

僕はポタリング中に見かけた鉄工所で作業する溶接工の熟練の技と飛び散る火花で暑気払い。

8月1日はだんじり本番!↑気合い入ってました!

道意の地車も貴布禰神社に宮入しに来るんですね。知りませんでした。
ド迫力の地車でした。