Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

大聖歓喜天

6月15日は弘法大師・空海の誕生日〜甘茶浴でお祝い

6月15日は中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日でもあり、不空の生まれ変わりである空海の誕生日でもあります。

花まつりの誕生仏の甘茶浴はわりと見かけるのですが、稚児弘法大師に甘茶浴するのは初めてみました。

2015-06-15-15-14-39

↑稚児弘法大師かわいいですね。ここのお寺では5回甘茶をかけるのが作法だそうです。

ここというのは、以前にも話題にしたことのある『福田寺』です。
聖天信仰の流布に力をしれパワフルでマジカルな仏ばかりが集まっている、凄いお寺なのです。

大師堂に案内していただきました。
このお堂は以前にも入ったことがあり、その時はまるで収蔵庫のように仏像がビッシリと祀られていたのですが、関連の寺院に移したとのことで整然としたお堂になっていました。
それでも孔雀明王のおわす閉ざされた厨子の前には御前立ちのようにして地蔵菩薩が、須弥壇の周りには大日如来は聖観音、半跏思惟観音(如意輪さんなのかなー)などなど。

image

さらに内々陣には愛染明王
2015-06-15-15-25-27

そしてお堂の主である弘法大師がいました。

2015-06-15-15-25-46

小さめの像なんですけど、生気を感じる像でした。ギラギラとした生々しい生気ではなく穏やかで有るか無いかのような・・

そして不動堂にも上げていただきました。
不動明王、せいたか童子とこんがら童子。馬頭観音、役行者、鎮宅霊符神などマジカルな方々のお堂となっておりました。
2015-06-15-15-37-08
↑しつしつ座で二童子を従えるのって珍しい気がします。
これまで観た不動明王と二童子の三尊形式の時は岩座だったような・・
しつしつの時は五大明王の時のほか、降三世明王までもがしつしつ座に座るという珍しい金剛寺のがあります。

開帳日でもなかったのですが、聖天宮にも昇殿させていただくことができました。本尊は「大聖歓喜天」もちろん「足を踏んでる方(十一面観音)も祀られています。その他にもこの聖天さんのお堂には毘沙門天、弁財天、三宝荒神などがおわします。
2015-06-15-15-41-35
派手な聖天さんのお堂、厨子は固く閉ざされていたものの、千手観音を拝観することができました。

大変貴重な仏像を拝見させていただきありがとございました。

【兵庫県:日本三大如意輪観音】ソランジンと如意尼の伝説をメインに神呪寺

見仏日:2014年5月18日

今年もワクワクしながら二天が守護する仁王門をくぐり

2014-05-18-12-35-39

石段を駆け上がりたい気持ちを抑え(そんな体力もないけど)

2014-05-18-12-34-19


伝説と異形の仏像の宝庫!『神呪寺』本堂に到着しました。

2014-05-18-12-39-52

後方に神坐のごとく控えるのが「甲山」

仲哀天皇の御代、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられたそうです。

なのでここ『神呪寺』は通称『甲山大師』『お大師さん』と呼ばれ親しまれています。


さっそく御本尊と久しぶりのご対面を果たしたいところなのですが、はやる気持ちを抑えて、まずは『入り鐘突き』
語呂の験担ぎですが、「お寺に入った時に突く鐘が『入り金』と言い、お寺から出る時に突く鐘を『出金』と言います」勿論『入り金』が縁起が良いと言われています。


そして朱印をもらって、招待ハガキを受付に渡していよいよ昇殿。

まずは「甲山大師」さんへのお参りし、鎮守である「八臂弁財天」に手を合わせ、いよいよ内々陣へ。
(※広田神社祭神・瀬織津姫の本地仏としての弁財天だとおもいます)

出たっ!秘仏中の秘仏、金ピカに輝く「大聖歓喜天」固く抱き合いお二方とも仲良さげに正面を向く立像です。

いつもは扉が開いてる五大明王や愛染明王、聖観音などの厨子の扉が閉ざされたままになってます。


『麁乱(そらん)荒神』しっかりと間近で拝観できます。
愛染明王や金剛薩埵のような「三鈷杵」と「三鈷鈴」を持ち、大日如来の「智拳印」を結んでいて、更に「如意宝珠」「蓮華」「」「転法輪」を持つ超異形なお姿。


西宮に伝わる民話にも『鷲の地主神とソランジン』として登場する荒ぶる神さまです。


どんな話かというと・・・・・

平安時代のある日、淳和天皇のお妃(*1)は夢枕に立った女神から甲山お寺を建てるようにお告げを受けました。

お妃は密かに宮中を抜け出し西宮まで来ると、広田神社の女神(*2)の導きによって、お寺を建立するのに相応しい場所を示されました。

お妃はとても喜び、空海の協力を得てその場所にお寺を建てました(*3)
そしてお妃自身も剃髪し「如意尼(にょいに)」と名乗り毎日修行に励みました。

ところが「西の山(*4)」のほうから大きな鷲が火の玉を吹きながら現れ寺を燃やそうと襲ってきました。
如意尼は『閼伽水(仏にお供えするための井戸水)』を運ばせ、鷲が吐く火に注ぎかけました。するとたちまち火は消え、大鷲は敵わないと見て西の山へと帰っていきました。

この大鷲は、西の山に古くから住んでいるソランジンという神が姿を変えたもので、仏法が広がり古くからの神である自身がないがしろにされるのを面白くないと思っていたのです。

如意尼はソラジンを荒神として祀り、怒りを鎮めなだめました。
それからというもの、もう大鷲がお寺を襲うことはなくなり、守護神となりました。とさ・・・・・


〜以上「西宮ふるさと民話」と「兵庫県立歴史博物館/ひょうご伝説紀行」より抜粋、再編集して少し盛ってみました。

注釈
*1淳和天皇のお妃=如意尼とは、淳和天皇第四妃「真名井御前」のこと。
*2廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫またの名瀬織津姫。
*3神呪寺の秘仏本尊如意輪観音は「如意尼」をモデルに空海が彫ったもの。
*4「西の山」『牛女の都市伝説』で有名になってしまった「鷲林寺」のことで神呪寺とは対のような存在。同じくソラン荒神を祀っています。

koujin zou2

↑ソラン荒神はこのように荒ぶったお姿です。


そして如意尼の姿を写した空海作の如意輪観音とご対面(キチンとした輪王坐じゃないのが不思議ですね)

nyoirin


今年の例大祭ではいつも開扉されてる珍しい仏像の多くの厨子が閉ざされたままで少し残念でした。
狐頭人身の稲荷明神の厨子も閉まってました。




【GW見仏三昧:奈良-吉野編】金峯山寺蔵王堂開帳〜吉野山周遊

見仏日:2014年05月04日

※このブログ記事には『金峯山寺・蔵王堂→東南院→吉水神社→大日寺→竹林院→桜本坊→如意輪寺』
が登場します。この内、竹林院と吉水神社は初訪問


吉野のお寺を訪れるのはこれで4度目。
GW期間中ということもあり、3日の夜に吉野入りして車中泊で朝イチで蔵王堂を拝観する作戦です。

吉野には毎回、蔵王堂が開帳されている時に来ているんですが、アノ蔵王権現にまたお目にかかれるかと思うとワクワクしてなかなか寝付けませんでした。

どうにか朝を迎え、すでに賑わう参道のお土産物屋さんを物色したい誘惑を振り切って金峯山寺へ。

2014-05-04-08-30-48

今回の蔵王堂の開帳は「世界遺産登録十周年記念」と「国宝仁王門修理勧進」によるものだそうです。

短い石段を上り仁王門をくぐるとグラウンドのように広がった境内をを取り囲むようにお堂が並ぶちょっと変わった配置です。広い境内の中にあってもなお大きくそびえ立つ蔵王堂の前に立つと期待で脳内BGMのボリュームもMAX。

2014-05-04-09-30-49

昇殿して「蔵王権現」は最後のお楽しみに残しておこうと、頑張って眼を背けるんですが、眼が吸い寄せられてしまいました。
今にも襲いかかってきそうなポーズで恐ろしい形相をした巨大な蔵王権現が僕を睨みつけています。
身がすくみ、捕われてもう絶対に逃れられないような諦めのような心境。

2014-05-03-00-16-02


知り合いでこの蔵王権現が可愛く見えたという人がいました。きっと清らかな心で真っすぐ正直に頑張っている人には守り神のような存在に思えるんでしょうね。僕のような煩悩まみれな人生を送っていると蔵王権現が恐ろしくてなりません。

蔵王権現の前でひざまずいて、それでもあれこれと厚かましいほどお願い事はしっかりして金峯山寺を後にしました。


そして次に『東南院』

2014-05-04-10-09-47

ここは多宝塔の中にも入らせてもらえて、多宝塔の中にいる大日如来を拝観することができるので、気に入っています。

2014-05-04-10-07-16




『吉水神社』は初訪問です。

2014-05-04-10-17-43


吉水神社に居る前鬼・後鬼は目が赤くギラギラ光っていました。
役行者の眼光も鋭く、今までみた役行者三尊の中で一番の目ヂカラでした。

2014-05-04-10-37-05


なぜか境内に『セーマンドーマン(安倍晴明と蘆屋道満の名前に由来、安倍晴明の印、五芒星と九字紋が書かれた魔除け)』がありました。
陰陽道と何か縁のある神社なんでしょうか?

2014-05-04-10-40-24

↑伊勢の海女さんさんが身につける魔除け『セーマンドーマン』



そして

そして竹林院〜桜本坊へ。
以前、桜本坊で拝観した役行者の母公椅像はやっぱり秘仏なんですね。いらっしゃいませんでした。



吉野最終目的地「如意輪寺」に到着。
ここの収蔵庫にある曼荼羅は役行者が蔵王権現を感得した瞬間の場面を描いてるんでしょうか、ストーリーを感じます。

蔵王権現像はサイズのせいでフィギュアっぽく感じてしまいますが、超リアルで実在の蔵王権現を観た人が作ったとしか思えません。

2014-05-04-13-48-38


お土産もしっかり買い込み大満足で吉野山を下りました。

2014-05-07-12-02-01


仏欲、物欲ともに満たされ大満足な一日になりました。




【和歌山・貧乏見仏旅-4:白浜歓喜神社】ご神体がモロ!お守りがモロ!

まず、初めに。

白浜歓喜神社のお守りは「女陰銭」です。


僕は京都伏見・建長寺のお守り(女陰銭)に続いてココの「女陰銭」をコレクションに加える目的で、今回の見仏旅行のコースに白浜歓喜神社を加えました。

白浜にはいると突如、目に飛び込んでくるリゾートホテルやコンドミニアム、バブリーなクルーザー、そして海岸に広がる白い砂のビーチ・・などなどすべて素通りして目的の白浜歓喜神社に到着。

何故か白浜美術館なるものが併設されていていました。

拝観料を支払うと、まずこの美術館から入ることになります。


どうやら収蔵庫のようですが、陳列されてるのは男女の交合(SEX)を表した曼荼羅、チベット仏など、展示物のすべてが性で埋め尽くされていました。

正面から観ると隠れてしまっている接合部分を下から鏡で覗き見できるような親切な展示方法に関心しました。

意外というか、やっぱり・・というか、大聖歓喜天(聖天さん)も展示されています。
めったに観れない秘仏中の秘仏、聖天さんも気軽に展示しちゃうあたり、この先がますます楽しみです。

美術館を抜けると拝殿の前にいきなりリアルなご神体が登場!
この勿体ぶらない感じが良いですね

これが人間の根本ですから・・避けて通れません。

88aad604.jpg

↑ご神体です。判りにくいけど陽も向かって左にあります。


階段を降りると奉納殿があります。

いろんな方が奉納したんでしょうか?数はそれほど多くはなかったけど、サイズが凄かったです

7aaa5a7e.jpg

ccca4d8a.jpg

結構、満腹になったけど、お土産物やの手前に「おさすりさん」(ビンヅルさんみたいな撫で神さま?)がありました。

11d179dd.jpg


おもってた以上に凄い展開でテンションも上がったけど、掛けられている絵馬には子宝に対する切実な願いも多く、真面目に信仰もされている神社なんだな〜とおもいました。

僕はいたって悪ノリだったけど。

そして、いよいよお待ちかねのお土産物屋さんブース!


女友達へのお土産(セクハラかな〜)と自分のコレクションにと結構散財しちゃいました。

f093732d.jpg

お目当ての女陰銭


0a0772f8.jpg

女性が持つと良いと言われるお守り(友達の分も買いました)


2602cbd8.jpg

男女兼用?和合お守り。

クラクラしますね・・


このあと、露天風呂に浸かりリフレッシュ。
すがすがしい気持ちになって白浜のビーチでサンセットを眺めて、宿にチェックインしました。

20984ce1.jpg




神社名:白浜歓喜神社

訪問日:2012年9月23日

所在

〒649-2211  和歌山県西牟婁郡白浜町坂田1−1
0739-42-2589

拝観可能な仏像

大聖歓喜天
チベット仏
曼荼羅

など

その他
陰陽ご神体
奉納されたモノなど

撮影可
※白浜美術館内は撮影不可

拝観料:

御朱印

666424e1.jpg

【奈良:常光寺】毎年6月6日の奈良は秘仏開帳がアツい!(1)



寺名:常光寺
訪問日:2012年6月6日
所在

〒631-0011 奈良県奈良市押熊町212


お寺の特徴など
生駒宝山寺とゆかりがあるお寺ということで湛海律師作の仏像が多数安置されている。
6月6日は大聖歓喜天が開帳となる。


拝観可能な仏像

大聖歓喜天(秘仏、開帳時のみ)
不動三尊(湛海作)
宇賀弁財天(湛海作)
愛染明王(湛海作)
鬼子母神
(湛海作)
など

撮影不可


感想

毎年、6月6日の奈良は唐招提寺の鑑真和上像3日間開帳と
技芸天で有名な秋篠寺の秘仏「大元帥明王」の開帳が重なるアツイ日。


僕も秋篠寺にはココ数年「大元帥明王」見たさに通っています。

唐招提寺は鑑真和上が遠いのとあまりの混雑ぶりのため近づいていません。


そして、ココにもう一カ寺、6月6日に秘仏を開帳しているお寺があります。


ガイドブックで取り上げられることはないけど、一部のコアな仏マニアの間では有名なお寺『常光寺』です。

常光寺では
6月6日に秘仏「大聖歓喜天(聖天さん)」が開帳となります。
歓喜天自体の開帳もめずらしく、僕も常光寺の他では西宮・神呪寺ぐらいしか知りません。


しかも常光寺の歓喜天は聖天信仰の流布に尽力した生駒聖天でおなじみの宝山湛海その人の作!というのだから、これは駆けつけないワケにはいきません。


これまで江戸期の仏師は円空と木喰の民芸タッチな物しか知らなかったし、仏像ガイド本なんかでも江戸期はほとんどスルーだったので湛海の仏像を知った時は衝撃的でした。

「美仏巡礼」というムック本で松本明慶仏師が次世代の国宝として宝山の「制多迦(せいたか)童子」を紹介していました。

造形はデフォルメが程よく利いていて僕にはとてもコミカルに見えます。一目惚れです!


期待度MAXで車で細く曲がりくねった道を通り抜けると門前へ到着!

ここで更に気分を盛り上げてくれる立て札が!!

blog_120606_jyoukouji01


ひなびた雰囲気が抜群のロケーション!
こんなのどかな所に不動明王や聖天さんがおわすとは!

blog_120606_jyoukouji02

拝観受付で朱印をお願いしたんですが、常光寺では100円で朱印をいただけます。
その分お賽銭を弾もう!


狭いお堂の中には仏像がびっしり!


まずは正面の小さな厨子に収まっている双身歓喜天!金色のガネーシャ神が抱き合ってる!
仏像自体に「宝山」と彫ってある!
つい先日、神呪寺でもお会いしたけど、聖天さんは秘仏中の秘仏だし、異形中の異形だから、何度見てもセンセーショナルです。

さらに

吉祥天、毘沙門天(吉祥天の旦那さん)に鬼子母神(吉祥天のお母さん)とファミリーで!

茶吉尼天、摩利支天、宇賀弁天、大黒天とパワフルな方々。

不動明王と制多迦童子と矜羯羅童子。湛海作で制多迦童子がバナナマン日村にマジでソックリ!
コミカルに見えるとおもってたけどココまでとは!

如意輪観音に地蔵菩薩に・・もうお腹いっぱい。


でもデザートは別腹?


お堂から廊下へ出ると「みうらじゅん」のイラスト付きサイン色紙が2枚額入りで飾られています。

もしかしたら仏画扱いか?画題はウマとカエルだったけど・・


廊下を通って奥の部屋に入ると本当の仏画が飾れてあります。

春日赤童子と雨宝童子。これは西大寺の愛染明王の御前立ちの厨子の絵と同じで大好きな組み合わせ!で大感激!

ここにも茶吉尼天と不動明王が仏画でありました。


ご住職の説明もとても丁寧だし、堪能してたらあっという間に2時間ほど経っていました。


まだまだ居たかったけど、次の秋篠寺も楽しみだし・・・


後ろ髪引かれながら常光寺を後にしました。


拝観料:

御朱印
blog_120606_jyoukouji00
↑聖天さんの大好物、大根の朱印がカッコいい!!



お土産

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ