紀伊半島を仏像を巡りながら白浜まで半周して、白浜観光をする旅にでました。

まずは紀ノ川沿いの「粉河寺」と「根来寺」。拝観時間の早い「粉河寺」を目指しました。

6時過ぎに出発して、朝食を取ったりしながら粉河寺に到着したのが拝観時間丁度の8時半。
このスムーズさが今回、絶好調な旅の始まりでした。

9e0cd4fa.jpg


変わった造りの境内を散策しながら石段を昇り中門へ。


9c8b9621.jpg

中門は四天王が二天ずつ左右に背中合わせで警護する念の入れよう!
カッコいいフォーメーションです。

0d40a632.jpg

7e95a39e.jpg

阿弥陀堂を覗いて、本堂へ。
朱印と受付を済ませて・・昇殿!

予備知識がないまま訪れたので二十八部衆と風神雷神の出迎えにビックリしました。
二十八部衆が揃っている迫力は凄いですね。
スグにわかる、阿修羅、
婆藪仙人、摩和羅女を探しました。居た!居た!!
模刻なのか?三十三間堂の二十八部衆に立ち姿がそっくりでした。

本尊の千手観音は秘仏のため厨子が閉じられていました。

内々陣には左甚五郎作と伝わる「野荒らしの虎」が後ろ足でタケノコを蹴散らし可愛かったです。
この虎、夜な夜な出没しては悪さするから目に釘を打たれたとか・・さすが左甚五郎作の虎!魂が吹き込まれてるんですね。→外部リンク:四つ目屋


noarasi-tiger


さらに背骨が生々しく浮き上がった香木の白象や千手観音が祀られていました。

本堂左手にはめちゃくちゃ美人な鬼子母神が!
よく見かける砂かけ婆タイプの鬼女ではなく、キレイなお母さんといった印象。
とても子供をさらって喰らってたとは想像できません。
「美人だけど実は子供をさらって喰らう」ってほうが鬼女より怖いですね・・

粉河寺、思わぬ収穫で大満足!タップリと見仏させていただきました。

つづいて根来寺を目指します。



寺名:粉河寺

訪問日:2012年9月23日

所在


拝観可能な仏像

二十八部衆
鬼子母神

その他
野荒らしの虎

撮影不可

拝観料:

御朱印