Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

弁財天

【兵庫県:日本三大如意輪観音】ソランジンと如意尼の伝説をメインに神呪寺

見仏日:2014年5月18日

今年もワクワクしながら二天が守護する仁王門をくぐり

2014-05-18-12-35-39

石段を駆け上がりたい気持ちを抑え(そんな体力もないけど)

2014-05-18-12-34-19


伝説と異形の仏像の宝庫!『神呪寺』本堂に到着しました。

2014-05-18-12-39-52

後方に神坐のごとく控えるのが「甲山」

仲哀天皇の御代、神功皇后が国家平安守護のために、山に如意宝珠・金甲冑・弓箭・宝剣・衣服等を埋めたと伝えられ、このことから甲山と名付けられたそうです。

なのでここ『神呪寺』は通称『甲山大師』『お大師さん』と呼ばれ親しまれています。


さっそく御本尊と久しぶりのご対面を果たしたいところなのですが、はやる気持ちを抑えて、まずは『入り鐘突き』
語呂の験担ぎですが、「お寺に入った時に突く鐘が『入り金』と言い、お寺から出る時に突く鐘を『出金』と言います」勿論『入り金』が縁起が良いと言われています。


そして朱印をもらって、招待ハガキを受付に渡していよいよ昇殿。

まずは「甲山大師」さんへのお参りし、鎮守である「八臂弁財天」に手を合わせ、いよいよ内々陣へ。
(※広田神社祭神・瀬織津姫の本地仏としての弁財天だとおもいます)

出たっ!秘仏中の秘仏、金ピカに輝く「大聖歓喜天」固く抱き合いお二方とも仲良さげに正面を向く立像です。

いつもは扉が開いてる五大明王や愛染明王、聖観音などの厨子の扉が閉ざされたままになってます。


『麁乱(そらん)荒神』しっかりと間近で拝観できます。
愛染明王や金剛薩埵のような「三鈷杵」と「三鈷鈴」を持ち、大日如来の「智拳印」を結んでいて、更に「如意宝珠」「蓮華」「」「転法輪」を持つ超異形なお姿。


西宮に伝わる民話にも『鷲の地主神とソランジン』として登場する荒ぶる神さまです。


どんな話かというと・・・・・

平安時代のある日、淳和天皇のお妃(*1)は夢枕に立った女神から甲山お寺を建てるようにお告げを受けました。

お妃は密かに宮中を抜け出し西宮まで来ると、広田神社の女神(*2)の導きによって、お寺を建立するのに相応しい場所を示されました。

お妃はとても喜び、空海の協力を得てその場所にお寺を建てました(*3)
そしてお妃自身も剃髪し「如意尼(にょいに)」と名乗り毎日修行に励みました。

ところが「西の山(*4)」のほうから大きな鷲が火の玉を吹きながら現れ寺を燃やそうと襲ってきました。
如意尼は『閼伽水(仏にお供えするための井戸水)』を運ばせ、鷲が吐く火に注ぎかけました。するとたちまち火は消え、大鷲は敵わないと見て西の山へと帰っていきました。

この大鷲は、西の山に古くから住んでいるソランジンという神が姿を変えたもので、仏法が広がり古くからの神である自身がないがしろにされるのを面白くないと思っていたのです。

如意尼はソラジンを荒神として祀り、怒りを鎮めなだめました。
それからというもの、もう大鷲がお寺を襲うことはなくなり、守護神となりました。とさ・・・・・


〜以上「西宮ふるさと民話」と「兵庫県立歴史博物館/ひょうご伝説紀行」より抜粋、再編集して少し盛ってみました。

注釈
*1淳和天皇のお妃=如意尼とは、淳和天皇第四妃「真名井御前」のこと。
*2廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫またの名瀬織津姫。
*3神呪寺の秘仏本尊如意輪観音は「如意尼」をモデルに空海が彫ったもの。
*4「西の山」『牛女の都市伝説』で有名になってしまった「鷲林寺」のことで神呪寺とは対のような存在。同じくソラン荒神を祀っています。

koujin zou2

↑ソラン荒神はこのように荒ぶったお姿です。


そして如意尼の姿を写した空海作の如意輪観音とご対面(キチンとした輪王坐じゃないのが不思議ですね)

nyoirin


今年の例大祭ではいつも開扉されてる珍しい仏像の多くの厨子が閉ざされたままで少し残念でした。
狐頭人身の稲荷明神の厨子も閉まってました。




【GW見仏三昧:奈良-天川編】日本三大弁天の天河大弁財天社

参拝日:2014年05月04日


今回の旅の最大の目的のひとつである『天河大弁財天社』へ。
吉野を満喫しすぎたので到着したのは社務所が閉まる30分前でした。

2014-05-04-16-43-47


広島・宮島で買った弁財天専用朱印帳に念願の三大弁財天の朱印を納めることができました!
次は江の島と行きたいとこだけど・・・遠いからなー。

関西で弁財天の朱印があるトコを調べよう。


で、時間の無い中、社務所の方と「天川弁財天秘密曼荼羅」の話をお伺いして、図版を見せてもらったり短い時間ながら充実した訪問となりました。

そして版木の曼荼羅を購入。

調べてみると1月17日には『牛王の宝印』も出てるんですねー。どんな版木だろ?欲しいっ!
きっと年代モノでめちゃパワフルなんだろうなー。


日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

【滋賀県・竹生島】琵琶湖に浮かぶ信仰の島・宝厳寺

2014年4月13日

前回、竹生島へは彦根港から渡りましたが、今回は長浜港から。
それにしても船ってなんでこんなにワクワクさせられるんでしょう?
アトラクション感覚で楽しめば船賃は全然高くないですね。

今回、竹生島への目的は4つ。


●西国三十三所の朱印を貰う

●かわらけ投げをする

●(秘)お土産を買う

●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う



●西国三十三所の朱印を貰う
横蔵寺を目的に岐阜遠征をした時、ついでみたいな感じで西国三十三所の33番・納めの札所「華厳寺」に立寄ました。

三十三所の札所のお寺にはこれまで何度も何度も行ってたのですが、札所巡礼には全く興味が湧かなかったのですが、さすが納めの札所、参拝してる方々の熱気が違いました。順番に巡って満願。という方が多いでしょうね。
僕もこの熱気に呑まれる形で西国三十三所用の朱印帳を買ってしまいました。

だから京都清水寺などベタたトコや近所の中山寺、勝尾寺などの朱印がまだありません。
もう少し早く始めていたら和歌山の粉河寺や福井の松尾寺あたりも貰えたんですが、また再訪します。

竹生島は琵琶湖の上ということもあって、札所の中でもなかなか行きにくいお寺だとおもいます。
せっかくなので三十三所の朱印ももわらなければ!というワケです。

R0010432




●かわらけ投げ
三方五湖、神護寺でも体験。発祥の地とされる愛宕山にもいきました。
・的にめがけて投げる
・物を叩き付けて壊す
はストレス解消になる行為なんでしょうね。
かわらけ投げそのものがご利益!厄除けです。

R0010413



●(秘)お土産を買う
売っていませんでした。残念



●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う
広島の宮島/厳島神社に訪れた際、大願寺で弁財天が刺繍してあるインパクト最強の朱印帳を買いました。
せっかくなので弁天さま専用の朱印帳にしました。
まずは日本三大弁財天の朱印から

宮島・大願寺/厳島神社(済み)
竹生島・宝厳寺(今回済み)

次回は
吉野の天河弁財天社の予定です。

できれば早めに江ノ島の弁天さまも拝みたいです。

R0010445



竹生島に雨宝童子堂なんてあるんですね。

R0010450

〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

2014-04-16-18-55-31

【広島:2泊3日(見仏の旅?)宮島編】厳島神社〜大願寺(日本三大弁財天)

2014年2月7日の夕方、広島へ向けてワクワクと車をスタートさせました。
この日はご存知の通り、夜半から記録的大寒波が西日本を襲い大雪を降らせたアノ夜です。

天気は荒れ模様と確認していたものの尼崎を出発した時には、まだ雨も降っておらず、山陽道を西へ西へと車を走らせ中間地点の『吉備サービスエリア』に来ても、「なんだか少し曇りがちかな?」といった程度でした。

『吉備サービスエリア』でタップリ休憩したあとドライブを再開させてしばらく走っていると、ヘッドライトに白く照らし出されるモノが・・そしてフロントガラスに雪がヘバり付きはじめ、山陽道は福山から岩国まで『冬タイヤ』と『制限速度規制』が出されました。

路肩には雪が積もり路面にワダチができはじめると、どの車も速度を落し遂にはハザードランプを点滅させながら停車してしまいました。
ノーマルタイヤな僕はノロノロとカタツムリのように高速を進み、なんとか広島へ辿り着きました。


出発前の計画では、まず明けて初日の8日、尾道の『千光寺』でオリジナル朱印帳を買ってから古寺を巡り、その後周辺観光をする予定でした。

ところが窓の外はボタン雪がボトボトと落ちて来ていて、交通情報を確認すると山陽道は通行止め!
えらい時に来たなーと思いましたが、ここまでレアな気候に当たると逆にツイてる!って気になるし、とても楽しい気分でした。

天気は回復してきたものの尾道を回るには厳しい時間になってきたので、とりあえず広島遠征の最大の目的地でもある『宮島』を目指すことにしました。

自分では記憶していなかったんですが、僕は何年も前に「宮島に行ってみたい」と言ってたそうです。
覚えていなかったけど何かの巡り合わせだったのかもしれません。
更に言うと、もしかしたら何年後かに振り返った時、人生の『分岐点』だった。と思える宮島になる可能性もあります。

山陽道は相変わらずの通行止めなのでノンビリ、ユルユルと宮島に向かいます。観光駐車場に車を停めて、フェリーに乗船!

フェリーから眺める大鳥居は思っていたより小さくでビックリしました。

画像6

やっぱ実物は凄いこのサイズ感も実際に見ないと判らないことですからねー。

宮島に上陸すると『厳島神社』までの参道にお土産物屋さんがびっしりと並び否応無しにテンションがあがりますねー。賑やかな参道は大好きです!

でもお土産は後回しにしてまずはお参り。

画像2

しっかり朱印もいただきました。

画像23

そして『厳島神社』を抜けると僕に取っての本当のメイン!

『大願寺』が厳島神社とはまた趣の違った質素なたたずまいで僕を出迎えてくれました。

画像3

ここは日本三大弁天のひとつにも数えられるお寺で弁財天・宇賀神ファンとしては一度は訪れてみたかったお寺だったのです。


一見悪趣味にも思えるほど弁財天のインパクトが強いオリジナル朱印帳を求め朱印を頂きました。

画像27


この朱印帳はせっかくなので『弁財天朱印専用』にしようとおもいます。

画像24

まずは勿論、この日参拝した宮島は大願寺の弁財天の朱印です。

お参りを済ませたばかりのはずなのに早速、食欲という煩悩がムクムクと鎌首をもたげてきたので・・

画像7

広島と言えば牡蛎を食べない訳にはいきません。

そしてこれまでの人生で食べた『広島風・お好み焼き』の中で一番美味しかったお好み焼きと遭遇しちゃいました。

画像8

めっちゃ美味しいカキフライにも遭遇したのですが、美味し過ぎて写真撮るのをスッカリ忘れてました。

今回の記事、仏像が全く登場しませんが目的は『大願寺の弁財天の朱印帳をゲットする!』だったので大満足です!!



〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

後半、尾道編へつづく・・

【ソトバタイジング:スカーフ】天川弁財天秘密曼荼羅

テレビ見仏記の本放送で観た大阪・正圓寺の異形の仏像群。


余りにもセンセーショナルで脳裏に焼き付いて離れませんでした。

中でも蛇頭人身の「天川弁財天像」にはすっかりヤられました。

画像1


画像1


その後、学研のエソテリカ(赤本)「神仏習合の本」で元となる曼荼羅があることを知りました。

画像1


たまたま弁財天曼荼羅で画像検索をしていると、やけに鮮明で生々しく、パワーを放っている弁財天曼荼羅の画像に遭遇。

なんだこれはっ⁈

と、ブログ記事本文を読んでみると‥

神宮威一郎という方が天川弁財天曼荼羅をモチーフにスカーフを制作した作品紹介の記事でした。
神宮威一郎さんの記事へリンク

スカーフの表現や技法は素人の僕には全く判らないけど、鮮やかな画像を見るだけでも精密さやマジカルパワーが伝わってきます。
更に記事には妥協のない制作過程が紹介されています。


ヤバイ、コレ欲しいっ


これまでお寺に行ってもお土産の曼荼羅画や仏画の類いを買った事がない僕ですが、もう欲しくて、欲しくてたまらなくなりました。

でも、記事本文には購入方法が記されてなく、関連リンク先を見ても販売されていません。

もしかして、一般向けには販売されてないのかな?

血相変えながら、ソッコーでブログ記事に「買いたい」とコメントしました。


今から思えば、不躾でかなり失礼があったのではないかと冷や汗タラタラです。

有名なアーティストの方に違いないし(汗)


それでも返信をいただき、メールで連絡先を伝えて、今日、念願の現物を手にしました。

更に失礼ながら期待以上の素晴らし過ぎる作品に狼狽えてしまいました。


画像1


※↑スカーフはサイズが大きく、見応え十分!
でもデジカメのフレームに収まらないので、神宮威一郎さんの記事から画像を拝借してます。

額に入れて飾らなければ(^^)

巳年の2013年、宇賀神や弁財天と縁があって嬉しいです。


余談ですが、僕が天川弁財天曼荼羅を知るきっかけになった、テレビ見仏記で紹介された正圓寺には、天川弁財天像の他、三天和合の茶吉尼天や大自在天として伝わる単身の歓喜天(?)などマジカルパワー全開の仏像がいっぱいあります。

画像1


画像1


いずれも秘仏だけど、是非、生で拝観してみたいです。

〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで


ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ