Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

摩多羅神

【土鈴】摩多羅神(広隆寺・牛祭り)


土鈴は神々を招く楽器であり、魔除け、厄除けのお守りとして、民芸品のお土産として親しまれています。
その起源は太古にさかのぼり、なんと縄文時代の遺跡や古代の祭祀遺跡からも発見されているそうです。


今回、僕が入手した土鈴は当ブログでも度々話題にとりあげている、僕の大好きな謎の神「摩多羅神」のモノです。

image

二面になっています。

image



以下のリンクは摩多羅神についての僕のブログの過去記事です。

●2012年08月09日「遂に摩多羅神と出会う!」
●2011年04月14日「謎の神1摩多羅と摩多利」

いくら調べても来歴不明の謎の神様で、そのミステリアスな感じだけで、十分パワフルでマジカルな神様です。



国宝第一号の仏像「宝冠弥勒菩薩」で有名な京都、太秦「広隆寺」にこの摩多羅神を主神とする『牛祭り』というお祭りがありました。
今宮神社のやすらい祭と鞍馬の火祭と合わせて京都三大奇祭と言われていたそうです。

img_1218546_33376848_0


o0480031812553739428-1

matara


牛祭の由来は、恵心僧都・源信(往生要集「死後の世界」を書いたお坊さん)がお告げを受け、摩多羅神を守護神にして厄よけ神事を行ったのが始まりだとか。

牛祭の内容はブキミな白面を付けた摩多羅神役が牛にまたがり、赤鬼と青鬼を従えて練り歩き、お堂の前で長い祭文を読み上げる。といったものだったそうですが、現在は諸事情で開催されていません。

牛祭りの様子は実際に体験したみうらじゅん氏の著書「とんまつりJAPAN」に詳しいのでソチラをご一読ください。←amazonへリンクしてます。

Ushimatsuri



この不気味な白顔の摩多羅神のお面はナント!画家、富岡鉄斎のデザインです。参加者にはこのお面が授与されていたそうです↓

c_201304

↑牛祭りで授与されていたお面。ヤフオクで5000円ぐらいで取引されています。


摩多羅神は天台宗において常行堂の後ろ戸に祀られる守護神として有名ですが、芸能の神としての一面も良く知られています。

2fcad76f

とくに絵画では
陽気に(不気味に)鼓を打ち鳴らし、丁禮多(ていれいた)・爾子多(にした)のニ童子をまい踊らせる姿が描かれていますし、談山神社には桃山時代の摩多羅神の能面が伝わっています。

lrg_20760573

↑談山神社に伝わる「摩多羅神」のお面


牛祭りの主役の摩多羅神もお面を付けているので芸能の神としてのご利益を兼ね備えていたんでしょうか。

とにかくこのお祭りが見れないのは残念です。


摩多羅神は祟るとして恐れられてもいますが、富岡鉄斎デザインの摩多羅神はちょっと不気味だけどユーモラスなので傍らに置いていても大丈夫そうです。(キモカワと言ったら祟られそうなので控えます)

摩多羅神像は
岩手の毛越寺(33年に一度開帳)
島根の清水寺(収蔵庫開扉中は拝観可能)
があります。
img_1601717_46233413_2


9623e48f


他に摩多羅神像が拝観できるお寺をご存知の方、是非ご一報くださいませ。


【謎の神-1】摩多羅神と摩多利(摩怛哩)

摩多羅神と摩多利(摩怛哩)神は本来別尊で、習合したわけではなく名前が似ているためか(?)混同されてしまったようです。ネットで調べる限りではWikiペディアでも事典などでもほぼすべてで同体と解説されています。


摩多羅神はどこにも起源らしきものが見当たらない不思議でマジカルな神様です。
あの笑みを浮かべた翁の像容もメチャ怖い。

o0296061510232468903
↑摩多羅神と丁禮多(ていれいた)・爾子多(にした)のニ童子


一方、摩多利(摩怛哩)神は孔雀経に夜叉神として「摩怛哩夜叉住於施欲国」とあり、また摩多利は梵語で「母」の意味で「理趣経」にある「七母天」のことです。

七母天
ブラフマニー(ブラフマン=梵天の女性名で妻とされる)
ルドラニー(ルドラ=シヴァの妻)
カウマリー(クマーラー=韋駄天の妻)
バイシュナヴィー(ヴィシュの妻)
ヴァラーヒー(ヴァラーハ(野猪=ヴィシュヌの化身)の妻)
インドラーニー(インドラ=帝釈天)の妻)
チャームンダー(ヤマ=閻魔の妻)
です。

摩多利=七母天のうちチャームンダー(叉文茶天/しゃもんだてん)なので摩多羅神は女神という説も学研の仏尊事典に掲載されています。
珍説にも思えるけど「摩多羅=摩多利」とした場合こうなりますね。

大黒天(とくに三面大黒など憤怒)との同体説は「七母天=摩多利」が大黒天の眷属であるため同体視されたようです。
※佛説摩訶迦羅大黒天神経訓読

疫病神(転じて除疫)としての性格があり、赤痢流行時に各地で摩多利の石塔が建立されたようで「七母天=摩多利」は結構あるようです。


摩多羅神はほとんど見かけません。

でも・・・島根にいます。

imgview-1

↑島根県安来清水寺の摩多羅神

2008年に清水寺の収蔵庫に所蔵されていることを確認。2009年2月の長谷洋一教授(関西大学、仏教美術史)による精査により、鎌倉時代の摩多羅神と判明。


そうだ!!島根行こう

Matara_Zo
↑躍動感溢れる摩多羅神

広隆寺:宝冠弥勒、泣き弥勒、蔵王権現、男神像など

場所/寺名:広隆寺

訪問日:2009年4月20日


所在と最寄り駅

京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
京福電鉄嵐山線「太秦」駅下車すぐ。または、市バス右京区総合庁舎前下車、徒歩2分


お寺の特徴など
国宝第1号の仏像として有名な弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)がある。



拝観可能な仏像
霊宝殿にて:宝冠弥勒、泣き弥勒、不空羂索観音、蔵王権現、男神像(伝秦河勝像)、女神像(伝秦河勝夫人像)など多数


感想
神像は収蔵庫にあっても呪術的で怖い印象。蔵王権現の印が逆なのが珍しい。
謎の多い摩多羅神にまつわる神事「牛祭り(京都三大奇祭の1つ)」が行われていたが、近年では催されていない。お寺の方に理由を伺ってみたが「色々と難しい」という曖昧な話しか聞けなかった。


拝観料
境内無料、霊宝館:700円


御朱印
朱印はスタンプ

お土産
宝冠弥勒のお守り、冊子など
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ