見仏日:2013年8月23日

8月23日。年に一度、福田寺の龍神堂の扉が開く日です。

TV見仏記で福田寺の龍神像の奇怪な姿に魅せられ、是非生で拝観したいとおもっていました。

真夏の日差しが照りつける中、阪急「東向日駅」からiPhoneの案内に従ってテクテク歩きます。
珍しい仏像の開帳の日にも関わらず福田寺までの道中、のぼりも看板も見かけません。

とくに宣伝して拝観者を募るワケでもなく、地域に密着して檀家さんに支えられてるお寺なんですね。

拝観の受付も拝観料もなく、龍神のおわす龍神堂も開け放たれたままです。

image


うわっ!お楽しみの『龍神様』が丸見えやん!もったいない・・。

視線をそらして本堂にいらっしゃった方に声をかけ、伏せ目がちにしながらそっと昇殿しました。


『はぁ〜この方が・・・龍神様』

image


龍の姿をしているワケでもなく、頭上に龍を戴くワケでもなく・・膝をついて一心に祈るように合掌しています。本当に奇怪な姿です。

やはり夜叉神に似ている気がします。

【過去記事】→東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち


生で見ると握り合わさった両手の力の入り具合がモノ凄く、飛び出した両目は力が入り過ぎているせい?と、思えてきます。(後補だそうですが・・)


この方とにかく雨乞いのパワーが凄まじいので、どんなお姿であったとして『龍神』と呼ぶのがふさわしいとおもいます。


去年も同じ日に福田寺から離れた智恵光院で秘仏六臂地蔵を拝観している時に突然、夕立がり「あ〜龍神様が開帳になってるからか〜」と思ったもんですが、この日も夕方から見事に雨が降りました。

お堂の左に目を向けると・・これまた珍しい『摩耶夫人像』

今まさに!摩耶夫人の右脇から釈迦が誕生した瞬間の像です。

b5

↑福田寺の摩耶夫人像:右脇にお釈迦様がぶら下がっています。

思っていたよりもかなり小さい像でしたが、近くから拝観できるのでお釈迦様の姿もハッキリ見ることができました。

ちょうど本堂にご住職の姿が見えたので、御朱印をお願いすると本堂の仏像も拝観するようにすすめていただいたので、遠慮なく昇殿させていただきました。

朱印をいただいた後、龍神について質問すると、お忙しい中とても丁寧な説明をしていただきました。

ご住職のお話によると龍神は元は「にらんば」か「びらんば」(兜跋毘沙門天を支える地天女の両脇の人)のどちらかではないか。ということでした。

言われてみればそんな気がしてきました。

このように珍しい仏像が拝観できる『福田寺』是非、来年は足を運んでお賽銭を弾んでください。


mayabunin

↑東京国立博物館蔵の摩耶夫人:右のたもとからお釈迦様が飛び出しています。




23日〜24日にかけて豪雨被害に遭われた地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。ふざけているワケではありません。念のため




【福田寺】
住所:京都市南区久世殿城町5番地
電話:075-931-2887
拝観可能な仏像:龍神像、摩耶夫人像(毎年:8/23の他、事前予約で拝観可)
拝観料:志納


●御朱印
image