Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

湖北

【滋賀県・竹生島】琵琶湖に浮かぶ信仰の島・宝厳寺

2014年4月13日

前回、竹生島へは彦根港から渡りましたが、今回は長浜港から。
それにしても船ってなんでこんなにワクワクさせられるんでしょう?
アトラクション感覚で楽しめば船賃は全然高くないですね。

今回、竹生島への目的は4つ。


●西国三十三所の朱印を貰う

●かわらけ投げをする

●(秘)お土産を買う

●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う



●西国三十三所の朱印を貰う
横蔵寺を目的に岐阜遠征をした時、ついでみたいな感じで西国三十三所の33番・納めの札所「華厳寺」に立寄ました。

三十三所の札所のお寺にはこれまで何度も何度も行ってたのですが、札所巡礼には全く興味が湧かなかったのですが、さすが納めの札所、参拝してる方々の熱気が違いました。順番に巡って満願。という方が多いでしょうね。
僕もこの熱気に呑まれる形で西国三十三所用の朱印帳を買ってしまいました。

だから京都清水寺などベタたトコや近所の中山寺、勝尾寺などの朱印がまだありません。
もう少し早く始めていたら和歌山の粉河寺や福井の松尾寺あたりも貰えたんですが、また再訪します。

竹生島は琵琶湖の上ということもあって、札所の中でもなかなか行きにくいお寺だとおもいます。
せっかくなので三十三所の朱印ももわらなければ!というワケです。

R0010432




●かわらけ投げ
三方五湖、神護寺でも体験。発祥の地とされる愛宕山にもいきました。
・的にめがけて投げる
・物を叩き付けて壊す
はストレス解消になる行為なんでしょうね。
かわらけ投げそのものがご利益!厄除けです。

R0010413



●(秘)お土産を買う
売っていませんでした。残念



●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う
広島の宮島/厳島神社に訪れた際、大願寺で弁財天が刺繍してあるインパクト最強の朱印帳を買いました。
せっかくなので弁天さま専用の朱印帳にしました。
まずは日本三大弁財天の朱印から

宮島・大願寺/厳島神社(済み)
竹生島・宝厳寺(今回済み)

次回は
吉野の天河弁財天社の予定です。

できれば早めに江ノ島の弁天さまも拝みたいです。

R0010445



竹生島に雨宝童子堂なんてあるんですね。

R0010450

〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

2014-04-16-18-55-31

【滋賀県・湖北】滋賀県の仏像で唯一の国宝はまさに至高〜渡岸寺

見仏日:2014年4月13日


見た人すべてに賛美され尽くして、今さら僕が何か言うこともないのですが。

国宝十一面観音立像。

腰のひねり、ローライズな着こなし、官能的すぎます。

douganji01


お尻の割れ目が見えるんじゃないか?と凝視してしまい、自分の煩悩の深さを思い知る。これも仏の教えに違いない。

douganji02


そしてその煩悩をすべて見透かされている(暴悪大笑面)。まさに仏であり、女性的であるのでした。

douganji03

平安時代/像高194.0cm/滋賀・向源寺(渡岸寺観音堂所在)

2014-04-13-10-17-47

2014-04-16-18-54-31

【滋賀県・湖北】仏像の宝庫!「戸岩寺・世代閣」と「鶏足寺・己高閣」

見仏日:2014年4月12日

与志漏神社の駐車場は桜が盛りで地元の方々がお花見をしていました。

神社の境内に目的の宝庫!世代閣と己高閣があります。
案内してくださる方も地元の方で格式ばった感じはなく、気軽に招き入れてくださいます。

2014-04-12-15-57-42

己高閣に入るとまずは地方寺院のお約束「解説のテープ」を流していただきます。

テープを一通り聞き終え、案内役の方の説明とも雑談とも付かない話と仏像を肴にした世間話を一緒に楽しみながら拝観しました。

己高閣の十一面観音像は湖北らしい暖かみのあるお姿でとても親近感が湧きます。

yoshiro05

類例が少ないという「七仏薬師像一式」も地元の方が知らずにピカピカに磨いたから重要文化財指定から外れた。とおっしゃっていました。

yosiro01

※僕は何故か七仏薬師も木喰微笑仏で見たことがあります。



世代閣は更に見応え十分!

2014-04-12-16-06-19

なんと言っても下半身のドッシリした薬師如来立像。この立派な体躯を眺めていると、丈夫な方なんだろうなーという安心感があります。この安心感こそが薬師如来のご利益ですね。
ん〜丈夫そう!あえて強調して造ってるんでしょうね。

yoshiro04


そして世にも珍しい買い物袋を手に提げた(エコバッグ先取り?)魚藍観音!
最近の石仏では一体だけみたことがありますが、年代モノではこのお方しかまだお目にかかっていません。

yosirou3


さらにお宝!十社権現。かなり神仏習合なルックスだったので神様の本地仏10体なのかな?
山王権現のおサルさんが可愛いです。

yoshiro02

ふー大満足!

与志漏神社境内には薬師堂と大日堂があり中を覗くとまだまだ仏像が沢山ありました。
年に数回開帳する日があるそうなので興味のある方は開帳日を調べて訪れてみてください。

【滋賀県:湖北-7】石道寺:柔和で上品な十一面観音

場所/寺名:石道寺

訪問日:2009年8月6日

所在と最寄り駅

滋賀県長浜市木之本町石道
JR北陸本線「木之本駅」下車 車 10 分
木之本インターから12分
駐車場あり(無料)


お寺の特徴など
平安〜鎌倉時代にかけて、己高山七大寺の一つとして栄えたが、徐々に荒廃し明治29年(1896)無住の寺となる。
大正3年(1914)本堂を現在地に移築した。


拝観可能な仏像
【重文】十一面観音
:像高173.2cm / 平安中期
【重文】持国天立像:像高182.7cm / 鎌倉時代
【重文】多聞天立像:像高182.7cm / 鎌倉時代
小さな厨子入りの念持仏サイズの仏像が多数ある


撮影不可

感想
石道寺も世話方の人が当番で管理されているようで、とても気軽な雰囲気のお堂でした。
平安中期の作と伝わる十一面観音を井上靖が「星と祭」の中で村の娘の姿を借りたようだと例えたそうですが、かすかに色彩を残している姿が「控えめにメイク」しているようにも見える事と、山里の質素なお堂に祀られているところからそういった印象(男の幻想)で語られるのだろうとおもいます。
素朴というよりは柔和で上品な十一面観音で、優美におもいました。京都できらびやかな厨子に収まればきっと別の印象で語られたんだろうな〜。

この石道寺でとても貴重な体験をしました。
須弥壇の回りには
念持仏サイズの厨子がずらりと並んでいました。どれも厨子は閉まっていたのですが開けて拝観しても良いとのことで初めて仏像の収まる厨子の扉を自分の手で開帳させていただきました。


拝観料
300円

御朱印
053109ec.jpg


お土産
仏像の写真など

【滋賀県:湖北-6】医王寺:村の乙女の観音さん

場所/寺名:医王寺

訪問日:2009年8月6日

所在と最寄り駅

滋賀県長浜市木之本町大見
JR北陸本線「木之本駅」下車 車 10 分
木之本インターから15分
駐車場あり(無料)


お寺の特徴など
井上靖の「星と祭」にも「村の乙女の観音さん」として紹介されている十一面観音。

拝観可能な仏像
【重文】十一面観音
:像高145.4cm / 平安後期
要予約(大見いこいの広場のロビーに設置してある公衆電話に世話方さんの電話番号があります。電話をして15分ほどで来てもらえました)

撮影不可

感想
小説「星と祭」は未読ですが「村の乙女の観音さん」という形容は的確だと感じました。やや細身の体躯で伏し目がちで素朴な十一面観音。
大見いこいの広場と隣接する小さなお堂は村の集会場のような雰囲気で「村の乙女の観音さん」という印象を強調していました。


拝観料
300円

御朱印
e3eec98e.jpg
朱印はスタンプ

お土産
仏像の写真など
ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ