Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

秘仏

6月6日の奈良〜開帳と世界文化遺産を中心に回ってみました

見仏日:2015年6月6日

この日は奈良の仏ゾーンの中心部が特別熱くなる1日です。
唐招提寺の鑑真和上を秋篠寺の大元帥明王の開帳が重なり、さらには常光寺では秘仏中の秘仏・大聖歓喜天まで開帳になるという特別な一日なのです。

僕はこれまでに何度もこのサーキット形式・開帳イベントに参戦しているんですが、今回は趣向を変えて世界文化遺産巡りを意識しながら回ってみました。

2015-06-06-11-23-18

まずは唐招提寺から。天平の漆の千手観音は久しぶりに見ると少し小さく感じました。
その分、千本の手の精密度が増して見え躍動感も感じました。
仏像って見る度に印象が変わるもだな〜と改めて実感しました。

2015-06-06-12-08-50


鑑真和上も例年の混雑はなく、仏ブームもいよいよ下火にさしかかってきたのかな?というぐらいあっさりと拝観できました。

2015-06-06-12-21-17

そして薬師寺。やっぱり薬師寺の再建は凄い!イマジネーション不足な僕は薬師寺みたいに極彩色に再現してくれるのはありがたいです。回廊を歩くだけで気分が上がります。
ディズニーシーはアトラクションに並ぶ通路までもがアトラクションの一部として成立している。みたいな感じです。

2015-06-06-12-31-05


次の秋篠寺は世界遺産の構成寺院ではありませんが、まさか外すわけにはいきません。

2015-06-06-14-39-07

今年は大元帥明王を並ばずに拝観できました。
ツアーバスとツアーバスの合間を上手くかいくぐれたのかな?
でも朱印は2時間待ち(滝汗)


奈良の中心街に戻り、興福寺に。

2015-06-06-16-59-42

ちょっと時間も押して来たのでお堂にも国宝館にも入りませんでした。

2015-06-06-17-04-08
春日大社と元興寺も後日にするとして・・東大寺へ

2015-06-06-16-05-43

戒律が乱れた日本仏教界に真の戒律を伝えるために来日した鑑真和上の命日(6月6日)
この日に東大寺に参るのはとても意義深いことだとおもいます。
戒壇院まで足を伸ばしてお参りすれば完璧だったんですが、僕はただの見仏人なので、久しぶりに大仏殿に昇殿しました。

2015-06-06-16-17-45

修学旅行生がいっぱいで大混雑の大仏殿は楽しかったです。

そして猿沢池から奈良町方面に出てブラブラ散策して帰りました。

2015-06-06-17-11-25

猿沢池の浮き島に鳩

【大阪】国宝・秘仏十一面観音ご開帳〜道明寺

見仏日:2014年4月18日

南河内の国宝巡りは年にこの日しかない!という一日。

●河内長野市の観心寺「国宝・如意輪観音」 開帳日:4月17・18日

●藤井寺市の道明寺 「国宝・十一面観音」 開帳日:毎月18日

●藤井寺市の葛井寺 「国宝・千手観音坐像」開帳日:毎月18日

さらに重文・金銅弥勒菩薩の野中寺を含めるともう完全にお祭りです。

平成29年には『金剛寺』の金堂が修復を終え、巨大!降三世明王の坐像、不動明王、大日如来の「立体・尊勝曼荼羅」が戻ってくるはずなので更に更にエラいことになりそうです。(今から楽しみ)


で、道明寺の国宝・十一面観音です。

2014-04-18-14-05-43


全国に7体ある国宝に指定されている十一面観音のウチまだ見ていないのが、ここ道明寺の十一面観音だったので気分が盛り上がらないハズはありません。

狭いお堂は参拝客ですし詰め状態でしたが団体の方々がお時間なようで「潮が引くがごとく」とはこのことか!と得心できる一斉引き上げでした。

ようやくお堂にあがりじっくりと対面しました。

doumyouji11



ため息が出るほど美しい十一面観音です。

この優しげで穏やかなお姿の仏像を彫ったのは菅原道真だそうです。
今は学問の神様・天神様ですが、太宰府に左遷させられ憤死し、怨霊と化し日本最強の祟り神と恐れられたその人の作品かとおもうと、ギャップで十一面観音は更に美しく、雷神道真公はさらに恐ろしく思えます。

お堂の中には向かって右面が夜叉、左面が豚の顔を持つ三面のチベット仏が異彩を放ちまくってました。

道明寺は道明寺粉の発祥の地なんでしょうか?
境内ではお餅や干し飯が売っていました。

2014-04-18-14-31-27

【滋賀県・竹生島】琵琶湖に浮かぶ信仰の島・宝厳寺

2014年4月13日

前回、竹生島へは彦根港から渡りましたが、今回は長浜港から。
それにしても船ってなんでこんなにワクワクさせられるんでしょう?
アトラクション感覚で楽しめば船賃は全然高くないですね。

今回、竹生島への目的は4つ。


●西国三十三所の朱印を貰う

●かわらけ投げをする

●(秘)お土産を買う

●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う



●西国三十三所の朱印を貰う
横蔵寺を目的に岐阜遠征をした時、ついでみたいな感じで西国三十三所の33番・納めの札所「華厳寺」に立寄ました。

三十三所の札所のお寺にはこれまで何度も何度も行ってたのですが、札所巡礼には全く興味が湧かなかったのですが、さすが納めの札所、参拝してる方々の熱気が違いました。順番に巡って満願。という方が多いでしょうね。
僕もこの熱気に呑まれる形で西国三十三所用の朱印帳を買ってしまいました。

だから京都清水寺などベタたトコや近所の中山寺、勝尾寺などの朱印がまだありません。
もう少し早く始めていたら和歌山の粉河寺や福井の松尾寺あたりも貰えたんですが、また再訪します。

竹生島は琵琶湖の上ということもあって、札所の中でもなかなか行きにくいお寺だとおもいます。
せっかくなので三十三所の朱印ももわらなければ!というワケです。

R0010432




●かわらけ投げ
三方五湖、神護寺でも体験。発祥の地とされる愛宕山にもいきました。
・的にめがけて投げる
・物を叩き付けて壊す
はストレス解消になる行為なんでしょうね。
かわらけ投げそのものがご利益!厄除けです。

R0010413



●(秘)お土産を買う
売っていませんでした。残念



●弁財天専用朱印帳に朱印を貰う
広島の宮島/厳島神社に訪れた際、大願寺で弁財天が刺繍してあるインパクト最強の朱印帳を買いました。
せっかくなので弁天さま専用の朱印帳にしました。
まずは日本三大弁財天の朱印から

宮島・大願寺/厳島神社(済み)
竹生島・宝厳寺(今回済み)

次回は
吉野の天河弁財天社の予定です。

できれば早めに江ノ島の弁天さまも拝みたいです。

R0010445



竹生島に雨宝童子堂なんてあるんですね。

R0010450

〜2014年5月8日追記〜

日本三大弁財天
【滋賀県・竹生島】宝厳寺
【広島県・宮 島】大願寺
【奈良県・天 川】天河大弁財天社

〜ここまで

2014-04-16-18-55-31

【奈良:壺阪寺〜飛鳥周辺-その1】壺阪寺、造立以来270年、初開帳の子嶋荒神

壺阪寺〜談山神社〜飛鳥坐(あすかにいます)神社〜橘寺〜川原寺〜飛鳥寺の日帰り見仏旅行1/3

壺阪寺

訪問日:2012年5月31日


所在と最寄り駅

〒635-0102 奈良県高市郡高取町壷阪3番地
近鉄電車「壺阪山」下車バスまたはタクシー


お寺の特徴など
創建は大宝3年(703)年に元興寺の僧、弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した観音像を刻んでまつったのが始まりといわれる。壺阪霊験記でも有名。
西国三十三所(六番札所)


拝観可能な仏像
子嶋荒神:造立以来270年、初のご開帳(開帳時のみ)
本尊
十一面千手観音菩薩座像
不動明王など

写真撮影不可

感想など

訪れた平成24年5月31日は造立以来初となる(270年)秘仏の子嶋荒神開帳イベントの最終日で、勿論目当ては大好きな「異神
」荒神さんの見仏です。

早朝に飛鳥に入ったのでお寺が開く8時半までの間、朝食を済ませ、謎の石造物「亀石」を見ました。


blog_120531_kameishi

↑亀石

8時半ちょうどに壺阪寺の駐車場に入りました。
入山料を支払ってスグの講堂内に荒神さんがいらっしゃいました!
小ぶりな像ながら270年間閉ざされていた厨子の扉が開いてる。ということに感動。
直前の天体ショー「金環日食」より長いスパンですからね〜(あっ、でも次回は秋に開帳のようです)

とにかく荒神さんは大好きな仏尊なので時間をかけてじっくり見仏して講堂を後にして十一面観音がいらっしゃる本堂を目指しました。

ん・・・なんだが様子がヘンかも

レリーフに巨大石仏群に・・一歩間違えば珍寺の趣があるパラダイス感満載!!
blog_120531_tsubosaka01

ミョーにワクワクします。

blog_120531_tsubosaka02



更に本堂内には星宿占いの自動販売機が設置されていてテンション最高潮!

写真

もうサイコーの気分でご本尊にお参りするのも忘れて占いマシンに夢中になってました。
27宿占い自体珍しいのに自販機ですから!


e3cb834a.jpg

名前と生年月日を入力すると、27宿の中の本命宿のお札とその年の九曜による占い結果がプリントアウトされます。(1回500円でお坊さんの解説と簡易版の宝暦付きです!)


マシンには有名人の本命宿の一覧がパウチされ貼られていました!
※星宿占い自販機の写真撮影は許可を得てます。


本堂正面にご本尊十一面観音がいらっしゃいました。こちらは大きくてとても立派!
内陣に入ると須弥壇が円形になっていてグルリと四天王が四方に睨みを利かせているのも楽しい壺阪寺にピッタリの雰囲気!

あとで外からよくよく見ると八角堂の形式でした。


壺阪寺には沢市・お里の夫婦愛によって、観音菩薩の奇跡が起こり、盲目の沢市の目が見えるようになった。という霊験譚があり、お土産物も目薬など目にまつわるものがあったり、境内には盲老人ホームが併設されていました。



拝観料
600円

御朱印
blog_120531_tsubosaka00


お土産
もちろん星宿占い自販機のお札

【京都:夜叉】東寺と六波羅蜜寺の夜叉神たち

久しぶりに東寺と六波羅蜜寺に行ってきました。
もちろん東寺・講堂の立体曼荼羅〜霊宝館、観智院、六波羅蜜寺の空也上人などなどもシッカリ見仏してきたたけど、詳しい記事がネットにはいっぱいあるので、今回は夜叉神だけを記事にします。


寺名:東寺と六波羅蜜寺

訪問日:2012年4月6日


所在と最寄り駅

【東寺】
京都市南区九条町(市バス「東寺東門前」下車すぐ 又は
近鉄京都線「東寺駅」下車徒歩10分)


【六波羅蜜寺】
京都市東山区五条通大和大路上ル東
京都駅 206 系統、清水道下車、徒歩7分




今更、僕が声高らかに言うことでもないのですが、東寺の仏像は凄い!凄過ぎる!そんな国宝だらけの密教彫刻の一群の隠れてひっそりと?祀られている「夜叉神」を見落としてはいませんか?
食堂(焼け焦げた四天王)の南向かいにある小さな祠。
8d7a2d78.jpg

ここに「虫歯にご利益がある」とされる夜叉の雌雄が阿吽形で対になって祀られています。
めちゃくちゃ奇怪な姿です。
伝弘法大師作。
23119ebf.jpg

8f4e93b1.jpg

元は南大門の左右に祀られていたそうです。
全身にある無数の穴は蜂が巣くって出来たもので、不気味さが増幅してますね。

あまりスポットを浴びることがないのでつい見落としがちだとおもわれます。
祠を覗けば面妖な夜叉神を拝めるので是非、勇気を出して覗いてみてください。

脚光を浴びまくる美男子仏像や迫力満点の仏像達の前では分が悪いですが、一応、物販コーナーではB3サイズのポスターや「食べるお守り」として夜叉キシリトールラムネなどグッズ展開もしています。



続いて六波羅蜜寺に行ってきました。
平清盛ブーム?の影響なんでしょうね。
縁日でもない平日の六波羅蜜寺でこれほどの参拝者を見たのは初めてです。
きっと平清盛ツアーなんかの企画で押し寄せてるのだとおもいます。
今年は本尊十一面観音の開帳の年にあたるし、秋はドラマも終盤を迎える頃なのでますます人気のお寺になるに違いないです。
宝物館では平清盛像が空也上人の隣に引っ越してきていました。
狭い宝物館はかなり混雑していて、分別盛りのオジ様が平気でデジカメで撮影しまくってました。
当然、見つかり注意されて「撮影禁止って書いてないのに」と逆ギレしてました。

しっかり正面に撮影禁止とかいた札が立ててあるし、まぁどこも大体撮影禁止でしょ?
それより閻魔さんの前ですよ・・
大人しくしておいたほうが、のちのち良いのでは?

そんな六波羅蜜寺の本堂の右奥の薄暗い厨子の中に・・不気味な感じのする夜叉神が対でいらっしゃいます。
やはり空也上人の前では分が悪いかな?
見落としてませんか?



夜叉って雌雄対が一般的なんですね。
元はインド神話のヤクシャ(男性)とヤクシニー(女性)なので仏教に取り入れられても明確に雌雄があるようです。

興福寺・八部衆の
鳩槃荼が夜叉に相当するそうです。こちらはあまり鬼神なイメージではないけど、憂いのある興福寺・八部衆の中にあって独特な雰囲気を醸し出してます。

ヤクシニーで(夜叉の女性形)で一番印象的なのは大阪生駒の宝山寺にある湛海作の「薬厠に(文字が出ない)像」こっちは打って変わって鬼神丸だしの恐ろしい形相の像です。
00595
宝山寺のヤクシニ像



夜叉ではないけど福田寺の龍神さんも奇怪な面妖で東寺・六波羅蜜寺の夜叉と通じるものがあります。
朽ちっぷりかな?
ryujin-fukudenji
福田寺の龍神まだ、見たことがないので開帳に合わせて出かけてみたいとおもっています。





お土産


f4f8d1a1.jpg


キシリトール、夜叉ラムネ。600円

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ