Back From The Temple

見仏記で仏像にハマりました。 みうらじゅんといとうせいこうが好きです。 ただいま朱印帳をめくりながら以前、訪れたお寺の記録を書いています(旧タイトル:ジンジャー大将)

馬頭観音

【舞鶴&福井(再訪):舞鶴〜小浜-4】馬居寺:馬頭観音巡りその3


寒さを凌ぐだけの素泊まり宿を早々に出立して2日目の見仏旅の始まりです。

まずは本尊馬頭観音巡り3カ寺目となる馬居寺。

馬頭観音を本尊とする3ヵ寺巡りの2カ寺目は西国三十三所の二十九番札所の松尾寺(まつのをでら)です。
通行止めのため福井県側からアクセスしました。


寺名:松尾寺

訪問日:2012年11月30日


所在と最寄り駅

福井県高浜町馬居寺3‐1
若狭和田駅から徒歩で15分


お寺の特徴など
619年に聖徳太子が開いたとされる寺。
太子が摂政として、愛馬にまたがり諸国を巡る途中、和田の浜で休息をとった。そのとき馬が姿を消し、突然、南の山からいななきが聞こえ、光明が輝いた。太子は、その光明輝く山を「観音の霊地である」として、本光山〈ほんこうざん〉と称し、党塔を建立した。という伝説が残っています。


拝観可能な仏像
二臂弁財天など

秘仏馬頭観世音菩薩坐像(像高100.3㎝)。
24年ごとの午年に本開帳、その中間の午年に中開帳。
次の
本開帳は2026年(3日間)
中開帳は2014年(1日)


撮影不可



感想
山の中腹にあってお寺というより草庵といった趣があります。
受付をしていただいて通されたお堂から本堂に向かう小径も綺麗に手入れされていて風流です。
聞かされないと真言宗のお寺とはとてもおもえません。
再来年、本尊の中開帳なのでタイミングが合えばまた訪れてみたいです。


zou1


拝観料


御朱印

4abac635.jpg



お土産







【舞鶴&福井(再訪):舞鶴〜小浜-3】松尾寺:馬頭観音巡りその2

馬頭観音を本尊とする3ヵ寺巡りの2カ寺目は西国三十三所の二十九番札所の松尾寺(まつのをでら)です。
通行止めのため福井県側からアクセスしました。


寺名:松尾寺

訪問日:2012年11月29日


所在と最寄り駅

JR松尾寺駅より徒歩で約50分
〒625-0010京都府舞鶴市松尾532


お寺の特徴など
唐の僧、威光上人が青葉山の二つの峰を望んで、中国に山容の似た馬耳山という霊験のある山があったことを想起し、登山したところ、果せるかな松の大樹の下に馬頭観音を感得し、和同元年(708年)草庵を結んだと伝えられる。
鳥羽天皇、美福門院の行幸があり、寺領四千石を給う。国宝普賢延命菩薩(仏画)は国宝。

拝観可能な仏像
馬頭観音坐像御前立ち


撮影不可


感想
松尾寺の本尊は77年に1度開帳の秘仏なので閉まっているのはしかたないにせよ、宝物館のシーズン外れて見る事ができませんでした。
大金剛輪に乗る普賢延命菩薩の絵画が国宝として有名で
美福門院の念持仏と伝えられているそうです。が・・見れませんでした。


というワケで、1日目の日程はこれで終了。

素泊まりなのでコンビニで食料を買い込み宿である『 国民宿舎城山荘』へと向かいました
でもロケーションはかなりよかったです。

日本海は例えるなら明王や武闘派の天部ですね。憤怒で荒ぶってる感じ。

53e9c940.jpg




拝観料
ナシ

御朱印
fcaaa42e.jpg



お土産
馬関連のグッズが多数ありました。




【舞鶴&福井(再訪):舞鶴〜小浜-2】中山寺(再):もう一度見たかった馬頭観音

「そうだ!(も一回)福井行こう!」と僕に思い立たせたのは中山寺の馬頭観音!

33年に1度の開帳ということで2011年の冬に訪問して衝撃が走ったアノ馬頭観音とおよそ11ヶ月ぶりに対面!

今回の福井では馬頭観音を本尊とする3ヵ寺巡りがテーマです


寺名:中山寺

訪問日:2012年11月29日
前回訪問:2010年12月27日記事はコチラ

所在と最寄り駅

福井県大飯郡高浜町中山27-2
JR小浜線三松駅・青郷駅から徒歩40分


お寺の特徴など
泰澄大師が創建したといわれ、馬頭観音を本尊とし33年に1度開帳される秘仏。
今回の開帳は、平成22年5月23日から平成24年5月23日までの2年間となっている。


拝観可能な仏像

【重文】
馬頭観音坐像:像高79.3cm / 鎌倉時代(33年に1度開帳の秘仏)
【重文】金剛力士(阿形/吽形)
【県指定】阿弥陀如来坐像
毘沙門天、不動明王

撮影不可


感想
最初に観た時より少し優しく感じました・・。
「仏像は観る人の心を映す」とは良く言うし、自分自身も同じ仏像を何度も観るのでそういう経験は数多くしてます。
微妙な変化はあっても前回は恐ろしくてたまらなかったこの馬頭観音から受ける印象の違いは驚きました。
憤怒には違いないんだけど、身のすくむような恐怖感はなかったです。
対峙していて心地良い感じでした。

なのでお堂の中でゆっくり過ごしてタップリ見仏しました。



拝観料
500円

御朱印
前回いただいたけど、また貰いました
0c43e988.jpg



お土産
今回はテレカ、ポストカード、御影を購入しました
76e61953.jpg



【福井:美浜〜小浜-1】中山寺:33年に1度の開帳!馬頭観音

寺名:中山寺

訪問日:2010年12月27日

所在と最寄り駅

福井県大飯郡高浜町中山27-2
JR小浜線三松駅・青郷駅から徒歩40分


お寺の特徴など
泰澄大師が創建したといわれ、馬頭観音を本尊とし33年に1度開帳される秘仏。
今回の開帳は、平成22年5月23日から平成24年5月23日までの2年間となっている。


拝観可能な仏像
【重文】馬頭観音坐像:像高79.3cm / 鎌倉時代(33年に1度開帳の秘仏)
【重文】金剛力士(阿形/吽形)
【県指定】阿弥陀如来坐像
毘沙門天、不動明王

撮影不可


感想
今回若狭に見仏の旅にでかけるきっかけとなった33年に1度開帳の馬頭観音。
IMG

仏像の順位を付けるというのもナンですが・・これまで見た馬頭観音の中で1番です。
憤怒の表情では浄瑠璃寺の馬頭も好きなんですが、怖さと迫力でも中山寺の馬頭のほうが凄かったです。

DSC_0028

ポーズも座像の馬頭観音って初めてでした。
輪王座を少しくずしたようなリラックスしたスタイルで。六臂それぞれの手の有り様も違和感無く、自然でとくに両手を広げた下の手が観音という名に相応しいと感じました。徳円寺の馬頭観音立像も足の裏を見せていましたがこの中山寺の馬頭観音も足の裏を見せています。馬頭観音が足の裏を見せるのは何か理由があるのかもしれないですね〜

中山寺の境内は高台にあり境内からの眺めも抜群でした。
DSC_0021

外から門で境内の景観を区切るというのはよくあるとおもいますが、中山寺は中門で外の絶景を切り取ることができます。
DSC_0029

DSC_0030

あと謎の祠があり不思議な石像が2体で守護していました。(何の祠か聞くのを忘れてました)

DSC_0027

秘仏開帳の告知ポスターをいただいたり大満足でした。


拝観料
500円

御朱印
ea7f3fa3.jpg



お土産
お守りなど

【滋賀県:湖北-1】徳円寺:秘仏!足裏を見せる馬頭観音

場所/寺名:徳円寺

訪問日:2009年8月5日

所在と最寄り駅

滋賀県伊香郡西浅井町大字庄

お寺の特徴など
足の裏を正面に向けて立つ珍しい馬頭観音像は元々33年に1度だけ開帳される秘仏であったが、現在は事前予約すると拝観できる。


拝観可能な仏像
馬頭観音:像高80.0cm /榧一木造
不動明王、毘沙門天(馬頭観音の脇侍として厨子内)
撮影可


感想
徳円寺の足の裏を見せる珍しい馬頭観音愛嬌たっぷりのご住職がTV見仏記で紹介されていて大変気に入りました。
馬頭観音は旅を守る仏でもあるので湖北の旅に先がけ最初に参拝することにしました。

到着前に再度電話すると厨子を開けて待っていてくださいました。
外陣に座るとご高齢で愛嬌たっぷりのご尊顔のご住職が手押し車を使いながらお堂に入ってきて、マイクを手に縁起の説明をしてくださいます。
近くで拝観して良いとの事で厨子の前でじっくりと拝見しました。
DVDでも何度か見ていたのですが、やはり足の裏を向ける無理な立ち方は不思議です。何か伝承でもあるのかとご住職に尋ねてみましたが、その辺りのことは不明とのこと。

厨子の中には不動明王と毘沙門天が一緒に安置されていてとてもパワフル!武闘派集団の厨子にゾクゾクしました。

後日、安土考古学博物館企画展「湖西の風土と遺宝」展にて徳円寺の馬頭観音が出展されており再会を果たしました(平成22年1/30〜4/4開催)

DSC_0088-m
徳円寺の馬頭観音(2009年8月5日撮影)

tokuenji-batou02
徳円寺馬頭観音の足の裏(2009年8月5日撮影)

拝観料
志納

御朱印
95449b75.jpg
徳円寺のご住職はご高齢のため朱印は自ら捺します。日付だけがご住職直筆

お土産
愛嬌たっぷりのご住職の笑顔(「いつまでもお元気で」と声をかけさせていただきました)

ギャラリー
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
  •  【立秋】第三十七候:涼風至(すずかぜいたる)〜イベント盛りだくさん
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ